17-18年度版 EYELA総合カタログ 167-168(168-169)

概要

  1. 5.低温・恒温水循環装置(チラー)
  1. 167
  2. 168

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
5 5 7 6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 1 3 4 乾 燥 器 電 気 炉 純 水 製 造 装 置 2 恒 温 器 低 温 槽 恒 温 槽 低温・恒温 水循環装置 ( チ ラ ー ) 濃 縮 装 置 冷 却 トラップ装置 減 圧 装 置 凍結・噴霧 乾 燥 機 合 成 装 置 撹 拌 機 ガラス反応容器 ガラスコーティング 振 盪 機 定 量 送 液 ポ ン プ 液体クロマト グ ラ フ 培 養 装 置 滅 菌 装 置 研 究 補 助 準 備 機 器 低 温 ・ 恒 温 水 循 環 装 置 ( チ ラ ー ) 産 業 分 野 向 け チ ラ ー 167 チラー専用サイト http://eyela-chiller.jp Observations 資  料 低温・恒温水循環装置 ■組込み実績例 納入先使用装置 納入機種 クールエース CCA-1112A・S クールエース CA-1116A CA-1115B・C・D・E CA-1115F・F2 クールエース・エコ CAE-1020A・S CAE-1310A・S クールエース CA-2610・S CA-2600C CA-2600F・F2 クールエース CA-3110(S) CA-4110(S) CA-3310(S) CA-4310(S) CA-H・WH NCC-3000A・B・C・D NCC-3100A・B・C・D CTP-1000 CTP-3000 P.135、P.173 P.131、P.171∼175 P.147・149、P.172・173 P.151・153 P.155、P.174 P.157 半 導 体 製 造 分 野 洗浄装置 ● ● プリンティングマシン ● 自動はんだ付装置 ● スパッタリング装置 ● ● イオンプレーティング装置 ● ● マスクプランク製造装置 ● ● パターン形成装置 ● レジスト処理 ● エッチング装置 ● ● ● 薄膜形成機 ● ウェハ処理装置 ● ダイシングマシン ● ● グラインダー ● ポリッシングマシン ● パッケージング装置 ● マーキング装置 ● テスティング装置 ● ディベロッパー ● 露光・描画装置 ● ● 真空蒸着装置 ● 大型真空ポンプ ● ● ターボ分子ポンプ ● 基板実装の精度向上・安定性維持 ● ディスペンサー ● 薄膜層の除去洗浄液の温度管理 ● そ の 他 産 業 機 械 レーザーマーカー装置 ● ● ● レーザー発生装置 ● ● CO2レーザー加工機 ● ● レーザー溶接機 ● プラズマ溶接機 ● 抵抗溶接機 ● 自動包装機 ● 金型の冷却 ● ● ● ● 洗浄装置 ● ● 印刷機械 ● ● メッキ槽 ● ● フィルム・チューブ引出装置 ● ● 射出成型機 ● ● 放電加工機 ● プラズマ溶接機 ● ● フロン回収装置 ● ● 混練機 ● ● 研削盤 ● ● ● 電気炉の冷却 ● ● 高温真空炉の冷却 ● ● 精密研磨、研削機 ● ● ● ● 分 析 装 置 MASS ● GC ● LC ● FT/IR ● X線解析装置 ● 原子吸光光度計 ● 電子顕微鏡の光源部 ● ● ● オートサンプラー恒温部 ● 質量分析計の拡散ポンプ ● ICP発光分光分析装置の光源部 ● 赤外線分光光度計の発熱部 ● ● ● ※「納入先使用装置」に表記した装置は、多くのメーカーからさまざまな機種が発売されており、機種により発熱量・設定温度などが大きく異なります。  チラーの選定の際は循環先装置の発熱量に合せた選定をしてください。 産業機械、分析装置などへの循環例     のチラー(冷却水・低温恒温水循環装置)は科学研究分野では クールエースの名前で親しまれ、圧倒的なご支持をいただいています。 CO2排出量を大幅に削減するクールエース・エコシリーズもご好評をいただいています。 ・
右ページから抽出された内容
7 6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 濃 縮 装 置 冷 却 トラップ装置 減 圧 装 置 凍結・噴霧 乾 燥 機 合 成 装 置 撹 拌 機 ガラス反応容器 ガラスコーティング 振 盪 機 定 量 送 液 ポ ン プ 液体クロマト グ ラ フ 培 養 装 置 滅 菌 装 置 研 究 補 助 準 備 機 器 5 5 1 3 4 乾 燥 器 電 気 炉 純 水 製 造 装 置 2 恒 温 器 低 温 槽 恒 温 槽 低温・恒温 水循環装置 ( チ ラ ー ) 低 温 ・ 恒 温 水 循 環 装 置 ( チ ラ ー ) 産 業 分 野 向 け チ ラ ー 168製品に関するお問合せは アイラ・カスタマーセンター製品のご使用の前には「取扱説明書」を必ずお読みください。 EYELAのチラーシリーズは、ラボだけでなく、半導体分野をはじめとした産業機器への組込み にもお応えしています。冷却水循環装置の代名詞“クールエース”シリーズは、冷却能力450〜 30000Wまで豊富にラインアップしています。循環先装置の発熱量、配管抵抗(配管径、配管長、 揚程差)、ユーティリティを考慮し、最適なチラーをご提案いたします。 産業機器でのチラー使用にはさまざまな機能付加、付帯設備が要求されます。EYELAのチラー シリーズは循環先装置の特性、装置の機能やシステム構成、組込みに伴う諸要件に対応して、仕 様変更や特別仕様製品も製作しています。お問合せください。 チラー組込み例 真空チャンバー付きプローブ装置と CA-2610S型+HPP型との接続例 洗浄装置とCA-1116A型との接続例 CAE-1020S型 ■ニーズ対応表 チラーの目的、使用条件と対応 対応機種 CCA-1112 A・S CA-1113 CA-1330 CAE-1310A CAE-1310S CA-1116A CA-1115 B・C・D・E・F・F2 CAE-1020A CAE-1020S CA-2610A・S CA-2600 C・F・F2 CA-3110(S) CA-4110(S) CA-3310(S) CA-4310(S) CA-H CA-WH CAT NCC-3000A NCC-3000B NCC-3100A NCC-3100B NCC-3000C NCC-3000D NCC-3100C NCC-3100D CTP-1000 CTP-3000 省エネ対応 インバーター冷凍機を搭載。循環先の発熱 負荷量に応じて冷凍機出力を可変し、最大 77%(従来比)の省エネを実現します。 ● ● ● ● ● ● 純水を循環 (電気伝導率0.1mS/m(1μS/cm)以上) 末尾F・F2型は、0.01mS/m(0.1μS/cm)以上 循環先が純水循環でないと対応できない 場合、または配管内のサビ、カビ防止など の使用に適します。 ☆ ● (B・F・F2型) ☆ ● (F・F2型) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ● ● フロリナート、ガルデン を循環 電気絶縁性が高く不活性であることから、半導体製 造分野で使用されるケースがあります。特注製作に より、これらフッ素系熱媒体の循環が可能になります。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ シリコンオイルを循 環 電気絶縁性が高く不活性であることから、 多くの分野で使用されます。特注製作に より、シリコンオイル循環が可能になります。 ☆ ● (F・F2型) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 炭化水素系熱媒体 を循環 幅広い温度帯を1液でカバーできることから、 多くの分野で使用されます。特注製作により、 炭化水素系熱媒体循環が可能になります。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 周囲環境温度 ~40℃での運転 周囲温度40℃でも性能維持が可能です。空 調の効かない夏場の現場に設置できます。 ● ● 遠隔操作 チラーの電源・温度調節のON-OFF・ポン プの遠隔操作が可能になります。外部操 作盤の製作も可能です。 ☆ ● (D・E型) ☆ ● (S・C・F・F2型) ● (S型) ● (S型) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 外部操作盤 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ チラー緊急停止 非常時にボタン一つで装置を全停止させます。 ☆ ● (S型) ● (S型) ● (S・C・F・F2型) ● (S型) ● (S型) ● ● ● ● ● ● ● 各種アラーム出力 チラー異常時に循環先の装置や集中制御盤に知 らせたり、パトライトを点灯させることができます。 ○ ○ ☆ ● (S型) ● (D・E型) ● (S型) ● ● ● ☆ ☆ ● ● ● ● ● ● 圧力異常検出・流量 低下検出 圧力が設定値を超えた、流量が設定値より下がった 場合にアラーム検出・チラーを停止する機能です。 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 高低圧冷媒 圧力計 チラーの冷凍サイクルの冷媒圧力が判り、 チラーの正常な動作が確認できます。 ☆ ● (S型) ● ● ● ● 循環先を温調 外部温度センサ(オプション)を使用して、循環 先の温度に対応して水槽温度を制御できます。 ○ ☆ ● ● ● ● 記録計出力 温度記録計に接続して、運転時の循環液 温度が記録でき、槽内温度が管理できます。 ☆ ● ● ● ○ ○ ○ ○ ● 液面計 大きくて見やすい液面計が付いています。 ● ● ● ●(S型) ●(S型) ● ● ● ● ● ● ● バイパスライン、バイパスバルブ、 リリーフ弁 循環先の圧力損失による槽内撹拌効率の低 下やポンプの負荷を軽減することができます。 ☆ ☆ ☆ ○ ※ ☆ ○ ※ ● ※ ● ● ● ● ● ○ ※ ○ ※ ○ ※ ○ ※ ○ ※ 水冷コンデンサの制水 弁 一定の負荷がかかると制水弁が開きコンデンサを 冷却しますから、水の節約に効果を発揮します。 ● ● ● ● 高圧ポンプ装備 配管抵抗が大きい経路への循環で、標準ポンプでは 対応できない場合は、高圧ポンプを別途搭載できます。 ☆ ☆ ●(C・F2型) ○(A・D型) ☆ ●(C・F2型) ○ ● ● ● ● ● ● (B型) ● (B型) ● (D型) ● (D型) ☆ 屋外設置 工場内や現場に設置スペースがない、排 熱を懸念される所での使用に適しています。 ● 高精度温調 (±0.1℃~) 精密温調が必要な機器に対し、±0.1℃ 台の温度調節が可能です。 ● ● ☆ ☆ ☆ ● ● ● ● ● ● 標準装備 ○ オプション ☆ 特注対応 ※リリーフ弁は含みません。 ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata