カプセル化装置 B-390/B-3995Pro 2-3(2-3)

概要

  1. 2
  2. 3

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
2 カプセル化装置 B-390/B-395Pro ビュッヒのカプセル化装置B-390/B-395Proは、振動滴下技術を用いてさまざまな原材料を目的に応じて封じ込めたマイクロカプセル を作製するための最先端システムです。 振動滴下技術を用いたマイクロカプセル化は、自然落下による滴下では不可能な小径カプセルを連続的に素早く作製することができます。 外部委託や量産用の大型装置を用いる必要なく、ご自身の研究室内で幅広く使用できます。 操作が簡単で、医薬品・食料・飼料・化粧品・繊維・農業など、さまざまな分野での用途に対応できます。 均一サイズで球状のマイクロカプセルを少量からでも簡単に作製できます カプセル化装置 B-390/B-395Proの特長 B-390 B-395Pro ● マイクロカプセルのサイズを任意に調整できます。  (単一ノズル使用時:150∼2000μm) ● 1秒あたり数百∼数千個のマイクロカプセルを作製すること が可能です。 ● 直径の揃ったマイクロカプセルを高い再現性で作製できます。 ● 非常にコンパクトな装置で設置場所をとりません。  (占有面積60 70cm程度) ● 運転の状態を視認しながらの条件設定の調整が可能です。 ● 少量の原料からでもマイクロカプセルの作製が可能です。 ● 操作が非常に分かりやすく簡単です。 代表的な分野と用途例 • ドラックデリバリー  (薬効成分の伝達放出制御) • 苦味マスキング プロバイオティクス食品、ビタミン、 タンパク質などの封入、機能性食品 カプセル化された人工細胞、細胞培養、 細胞移植、細菌、酵素の固定化 化粧品、香料、殺虫剤、顔料などにお ける成分の封入と放出制御 医 薬 食品・飲料 バイオ その他 ・
右ページから抽出された内容
3 マイクロカプセル化のプロセスと装置構造 視認可能で分かりやすい条件最適化の操作 ● 原料液の均一な滴下 ● 凝固反応液への滴下による個化 液滴の形成状態は、装置 に装備されたストロボラ イトの照射により、静止 したような状態での視認 が可能です。 分断されていない層流 状態の原料液 送液量と振動の最適化 により均一な液滴状態 に分断された原料液 静電気による分散化(凝 固反応の時の凝集化の 抑制)液滴 ストロボライト 均一分散 振動滴下による液滴形成 2タイプの液滴構造に対応 内包物と膜材を混合させた液滴 基本プロセス 内包物と膜材が分離する原料による液滴 単一ノズルを使用 内包物が膜材液の中で均一に に分散した状態 内包物と膜材が分離 (内包材は液状のまま保持) 同心ノズルを使用 単核 凝固反応液 ノ ズ ル 振動素子で脈動を与えた状態で ノズル孔から原料液(凝固前の膜 材)を送出 ノズル孔径・送液量・振動周波数 の適正な制御により、均一サイズ に形成された液滴 凝固反応液により膜材が凝固し て球状マイクロカプセルが形成 ノズルから送出された層流液 落下途中で層流から液滴へ ノズル孔(孔径選択可) カプセル化装置B-390/B-395Proには、原料液の均一な滴下を効率よく簡単に制御する ためのさまざまな機能が備わっています。 ① 原料液の送出 ② 滴下ノズルユニット ③ 振動素子 ④ ノズル(孔径選択可) ⑤ 電極(静電気による液滴分散用) ⑥ 静電気制御回路 ⑦ 振動制御回路 ⑧ ストロボライト ⑨ 凝固反応液(付属なし) ⑩ マグネチックスターラー(付属なし) ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata