17-18年度版 EYELA総合カタログ 283-284(284-285)

概要

  1. 7.濃縮装置
  2. 8.減圧装置
  1. 283
  2. 284

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
7 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 1 3 4 乾 燥 器 電 気 炉 純 水 製 造 装 置 2 恒 温 器 低 温 槽 恒 温 槽 濃 縮 装 置 減 圧 装 置 凍結・噴霧 乾 燥 機 合 成 装 置 撹 拌 機 ガラス反応容器 ガラスコーティング 振 盪 機 定 量 送 液 ポ ン プ 液体クロマト グ ラ フ 培 養 装 置 滅 菌 装 置 研 究 補 助 準 備 機 器 濃 縮 装 置 資 料 ・ デ ー タ 6 5 低温・恒温 水循環装置 ( チ ラ ー ) 冷 却 トラップ装置 283 http://www.eyela.co.jp Observations, Data 資料・データ 能力検討 ■濃縮装置の最適条件 濃縮装置とは、装置内部を減圧し、恒温の液槽または空気槽に入れた容器内のサンプルを、 回転または振動によって、蒸発面積を拡大して効率よく蒸発させ、濃縮するものです。 試料容器、加温器、試料容器駆動部、冷却器、回収容器などで構成され、関連装置として減圧装置、 冷却水循環装置が使用されます。 濃縮装置の蒸発能力  回転速度 試料容器容量 加温温度 真空度 冷却水温度などの要素によって変化し ます。蒸発能力は回転速度が速いほど、冷却水温度が低いほど、加温温度が高いほど向上し ます。効率的な蒸発の条件として、  試料の沸点と冷却水の温度との差(ΔT)が15〜20℃以上であること。 (沸点は真空度によって変化する。ΔTは最低でも10℃以上必要)  試料の沸点と加温温度との差(Δt)が10〜40℃であること。 (Δtは最低でも10℃以上必要)があげられる。 (注)ΔTを大きく、Δtを小さくすれば、蒸発量は減少し、回収率はアップします。 物質ごとに蒸気圧と沸点の関係が異なるため、真空度を制御することで沸点のコント ロールが可能となります。冷却水平均温度と加温温度との中間温度に沸点温度を調整 すれば、ΔTおよびΔtを適正値にすることができ、優れた回収率と蒸発能力が得られます。 ■沸点と真空度の関係 濃縮する物質はそれぞれ異なった特性があります。濃縮装置を減圧して使用する際、同じ 真空度でも物質の沸点は異なってきます。 ●エバポレーターでの適正条件の設定例   エバポレーターで水を真空度40hPa(30aHn)の条件下で濃縮した場合   大気圧1013hPa(760aHn)時の試料の沸点a100℃(水)   真空度40hPa(30aHn)時の試料の沸点a29℃(水)   濃縮の最適条件より上記条件下での適正条件値   冷却トラップ温度:29℃−15〜20℃=9〜14℃(ΔT)   バス加温温度:29℃+10〜40℃=39〜69℃(Δt) 2 3 2 0 10 20 30 40 50 60 4 10 20 50 1×10 1×10 5×10 アセトン クロロホルム ベンゼン ピリジン 水 酢酸 シクロヘキサン 蒸気圧(真空度/mmHg) 蒸気圧(hPa) 沸点温度(℃) 0 10 20 40 60 80 100 200 400 600 800 1000 1330 ■主要な物質の蒸気圧と沸点(飽和蒸気圧線図) 1 2 3 4 5 7 6 1)蒸発量(mL/min)= 蒸発水の密度(g/cm3 ) 試料の密度(g/cm3 ) × 蒸留水の蒸発量(mL/min)×蒸留水の蒸発潜熱 試料の蒸発潜熱 2)蒸発量(L/h)= 蒸発水の密度(g/cm3 ) 試料の密度(g/cm3 ) × 蒸留水の蒸発量(L/h)×蒸留水の蒸発潜熱 試料の蒸発潜熱 ※単位は蒸留水と試料の比ですから蒸発潜熱:kJ/o(kcal/o)、密度:o/m3 でもかまいません。 物質にはそれぞれ固有の熱的特性があります。濃縮装置の水における蒸発能力から、水と同じ 適正条件に合せることにより、物質の蒸発潜熱と密度がわかれば、蒸発量を推算することが できます。 蒸発量はΔt=25℃(バス加温温度45℃−試料の沸点20℃)なので、N-1300V-W型の蒸発能力表から 約11mL/minです。右表から蒸留水の蒸発潜熱=540kcal/o、クロロホルムの蒸発潜熱と密度はそれぞれ 58.8kcal/o、1.49n/㎝3 です。(なおΔT=20℃−5℃=15℃です。)上記の1)式から、 ※この計算は近似的に求めています。蒸発潜熱は沸点温度を大気圧で比較していますが、実際は沸点温度が 低い場合に、大きな熱量を必要としますから、安全率を10%程度低くしてください。 回転速度:180rpm バス加温温度:45℃ 冷却トラップ温度:約5℃ 試料の沸点:約20℃ (水での真空度=約27hPa(20aHn)、クロロホルムの真空度=約200hPa(150aHn)) ●推算するための条件設定 蒸発量= ≒67.8mL/min≒4L/h× 11×540 58.8 1 1.49 エバポレーターN-1300V-W型でクロロホルムを濃縮した時の処理 量はどの程度? 例1 蒸発量はΔt=30℃(バス加温温度50℃−試料の沸点20℃)なので、N-52型の蒸発能力表から約5L/hです。 右表からメタノールの蒸発潜熱と密度はそれぞれ264kcal/o、0.794n/㎝3 です。上記の2)式から、 回転速度:60rpm(シャワー使用) バス加温温度:50℃ 冷却トラップ温度:約10℃ 試料の沸点:約20℃ (水での真空度=約27hPa(20aHn)、メタノールの真空度=約133hPa(100aHn)) ●推算するための条件設定 蒸発量= ≒12.9L/h× 5×540 264 1 0.794 エバポレーターN-52型でメタノールを蒸発した時の処理量はどの 程度? 例2 ■試料による蒸発量の推算方法 ■物質の蒸発潜熱と密度 分類 代表的な物質 沸点 at 1013hPa(760Torr) 密度(g/cm3 ) at 20℃ 蒸発潜熱kJ/㎏(kcal/㎏) at 1013hPa(760Torr) 低   沸   点   物   質 n-ブタン ー0.5 0.579 387.6( 92.6) 臭化メチル 4.5 ※1.730 252.0( 60.2) n-ペンタン 36.1 0.626 387.6( 92.6) トリクロロフルオロメタン 23.7 1.476 182.1( 43.5) ジエチルエーテル 34.6 0.736 375.9( 89.8) 臭化エチル 38.4 1.451 2301.0(549.7) ジクロロメタン 39.8 1.326 329.4( 78.7) アセトン 56.3 0.790 501.1(119.7) 1.1-ジクロロエタン 57.3 1.175 288.8( 69.0) 2-メチルペンタン 60.3 0.654 357.1( 85.3) クロロホルム 61.3 1.486 246.1( 58.8) メタノール 64.7 0.794 1105.1(264.0) テトラヒドロフラン 66.0 0.888 410.6( 98.1) n-ヘキサン 68.7 0.659 384.3( 91.8) 1.1.1-トリクロロエタン 74.0 1.349 241.5( 57.7) 四塩化炭素 76.8 1.595 195.1( 46.6) 酢酸エチル 77.1 0.901 369.2( 88.2) エタノール 78.4 0.785 853.9(204.0) メチルエチルケトン 79.6 0.805 439.5(105.0) ベンゼン 80.1 0.874 394.3( 94.2) 2-プロパノール 82.4 0.786 666.4(159.2) 1.2-ジクロロエタン 83.5 1.257 323.6( 77.3) トリクロロエチレン 87.2 1.465 239.4( 57.2) 1-プロパノール 97.2 0.804 680.6(162.6) ヘプタン 98.4 0.684 379.3( 90.6) 2-ブタノール 99.5 0.807 562.6(134.4) 水 100 0.997≠1 2260.4(540)(at100℃) 2427.9(580)(at 30℃) 高   沸   点   物   質 ジオキサン 101.3 1.034 412.7( 98.6) トルエン 110.6 0.866 363.3( 86.8) 1.1.2-トリクロロエタン 113.5 1.442 287.6( 68.7) ピリジン 115.0 0.978 485.6(116.0) 1-ブタノール 117.7 0.810 591.5(141.3) 酢酸 118.0 1.050 405.2( 96.8) 2-ペンタノール 119.3 0.810 409.4( 97.8) イソアミルアルコール 130.8 0.809 485.6(116.0) 臭化エチレン 131.4 2.169 190.9( 45.6) クロロベンゼン 131.7 1.106 324.8( 77.6) 1-ペンタノール 138.0 0.814 504.8(120.6) p-キシレン 138.4 0.857 339.1( 81.0) m-キシレン 139.1 0.860 342.4( 81.8) o-キシレン 144.4 0.876 347.0( 82.9) スチレン 145.2 0.901 421.9(100.8) シクロヘキサン 155.6 0.779 356.2( 85.1) 1-ヘキサノール 157.1 0.819 448.7(107.2) n-デカン 174.1 0.730 275.0( 65.7) 1-ヘプタノール 176.3 0.822 1837.2(438.9) プロピレングリコール 187.3 1.038 707.0(168.9) 1-オクタノール 195.0 0.824 411.1( 98.2) エチレングリコール 197.4 1.116 920.1(219.8) ベンジルアルコール 205.5 1.046 467.2(111.6) グリセリン 290.0 1.262 663.1(158.4) ※at 0℃ ・
右ページから抽出された内容
8■ 使用装置と推奨減圧装置一覧 ………………………… P.285 ■ 基本接続例 ………………………………………………………… P.287 ■ ダイヤフラム型真空ポンプ NVP-1000・2000・2100型………………………… P.289 EVP-1000・1100・1200型 ………………………… P.291 MD・MZ・RC型 …………………………………………… P.292 DTC・DTU型 ………………………………………………… P.293 DTC30-NVC3000型 ………………………………… P.294 NVP-1000V・2000V・2100V型 ……………… P.295 N920KT.29.18G・N950型………………………… P.297 ■ ドライ真空ポンプ Neo Dry 7E-S・7E-C型 ……………………………… P.298 Neo Dry 15E-S・15E-C型 ………………………… P.298 ■ マグネットカップリング型 油回転真空ポンプ DUO 3M-N・6M-N・11M-N型………………… P.299 DUO 3MC-N・6MC-N・11MC-N型 ……… P.299 ■ 耐食性 油回転真空ポンプ 2015C1-N型 ………………………………………………… P.299 ■ ベルトドライブ型 油回転真空ポンプ TSW型 …………………………………………………………… P.300 ■ 小型油回転真空ポンプ GLD・GCD型………………………………………………… P.301 ■ オイルフィルトレーションカセット付 真空ポンプ GCD-XF・XNF型 ………………………………………… P.302 ■ 油水分離オイルフィルトレーションシステム UFW-003型 ………………………………………………… P.302 ■ アスピレーター A-1000S型、AS-2型…………………………………… P.303 ■ クーリングアスピレーター CA-1116AS型……………………………………………… P.304 ■ 関連製品、純正パーツ ……………………………………… P.305 Vacuum Pump 減圧装置 表示の価格について 本カタログに表示しています価格および仕様は2016年10月1日現在のものです。価格につきましては、その維持には極力努めてまいりますが、諸般の事情によりやむをえず改定を お願いすることもございます。また、製品の改良のために仕様の変更を行なう場合もありますので、あらかじめご理解いただき、ご了承いただきますようお願いいたします。 284 ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata