ケルダール分析システム 12-13(12-13)

概要

  1. 12
  2. 13

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
12 全自動タイプの蒸留装置 K-375は大量の検体を取り扱う研究室にとって最も利便性に優れたソリューションです。K-375はマルチタスクソフトウェアに よって、測定中に新規データの入力、結果の印刷など、複数の操作を行うことができます。日常のサンプル数により、20本掛 けまたは40本掛けのオートサンプラーとも接続可能です。またpH法あるいは比色法のタイプより選択いただけます。 ① ② ③ ④ ⑤ K-375 周辺機器 10万検体以上の測定データ保存 ユーザー固有のメソッド設定・保存 ビュッヒ標準メソッド内蔵 PCへのデータ転送が容易 統計処理/多様なレポート書式 日本語表示 装置付属インターフェースにより種々の周辺機器と接続可能です。 ① オートサンプラー K-376/377 サンプルの自動交換(20検体) ② ビュレット(逆滴定用) ③ 天秤 ------サンプル重量の自動転送/保存 ④ PC --------データ転送及びバックアップ ⑤ プリンター 自動蒸留装置 K-375 アプリケーション ・ ケルダール法による窒素とたんぱく質の定量 ・ デバルダ法による窒素測定 ・ TKN(総ケルダール)測定 マルチタスクソフトウェア 滴定装置を内蔵したトータルソリューション K-375の特長と利点 1. 滴定装置を内蔵したコンパクトな一体型設計 2. 高い分析精度と再現性 3. 大型カラータッチパネル 4. 簡単操作 -日本語表示 -測定結果の自動計算 -測定条件(メソッド)を保存 - 外部PCとのリンク可能(LIMS対応) -大容量メモリー(10万検体以上の測定データ保存可能) 5. 逆滴定分析も可能 6. 様々な周辺機器との接続とコントロール制御・データ転送が可能 -オートサンプラーK-376/377 -プリンター - PC -電子天秤 7. オートサンプラー(K-376/377)との接続による全自動化 8. 自動アスピレーション機能 9. 各種の安全機能 保護ドア、試料管センサーなど 10. pH測定、又は比色法での測定可能(機種選択) 11. 異なるアクセス権限レベルを設定可能 ・
右ページから抽出された内容
13 全自動タイプのオートサンプラーシステム 自動ケルダール装置K-375とオートサンプラーK-376/K-377のシステムにより、作業の効率が大幅に向上します。また K-376/377はビュッヒオリジナルのサンプル移送構造をもち、蒸留装置へのサンプル移送には水蒸気を利用します。そして蒸 留中はサンプル試験管を、測定のインターバルには移送管を水蒸気で洗浄しますので、サンプルの残留やクロスコンタミの心 配がありません。 品名 品番 ケルマスター K-375 自動ケルダール装置(pH 法) 113751700 ケルマスター K-375 自動ケルダール装置(比色法) 113752700 K-375/376 ケルダールオートサンプラーシステム(pH 法) 113751710 K-375/376 ケルダールオートサンプラーシステム(比色法) 113752710 K-375/377 ケルダールオートサンプラーシステム(pH 法) 113751720 K-375/377 ケルダールオートサンプラーシステム(比色法) 113752720 K-375/K-376/K-377 オーダー情報 ④ ① ③ ⑤ ② ① サンプルアームに取り付けられたサンプル移送用ディップチューブがサンプル試 験管まで移動 ② K-375内の水蒸気発生装置から発生した水蒸気 ③ 水蒸気はチューブを経てK-376/377の分解サンプル試験管に移動 ④ 水蒸気によりサンプルをディップチューブ内に圧入 ⑤ サンプルはディップチューブ(サンプル移送用)を経てK-375の蒸留用サンプル試 験管に移動 サンプルの移送図 サンプルの移動後、蒸留を開始します。 蒸留中も常に、水蒸気はK-376/377を経由してK-375の蒸 留サンプル試験管に送られていますので、分解サンプル試 験管内と移送チューブ内にサンプルが残留することはあ りません。 ケルダールオートサンプラーシステムK-375/K-376/K-377 ビュッヒオリジナルのサンプル移送構造 革新的なオートサンプラーシステム K-375/K-376/K-377の特長と利点 1. 効率よく測定 ・20検体または40検体分の自動測定 ・独立した2つのラックトレイを用い、連続バッチ作業可能 (K-377) ・分解器のラックと共通。分解器からオートサンプラーへ分解 したサンプルをそのままセット 2. ビュッヒオリジナルのサンプル移送システム ・コンパクトなモジュールシステム ・蒸留中も経路を蒸気が流れているので、クロスコンタミの心 配なし 3. 高い柔軟性 ・「緊急ラック」により割り込み測定可能 (K-376 → 4検体、K-377 → 8検体)) ・マニュアルとオートサンプラーの切り替えがいつでも可能  4. 扱いやすく安全 ・各種安全センサー ・試料管は蒸気で洗われるので、薬品に触れずに蒸留終了 ・ガラス試料管を移動しないので、確実で清潔な蒸留が可能 ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata