17-18年度版 EYELA総合カタログ 385-386(386-387)

概要

  1. 10.合成装置
  1. 385
  2. 386

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
有機化学とプロセス化学の両ステップで使用可能 POINT 10 10 7 8 9 11 12 13 14 15 16 1 3 4 乾 燥 器 電 気 炉 純 水 製 造 装 置 2 恒 温 器 低 温 槽 恒 温 槽 合 成 装 置 濃 縮 装 置 減 圧 装 置 凍結・噴霧 乾 燥 機 撹 拌 機 ガラス反応容器 ガラスコーティング 振 盪 機 定 量 送 液 ポ ン プ 液体クロマト グ ラ フ 培 養 装 置 滅 菌 装 置 研 究 補 助 準 備 機 器 合 成 装 置 プ ロ セ ス リ ア ク タ ー 6 冷 却 トラップ装置 5 低温・恒温 水循環装置 ( チ ラ ー ) 385 http://www.eyela.co.jp Independent, four-set process reactor for measuring thermal values. 熱量測定が行なえる独立4連式、プロセス最適化実験に 有機化学とプロセス化学の双方の要求に応える、リアクターごと に独立した4連式の自動合成システムです。制御ソフトウェアは、 プロセス最適化とスクリーニングの双方の段階において、プロセ スの条件検討実験が行なえます。個々の反応パラメーター(温度、 撹拌、滴下量)を高精度でコントロールし、ヒートフロー測定実験 が可能です。 ■反応熱はヒートフローとカスケード制御により、高精度・高感度 で測定します。マスバランスをとることにより低温から高温ま で、実際の反応熱が測定できます。 ■独自構造のアルミブロックは、オイルジャケットと同等以上の 伝熱性能があり、均一で迅速な加熱を行ないます。 ■4つの反応容器を独立して温調(P.I.D制御)し、4系統の冷却流路 をもっているので、加熱・冷却時間の調節が行なえます。異常な 昇温に対処する低温タンクも装備しています。 ■反応容器の背面部にLEDライトを設置しているので、ブロック のスリットを通して反応状況の確認が容易です。 重量滴下画面 体積滴下画面 4連式バッチ制御(独立制御) 50mL、100mL、250mLの合成スケール可変式 リアクター温度を高精度で制御(−20∼200℃) 反応熱量測定(ヒートフロー)による評価 滴下速度・滴下温度の並列制御 pH(酸・塩基)の制御 反応熱の除熱 トレンドグラフ、カロリー再計算、レポート作成 フローシート ●表示の価格には消費税は含まれておりません。 プロセスリアクター リアクトマスターマックス Process Reactor DDS-1410型 型 式 DDS-1410 製 品 コ ー ド No. 254030 撹 拌 方 式 インペラー撹拌 性 能 反応容器・本数 セパラブルフラスコ・1∼4本 合 成 ス ケ ー ル 50mL、100mL、250mL(選択) 温 度 調 節 範 囲 (アルミブロック温度) −20℃∼200℃(4×個別温調) ※冷却水循環装置が必要です(脚注参照) 温 度 調 節 精 度 ±0.5K(−20∼100℃)、±1.0K(100∼200℃) 回 転 速 度 範 囲 インペラー:0、125∼1000rpm(4×個別撹拌) スターラー:0、100∼1000rpm(4×個別撹拌) 最 大 加 熱 速 度 Tr<5.3K/min、Tj<19.3K/min 最 大 冷 却 速 度 Tr<7.2K/min、Tj<27.8K/min 最 大 除 熱 量 0.74∼1.1W/g(ガラスリアクターに200mLの水を入れた状態) 熱量測定分解能・誤差 0.1W、±5%以内(標準条件の時) 機 能 温 度 制 御 リアクター、ジャケット、断熱、勾配、等温 加熱・冷却P.I.D、カスケード 滴 下 制 御 重量滴下または体積滴下(1∼4連) 撹 拌 制 御 インペラー・スターラー(選択式) pH制御(オプション) 0∼14pH、酸または塩基(1液制御、または2液制御) 熱 量 測 定 ヒートフロー、比熱・反応熱計算、キャリブレーションヒータ、再計算・解析用CalGraph付 設 定・記 録 実験ごとの設定・記録 温度、滴下などのパラメーターの自動記録 トレンドグラフ・エクスポート リアルタイムペン、ヒストリカルペン表示・保存データのExcelへ取出し機能付 安 全 機 能 緊急冷却機能:リアクター制御時に自動的に作動 エンドステップ設定、エマージェンシープログラム設定付 漏電・過電流ブレーカ、アルミブロック独立過昇防止器、モータ過負荷保護 ソフトウェア自己診断機能(上限温度、温度上昇速度、モータ過負荷)、通信異常 使 用 周 囲 温 度 範 囲 5∼35℃ 外 寸 法(㎜)・質 量 642W×510D×380H・約53kg 電源入力・電源電圧 20A 2.0kVA・AC100V 50/60Hz 価 格 3 ¥5,430,000 ※パソコンは付属しています。※温度・pHセンサは別売りです。(P.387参照) ※性能は室温20℃、定格電源電圧、50Hz、冷却水循環装置CA-1116A型(55%ナ イブライン ® 、循環温度−20℃)使用時での値です。 ※温調を行なうには冷却水循環装置との接続が必要です。 ※標準条件:室温27(±1.5)℃、水200mL(50℃)に無水酢酸4mL反応時です。 ※熱量測定誤差は、室温・熱負荷の条件などの使用条件によって異なります。 ※キャリブレーションヒータ(製品コードNo.221600 価格¥110,000 3 )、温度 センサ(P.387参照)は別売りです。 ※最大加熱速度・冷却速度のTrはリアクター内容物温度、Tjはアルミブロック 温度です。いずれも、ガラスリアクターに250mLの水を入れた状態の値です。 ※温度単位のKはケルビン(絶対温度)です。 ・
右ページから抽出された内容
関連情報はこちらをご参照ください。 寸法図 Webにて 掲載■P.342 純正パーツ ■➡P.387 システム構成例 ■P.348 11 12 13 14 15 16 撹 拌 機 ガラス反応容器 ガラスコーティング 振 盪 機 定 量 送 液 ポ ン プ 液体クロマト グ ラ フ 培 養 装 置 滅 菌 装 置 研 究 補 助 準 備 機 器 10 10 7 8 9 1 3 4 乾 燥 器 電 気 炉 純 水 製 造 装 置 2 恒 温 器 低 温 槽 恒 温 槽 合 成 装 置 濃 縮 装 置 減 圧 装 置 凍結・噴霧 乾 燥 機 合 成 装 置 プ ロ セ ス リ ア ク タ ー 6 冷 却 トラップ装置 5 低温・恒温 水循環装置 ( チ ラ ー ) 386製品のご使用の前には「取扱説明書」を必ずお読みください。 製品に関するお問合せは アイラ・カスタマーセンター オイルジャケットを使用しないドライタイプで作業環境改善・安全性を向上POINT 液温を最短時間で設定温度まで到達させることが可能です。 高精度に等温保持可能な制御です。 最大負荷冷却。液温は15分で20℃まで冷却されました。 データ ■リアクター制御(水250mL、20℃→50℃) シリンジポンプユニットを使用して1∼4経路で同時に違う設定をして体積 滴下制御を行ないました。1∼4ポットに独立して高精度で注入でき作業 効率が向上しました。重量滴下制御も選択可能です。 ■滴下制御 1∼4mL/10分(4経路) ■ジャケット制御 最大冷却速度(水250mL、95℃→5℃) 無水酢酸の水和反応を30℃で実験後にデータのエクスポートを行ない、 カロリーの再計算を行ないました。マスの挙動と共にヒートフロー、反応熱 量Qを少ない誤差で求めることができます。 ■カロリーメトリーの熱量再計算・解析 リ ア ク タ ー 50mL、100mL、250mL(各ポット個別に設定可能) −温度調節範囲 50∼250℃(下限は冷却水循環温度に依存) シリンジポンプ、マイクロポンプ、ローラーポンプ滴 下 ポ ン プ 体積、重量、pH滴 下 制 御 インペラー、マグネチックスターラー撹 拌 制 御 リアクター、ジャケット、断熱、等温、勾配温 度 制 御 ヒートフロー式、キャリブレーション機能付カロリーメトリー キャリブレーション内容 結果値 重量[g] 200.0 温度制御種類/温度[℃] リアクター制御/20.0 UA計測値[W/K] 1.475 比熱c計測値[J/g.K] 1.995 最大除熱量[W/g] 0.74 選べるシステム構成 実験に必要なユニットを組合せるシステム製品です。リアクターのサイズから ポンプの種類、撹拌方法の種類、制御方式など実験内容にあった選定が行 なえます。パネルユニットの採用により、システムアップや変更が容易に行な えます。ユニットが多くても省スペースに設置可能です。 ヒートフローによる反応熱量の計測(キャリブレーション) 高精度のカスケード制御により温度安定までのレスポンスが早く、高精度で 温度を制御します。発熱反応時の冷却スピードが速く、内外温度差の動きは 発熱の動きと同じ挙動を示します。 断熱温度制御 リアクタースケールが上がった時に起こる液温上昇を、ラボ実験で再現しま す。スケールアップの安全性評価が可能です。 時間 アルミブロック型の温度制御 独自の分割式ブロックは従来方式のアルミブロックと 比べて伝熱量が2倍(オイルジャケットと同等の性能) です。実機反応容器と整合性のとれたリアクターを使 用しプロセス最適化実験が可能です。 反応容器、アダプター 50mL φ38 φ50100mL 250mL −20 12 28 −4 6050403020100 時間(min) ヒートフロー(W)、温度(℃) ヒートフロー 度リアクター温度 度ジャケット温度 60 90 120 6050403020100 時間(min) 温度(℃) 度リアクター温度 度ジャケット温度 1 2 3 4 5 1512.5107.552.50 時間(min) 滴下容量(mL) 滴下容量 1 滴下容量 2 滴下容量 3 滴下容量 4 20 40 60 80 100 6050403020100 時間(min) 温度(℃) リアクター温度 ジャケット温度 3,0002,5002,0001,5001,0005000 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 時間(sec) ヒートフロー(W) 60 80 100 120 140 160 0 20 40 滴下率、反応率 ヒートフロー 滴下率 反応率 反応熱量 2750J量反応熱量 2750J ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata