研究実験用総合カタログ2018号 1310-1311(1312-1313)

概要

  1. ガラス器具
  2. 瓶・容器類
  1. 1310
  2. 1311

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
特 長 ■耐蝕性、耐薬品性に優れたPTFE容器で、加圧、加熱ができます。ステンレス容器内に PTFEの内筒容器をいれ、フッ素ゴム0リングによるシール方式を採用しています。 これにより簡単な手締め動作だけで、高い圧力を容易にシールすることができ、手 軽に加圧、加熱試験が行えます。 ■分析用の前処理に、酸やアルカリによる加圧、加熱分解に使用できます。特に接液部 がすべて樹脂製のため、金属イオンの溶出がありません。 ■ノズル付容器も取りそろえてあり、バルブ等を組合せることにより耐蝕性に優れた 小型の反応容器として使用できます。さらに加圧、加熱下での材料試験、耐久試験容 器としても使用できます。 PTFE内筒密閉容器 CONTAINER 容量(㎖) サイズ(mm) φA L₁ L₂ φD₁ φD₂ 50 68 125 74.5 34.3 47 100 80 153 98.5 44.1 57.4 300 100 228 157.5 53.4 70 ①SUS316 容器本体 ②SUS316 上フタ押え金具 ③SUS316 上フタ ④PTFE内容器 ⑤PTFE 上フタカバー ⑥0リング 商品コード 区分 型式 付属バルブ 最高使用圧力 最高使用温度 価格(円) 85-1271 6 TAF-SR-50(本体) − 10Mpa 180℃ 115,500 85-1272 6 TAF-SR-100(本体) 168,300 85-1273 6 TAF-SR-300(本体) 228,800 85-1274 6 TAF-SR-50金属バルブ付 ジョイント(SUS316) 1/4バイブ接続バルブ 10Mpa 180℃ 209,000 85-1275 6 TAF-SR-100金属バルブ付 266,200 85-1276 6 TAF-SR-300金属バルブ付 341,000 写真 左1型 右5型 ハイパーグラスシリンダー HYPER GLASS CYLINDER 特 長 ■八イパーグラスシリンダーは、ガラスの耐圧容器と密閉機構を持った高性能樹脂と の合体による、複合素材的なガラスの高圧容器です。 ■高圧下での試料の採取と計量に、容器内の試料観察が可能です。 ■優れた耐蝕性、軽くて持ち運びに便利で、多くのメーカーの部品に接続できます。 ■試料の採取・計量が容易です。取扱いが安全で、簡単です。 用途 ●冷凍機油・冷媒との相溶性試験に ●手軽な合成反応実験に ●手軽な水添反応実験に ●液化ガスの採取・計量容器に ●圧力容器への滴下容器として 材質 GL耐圧容器(内部容器) ハイパーグラス PC耐圧容器(外部容器) 高性能樹脂(ポリカーボネート) シール用ジョイント SUS-316(指定材質にて製作可能) ジョイント内部シール0リング ダイエル パーフロ PC耐圧容器シール0リング シリコンゴム 使用温度範囲 −78℃~+100℃ 1型 室温~100℃ 5型 商品コード 区分 型式 容量(㎖) 最高使用圧力 価格(円) 85-1281 6 HPG-96-1 96 3MPa 108,900 85-1282 6 HPG-96-5 96 3MPa 157,300 85-1283 6 HPG-10-1 10 5MPa 96,800 85-1284 6 HPG-10-5 10 5MPa 146,300 セーフティー プラグボトル(耐圧容器) SAFETY BOTTLE 特 長 ■高品質の肉厚ガラスと不活性なPTFEアダプターでできており、内部圧力は-20℃ の低温でも100psig(約7kg/cm²)の耐圧性があります。 ■内ネジの密封特性とFETFE0リングがダブルシーリングとして付いていますので、 しっかりと容器を密封し高いシール性を保ちます。揮発性の強い低沸点物の貯蔵に。 ■破損しにくい肉厚ガラスを使用していますが、更に安全性を高める為、容器外側全体 を透明なフィルムでコーティングしてあります。 商品コード 区分 容量(㎖) 外径×高さ(mm) 価格(円) 85-1191 6  50 φ33.1×102 23,500 85-1192 6  125 φ64.7×120 35,200 85-1193 6  250 φ78.8×143 38,900 関連マーク マークの詳細は P.1119をご覧下さい 分 析 用 試験器具 ビーカー・ フラスコ・ 共通摺合せ 器 具 ス ラ イド グ ラ ス・ セ ル ・ ガラス 管 バイアル・ 試 験 管 瓶・容器類 1310 ガラス器具 瓶・容器類5 Bottle, Vessel 8 瓶 ・ 容 器 類 ・
右ページから抽出された内容
理化学用ガラス器具 JIS R 3503 日本工業規格(JIS)ではガラス器具の等級を線膨張係数およびアルカリ溶出量によって①ホウケイ酸ガラスー1(JR-1)②ホウケイ酸ガラスー2(JR- 2)③ソーダ石灰ガラス(JR-3)に分けています。それぞれ耐熱性(低膨張である程高い)と化学的耐久性に特長があり、使用用途により選択し使用されて います。 等級 ホウケイ酸ガラスー1 ホウケイ酸ガラスー2 ソーダ石灰ガラス 品質項目 記号 JR-1 JR-2 JR-3 線膨張係数(×10− ⁷/K) 35以下 55以下 95以下 アルカリ溶出量 (㎖/g) (μg/g) 0.10以下 31以下 0.20以下 62以下 2.0以下 620以下 肉まわり 平均していること。 形状及び外観 正しく、かつ、キズがないこと。 機能 使用目的を、十分に果たすこと。 生地 未溶解物および異物の混入がないこと。特殊のものを除き透明のこと。 (JISハンドブック ガラス器具の品質より引用) SPC透明ジョイントガラス器具の特長 ■無色透明で内部をはっきり観察することができます。 ■セメント化の心配がなく耐アルカリ性に富んでいます。 ■汚れがつきにくく洗浄が容易です。 ■ノーグリースでの使用が可能です。 ■耐クリープ性が大きい。 ■摺合せジョイントに比べ機械的に強い。 ■真円度が高いのでテーパーの長さが短くてすみます。 Joint No. d(mm) ℓ(mm) C-15 15.5 25 C-19 19.0 26 C-24 24.0 29 C-29 29.0 32 Cコーン C-34 34.5 35 S-15 15.5 25 S-19 19.0 26 S-24 24.0 29 S-29 29.0 32 Sソケット S-34 34.5 35 長 形 記号 35/20 37/25 310/30 312/30 314/35 315/35 319/38 324/40 329/42 334/45 340/50 345/50 350/50 355/50 360/50 371/60 3100/60 大径D 5.0 7.5 10.0 12.0 14.5 15.5 18.8 24.0 29.2 34.5 40.0 45.0 50.0 55.0 60.0 71.0 100.0 小径d 3.0 5.0 7.0 9.0 11.0 12.0 15.0 20.0 25.0 30.0 35.0 40.0 45.0 50.0 55.0 65.0 94.0 長さL 20±1 25±1 30±1 30±1 35±1 35±1 38±1 40±1 42±1 45±1 50±1 50±1 50±1 50±1 50±1 60±1 60±1 中 形 記号 35/12 37/15 310/18 312/18 312/21 314/20 314/23 315/20 315/25 319/22 大径D 5.0 7.5 10.0 12.0 12.5 14.5 14.5 15.5 15.5 18.8 小径d 3.8 6.0 8.2 10.2 10.4 12.5 12.2 13.5 13.0 16.6 長さL 12±1 15±1 18±1 18±1 21±1 20±1 23±1 20±1 25±1 22±1 記号 319/26 324/25 324/29 329/26 329/32 334/28 334/35 340/35 340/38 345/40 大径D 18.8 24.0 24.0 29.2 29.2 34.5 34.5 40.0 40.0 45.0 小径d 16.2 21.5 21.1 26.6 26.6 31.7 31.0 36.5 36.2 41.0 長さL 26±1 25±1 29±1 26±1 32±1 28±1 35±1 35±1 38±1 40±1 短 形 記号 310/10 312/10 314/10 315/10 319/10 324/12 329/12 334/12 340/12 345/12 350/12 355/12 360/12 371/15 大径D 10.0 12.0 14.5 15.5 18.8 24.0 29.2 34.5 40.0 45.0 50.0 55.0 60.0 71.0 小径d 9.0 11.0 13.5 14.5 17.8 22.8 28.0 33.3 38.8 43.8 48.8 53.8 58.8 69.5 長さL 10±1 10±1 10±1 10±1 10±1 12±1 12±1 12±1 12±1 12±1 12±1 12±1 12±1 15±1 ※テーパーは、1/10とする。角度は、軸線を含む断面内で測った円すい母線の角度5°43'30"とする。 ※テーパーの許容差は、長さ10mmに対して±0.006mmとする。※表中、許容差がない寸法は、標準寸法を示す。 ガラス器具の共通テーパー摺合せ JIS R 3646 共通テーパー摺合せは以下の規格で統一されており、同一記号であれば互換性があります。また国際規格ISO 383に対応しています。 L L ※価格はすべて税抜き価格です。消費税は含まれておりません。 分 析 用 試験器具 ビーカー・ フラスコ・ 共通摺合せ 器 具 ス ラ イド グ ラ ス・ セ ル ・ ガラス 管 バイアル・ 試 験 管 瓶・容器類 1311 ガラス器具 瓶・容器類 5Bottle, Vessel 8 瓶 ・ 容 器 類 ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata