17-18年度版 EYELA総合カタログ 170-171(170-171)

概要

  1. 171
  2. 170

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
7 6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 濃 縮 装 置 冷 却 トラップ装置 減 圧 装 置 凍結・噴霧 乾 燥 機 合 成 装 置 撹 拌 機 ガラス反応容器 ガラスコーティング 振 盪 機 定 量 送 液 ポ ン プ 液体クロマト グ ラ フ 培 養 装 置 滅 菌 装 置 研 究 補 助 準 備 機 器 5 5 1 3 4 乾 燥 器 電 気 炉 純 水 製 造 装 置 2 恒 温 器 低 温 槽 恒 温 槽 低温・恒温 水循環装置 ( チ ラ ー ) 低 温 ・ 恒 温 水 循 環 装 置 ( チ ラ ー ) 資 料 ・ デ ー タ   低 温 用 熱 媒 体 製品に関するお問合せは アイラ・カスタマーセンター 170製品のご使用の前には「取扱説明書」を必ずお読みください。 水道水 スケール除去剤、防腐剤、防 剤など を添加した水道水 軟水(軟水樹脂処理済み) 蒸留水(イオン交換樹脂処理なし) 蒸留水(イオン交換樹脂処理済み) イオン交換水(脱イオン水) 超純水 エタノール、メタノール イソプロパノール エタブライン® エチレングリコール、プロピレングリコール ナイブライン® Z-1型、NFP型 車用LLC シリコンオイル系、電気絶縁油 潤滑油 合成油、炭化水素系熱媒体 ● ▲ ● ● ★ ★ × ● ● ● ★ × × × ● ▲ ● ● ★ ★ × ● ● ● ★ ★ ★ × ● ▲ ● ● ★ ★ × ● ● ● ★ ★ ★ × ● ▲ ● ● ● ● × ● ● ● × × × × ● ▲ ● ● ★ ★ × ● ● ● ★ ★ ★ ★ ● ▲ ● ● ● ● × ● ● ● ● × × × ● ▲ ● ● ★ ★ × × × × ★ ★ ★ ★ ● ▲ ● ● ● (C・D型) × ● ★ ★ ★ ★ ● ▲ ● ● ★ ★ × ● × × × × ● ▲ ● ● ★ ★ × × × × ● ● ● × × × × ◆ ●◆ ◆ ※循環水は定期的に交換してください。スケールや雑菌などが発生し、循環経路やポンプなどに悪影響をもたらすことがあります。1ヶ月に1度程度の水の交換を推 奨しています。※イオン交換水の電気伝導率 0.1mS/m(1μs/cm)以上の循環が可能なCA-1115B型、NCC型シリーズと0.01mS/m(0.1μs/cm)以上の循環が 可能なCA-1115F・F2型、CA-2600F・F2型があります。 ■装置・循環水適合表 水 グ リ コ ー ル 系 ブ ラ イ ン ブ ラ イ ン ブ ラ イ ン ブ ラ イ ン ア ル コ ー ル 系 オ イ ル 系 フ ッ 素 系 フロリナート™、ガルデン 循環水 装置(型式) ●(60℃以下で使用) ●(60℃以下で使用) 〇:使用に適します。 ×:使用できません。(但し、台数によっては類似仕様にて、新規設計による特注を承ります。) ▲:電解質を含む添加剤、および主成分が酸系の添加剤はご使用になれません。 また、それらが含まれていなくても、成分表示、MSDSをご確認の上、使用可否を お問合せください。 ★:特注対応で承ります。お問合せください。 ●:使用の可否をメーカーにお問合せください。 ◆:引火性、可燃性があるので、放置していると気化し、何らかの点火源により発 火、爆発の恐れがあります。使用にあたっては十分な換気を行ないご使用くださ い。エタノール、メタノールをご使用の場合は必ず水を混ぜてください。 CCA-1112A・SCA-1116A・1330 CA-1115C・D・E CAE-1020A・S CAE-1310A・S CA-1115B CA-2610・S CA-1115F・F2 CA-2600F・F2 CA-3110・4110 CA-3310・4310 NCC-3000・3100 A・B・C・DCTP-1000・3000 ACE-2000 ■装置、循環水適合表 Observations, Data 資料・データ チラー水:低温用熱媒体(ブライン) 安全性、絶縁性が高く、不活性、不燃性の性質を持つフッ素系ブラインの フロリナートTM、ガルデンは主に半導体業界で実績が多いブラインです。 これらのブラインを使用する場合は、標準機では対応ができませんが、機 種によっては特注で対応可能です。お問合せください。 エチレングリコール、プロピレングリコールなどのグリコール系ブライ ンは一般的に、LLC、クーラント液と呼ばれ、車のラジエーター冷却水や 食品の冷凍保存などに使われます。 ナイブライン® Z-1型、NFP型(詳細P.123) アルコール系ブラインは低温域の流動性がよく入手しやすく扱いやすい ことから、長年、低温用ブラインとして使われてきましたが、近年、企業に よっては引火性ブラインの使用を禁じられていることが多くなってきて います。エタブライン® の主成分はエタノールですが、原液は60wt%未 満の濃度ですので、消防法上の危険物に該当しない特長があります。 ■種類と特長 循環水にはさまざまな種類があり、「水」にも硬度や電気伝導度、含まれる イオンの種類などの違いにより、多くの名称を持つ「水」があります。使用 する「水」によって、チラーへの向き、不向きがありますので、特殊な水を ご使用される場合はお問合せください。 水 道 水:一般家庭に供給される水など 工業用水:工場や事業所などで、人体と直接接しない目的で用いる水 軟  水:硬度120以下の軟水樹脂処理された水 蒸 留 水:イオン交換樹脂を通さず、単にボイルした水 イオン交換樹脂処理後にボイルした水 イオン交換水( 脱イオン水):イオン交換樹脂で処理した水 超 純 水:超純水製造装置から採水した水(電気伝導率 0.067μS/cm以下) 炭化水素系、シリコンオイル系ブラインは潤滑油、作動油、冷凍機油、洗浄 剤、絶縁油などの用途の他、ブラインとして長年使用されています。これ らのブラインを使用する場合は、標準機では対応ができませんが、機種に よっては特注で対応可能です。お問合せください。 ■「水」の種類について チラーで使用する循環水(ブライン)には、安全にご使用いただくための条件(温度域・環境など)が定められています。 特長、特性グラフを参考に最適なものをお選びください。 使用温度範囲:7∼80℃水 オイル系ブライン 使用温度範囲:80℃以下 使用温度範囲:−20∼20℃グリコール系ブライン(クーラント液) 使用温度範囲:0℃以下アルコール系ブライン フッ素系ブライン 使用温度範囲:80℃以下 ブラインの物性データは、P.123をご参照ください。 物性データ 設定温度により使用できる熱媒体の種類、温度が変わります。マイナス温度域で は、高濃度ほど粘度が上昇し、循環流量や冷却能力の低下が発生します。低濃度の 場合、温度帯によって氷結します。下記表を参考に適正濃度でご使用ください。 ■設定温度と熱媒体 -50 -40 -30 -20 -10 100 温度 (℃) 30wt% 50wt% 10wt% 40wt% 40wt%40wt% (産業機械、分析装置など)外部循環に使用 エタブライン® ナイブライン® Z-1型 ナイブライン® NFP型 エチレングリコール エチルアルコール ・
右ページから抽出された内容
5 5 7 6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 1 3 4 乾 燥 器 電 気 炉 純 水 製 造 装 置 2 恒 温 器 低 温 槽 恒 温 槽 低温・恒温 水循環装置 ( チ ラ ー ) 濃 縮 装 置 冷 却 トラップ装置 減 圧 装 置 凍結・噴霧 乾 燥 機 合 成 装 置 撹 拌 機 ガラス反応容器 ガラスコーティング 振 盪 機 定 量 送 液 ポ ン プ 液体クロマト グ ラ フ 培 養 装 置 滅 菌 装 置 研 究 補 助 準 備 機 器 低 温 ・ 恒 温 水 循 環 装 置 ( チ ラ ー ) チ ラ ー       機 能 ・ 仕 様 一 覧 チラー専用サイト http://eyela-chiller.jp169 Lineup 機能・仕様一覧 産業機械、分析装置、半導体製造装置組込み向けチラー 主な用途 ●エッチング装置の電極部の温度コントロール ●レーザー加工機の発熱部の温度コントロール ●分光光度計の発熱部の冷却、温度コントロール ●電子顕微鏡の電源、光源部の冷却、温度コントロール ●産業用機械装置の発熱部の冷却、温度コントロール ●金型の冷却 タイプ 純水仕様 冷却水循環装置(チラー) 型  式 CA-1115B CA-1115F CA-1115F2 CA-2600F CA-2600F2 掲 載 頁 P.171 温 度 設 定 範 囲 10∼30℃(ヒータなし) 冷却能力(at20℃)50Hz 1400W 1180W 1090W 3000W 2900W 循 環 能 力 ( 5 0 H z ) 最大揚程 9.5m 10m 20.5m 10m 20.5m 最大流量 16L/min 13.5L/min 17.5L/min 13.5L/min 17.5L/min 純水電気伝導率範囲 0.1mS/m以上(1μS/cm) 0.01mS/m以上(0.1μS/cm) シ リ コ ン オ イ ル 適 用 粘 度 範 囲 - 10mPa・S以下(at液温10℃) タイプ 高揚程仕様 冷却水循環装置(チラー) 型  式 CA-1115C CA-2600C 掲 載 頁 P.172 温 度 設 定 範 囲 −20∼30℃ −10∼35℃ 冷却能力(at20℃)50Hz 1400W 2800W 循 環 能 力 ( 5 0 H z ) 最大揚程 20m 20m 最大流量 21L/min 27L/min サービスコンセント ● 遠 隔 操 作 端 子 ● 緊 急 停 止 ボ タ ン ● タイプ 外部入・出力仕様 冷却水循環装置(チラー) 型  式 CCA-1112S CA-1115D CA-1115E CA-2610S 掲 載 頁 P.173 温 度 設 定 範 囲 −20∼30℃ −10∼35℃ 冷却能力(at20℃)50Hz 500W 1400W 1400W 3000W 循 環 能 力 ( 5 0 H z ) 最大揚程 4.2m 9.5m 9.5m 9.5m 最大流量 9L/min 13.5L/min 13.5L/min 23.5L/min アラーム出力端子 ● ● ● ● 遠 隔 操 作 端 子 ● ● ● 水位低下検出機能 ● タイプ 温水循環仕様 低温恒温水循環装置(チラー) 型  式 NCC-3000A/3100A NCC-3000B/3100B NCC-3000C/3100C NCC-3000D/3100D 掲 載 頁 P.174 温 度 調 節 範 囲 −10∼80℃ 冷却能力(at20℃)50Hz 1230/1750W 1070/1650W 1400/1750W 1240/1720W 循 環 能 力 ( 5 0 H z ) 最大揚程 10.4m 20m 10.4m 20m 最大流量 14.7L/min 23L/min 14.7L/min 23L/min アラーム外部出力 ● ● ● ● 高 圧 ポ ン プ 搭 載 ● ● 純 水 循 環 ● ● タイプ インバーター仕様 冷却水循環装置(チラー) 型  式 CAE-1020A CAE-1020S CAE-1310A CAE-1310S 掲 載 頁 P.175 温 度 設 定 範 囲 −10∼30℃ −10∼20℃ 冷却能力(at20℃)50Hz 1240W 1066W 1300W 1118W 循 環 能 力 ( 5 0 H z ) 最大揚程 9.5m 最大流量 15.5L/min 省 エ ネ ● ● ● ● クローズド循環方式 ● ● ● ● 緊 急 停 止 ボ タ ン ● ● ■水道圧程度の高い循環圧力を有する機種 ■±0.1℃〜の精密な温調精度、室温以上の温度制御を有する機種 ■アラーム出力、遠隔操作などチラーの接点出・入力の機 能を有する機種 ■消費電力を大幅に削減が可能な機種 ■純水、シリコンオイル系熱媒体の循環が可能な機種 ・純水で水質、電気伝導度を常に測定管理し、チラー水循環時の配管内 での静電気の発生を抑えたい場合 ・水道水ではメンテナンスが悪く、配管内に水垢やミネラル成分が堆積 してしまうため、純水を使用し熱交換部での効率悪化の抑制や汚染物 質による問題点を防ぎたい場合 ・半導体製造ラインでのチラー水は、純水を使用したい場合 ・シリコンオイル系熱媒体は絶縁性が高いので、チラー水循環時の配管 内での静電気の発生を抑制したい場合 ・シリコンオイル系熱媒体により雑菌の繁殖やスケールの堆積などに よる配管内でのアクシデントを防ぎたい場合 ・配管径が細い流路を循環する場合 ・チラーと循環先との揚程差がある流路を循環する場合 ・チラーから循環先まで離れた流路に循環する場合 ・配管内にエルボやゲートバルブが複数個あり、圧力の 損失が高くなることが想定される場合 ・室温近辺・室温以上のチラー水を流したい場合 ・±0.1℃台の精密温調が必要とされる場合 ・水道圧程度の高い循環圧力を必要とされる場合 ・純水をチラー水とする場合 ・チラーの運転開始、停止、電源ON-OFF、循環ポンプのON-OFFを接 点入力で遠隔操作させたい場合 ・漏水や水位低下などの異常を検知させたい場合 ・チラーの万が一の異常を検知し、接点出力させたい場合 ・異常時にチラーをボタン操作で緊急停止させたい場合 ・消費電力量を抑えたい場合 ・±0.1℃台の精密温調が必要とされる場合 ・設置スペースに制限がある場合 ・チラー水の交換頻度を減らしたい場合 ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata