Product overview 2017-18 62-63(62-63)

概要

  1. 62
  2. 63

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
*容器は商品の同梱内容に含まれません62///粉砕機IKAラボ用ミルは分析前のサンプルの粉砕または細断に適しています。粉砕粒度は最小1㎛または0.25mmまで可能です。粉砕刃の多様性により幅広いアプリケーションに対応しています。MULTIDRIVEBASICANDCONTROL///粗粉砕と微粉砕サンプルの硬さや柔らかさ、または繊維質などの性質に関わらず、IKAMultiDriveは幅広いアプリケーションに対応しています。多種多様な粉砕容器*のおかげで粉砕用途だけでなく混合用途でもお使いいただけます。さらにホモジナイズ容器を使用することにより分散、乳化用途にも最適です。USBインターフェイス付のためソフトウェアを介しプログラムや結果の記録も可能です。
右ページから抽出された内容
容器は商品の同梱内容に含まれませんTECHNICALDATAMULTIDRIVECONTROLMULTIDRIVEBASIC粉砕方法カッター式/ハンマー式カッター式/ハンマー式回転数範囲3000–20000rpm3000–20000rpm有効容量2000ml2000ml試料の最高硬度モース硬度5モース硬度5温度測定機能有–重量計測機能有–水/ドライアイスによる容器の冷却有/有有/有寸法(W×H×D)300×450×250mm300×450×250mmDINEN60529の保護クラスIP31IP3163UNIVERSALBLENDER|MultiDrivebasic&controlHIGHPERFORMANCE1,000Wのパワフル出力を有し,3,000–20,000rpmの範囲で回転数を調節できます。INTERVALOPERATIONインターバルモードは硬いサンプルの粗粉砕時や追加の集中的な混合のためのオプションです。ボタンを押すだけで簡単にモードに移行できます。INTEGRATEDCOOLING粉砕容器は二重壁のため、間接的に粉砕時のせん断熱を抑えます。したがって、冷媒と粉砕サンプルは非接触になります。TEMPERATUREMEASUREMENTMultiDrivecontrolはRFIDチップによる粉砕容器の自動認識や温度測定機能が内蔵されています。温度上昇を嫌うサンプルに対し粉砕時の限界温度を設定できますので粉砕反応によるオーバーヒートからサンプルの熱による変化を防ぎます。WEIGHINGFUNCTIONIKAMultiDrivecontrolには重量測定機能が付いており、同じ粉砕容器を使用して粉砕する前に計量が行われるため、秤量のためのサンプル移動は不要です。MultiDrivecontrol¥390,000Ident.No.0025002643MultiDrivebasic¥330,000Ident.No.00250026382

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata