17-18年度版 EYELA総合カタログ 15-16(16-17)

概要

  1. EYELA製品について 安全対策
  2. EYELA製品について 廃棄など
  1. 15
  2. 16

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
製品について製品の安全対策について――安心してご使用いただける設計指針を設定しています。電源電圧●定格電源電圧(V)と、定格電源周波数(Hz)を記載しています。装置の選定の際には必ずご確認<ださい。●特に指定のない限り電源電圧は表記の±10%以内とします。この範囲外の電圧でお使いになると、装置が正常に動作しないばかりか、装置を焼損する恐れがあります。電源入力●装置の定格電流(A)と、定格消費電力(VAまたはW)を記載しています。装置を接続する電源の容量は、上記の値よりも大きいことが必要です。●周波数によって電流値の異なる装置もありますのでご注意ください。電源コード●当社のほとんどの製品(AC100V15A以下)には3芯プラグ付きコードを採用しています。●AC100V15A以上とAC200V単相の製品は3芯コード、AC200V3相の製品には4芯キャブタイヤコードのみが付属しています。(  マーク表示です)アースの接続について●AC100Vで15A以内の装置の電源コードには、アース極付きの電源プラグが付いていますので、そのままアース極付きのコンセントに差込んでください。※アース極なしのコンセントに接続する場合には、別途アースを接続してください。●AC100Vで15Aを超える装置や、AC200V仕様の装置の電源コードには、電源プラグが付いていませんので、アース線を確認した上で正しく接続してください。※アースが接続されていませんと、万一漏電が発生した場合に漏電ブレーカが正常に作動せず、感電事故や機器の故障、および火災の原因となる危険があります。製品の環境配慮について●部材の選定はRoHS指令対応部品を優先して採用しています。●梱包材は、リサイクル資源として活用可能な材料を可能な限り採用しています。●製品設計細目では、社内基準「環境配慮設計指針」を設け適用しています。●環境負荷軽減製品、環境改善製品の開発と販売にも取組んでいます。漏電・過電流保護●水を扱う製品や高湿度環境で使用する製品には漏電ブレー力を、負荷変動の伴う製品にはサーマルプロテクターや過電流ブレーカを、電子回路組込製品にはサーキットプロテクターおよびノイズ対策を施しています。その他の注意事項について●冷凍機を搭載した装置や、撹拌機などは電源投入時に定格電流の数倍の起動電流が流れますので、複数台を使用する際は、電源スイッチを順次10秒程間をおいてから投入するようにしてください。●冷凍機を搭載した装置は保護回路を搭載していますが、安全のため、電源を切ってから再投入するまでに3∼5分程時間をおいてください。電源をすぐに再投入しますとコンプレッサーに過大な負担がかかり、装置の寿命を著しく短くします。安全規格部品の選定●樹脂成形品はUL-94で規定される難燃材を採用しています。電気部品はUL(米国安全規格)、CSA(カナダ安全規格)、CE(欧州安全規格)、VDE(ドイツ安全規格)の規格認定品や、PSE(電気用品安全法)マーク付きのものを基本にしています。●基板などの設計にもEN(欧州統一規格)などの国際的な安全規格に適合するよう配慮をしています。製品の保証について●EYELA製品は、品質マネジメントシステムにより、厳密な品質管理と検査を経て出荷されています。万一保証期間内に正常な使用下で故障が発生した場合は、規定に従い無償で修理をいたします。製品ご購入時には弊社URLからのユーザー登録または、製品に添付の「お客様カード」に必要事項をご記入の上、ご返送くださるようお願いいたします。なお、保証の内容につきましては製品添付の保証書、または弊社ホームページにてご確認をお願いいたします。取扱説明書について●ご購入いただいた製品には取扱説明書を同梱しています。取扱説明書には製品を安全にご利用いただくために重要な事項が記載してあります。製品をご使用になる前に、必ずご精読くださるようお願いいたします。製品の輸出について●当社製品の輸出に際しては、輸出貿易管理令による管理を行なう必要があります。輸出に際しては販売ルート、最終仕向け地、最終ユーザー、製品の使用目的をご確認の上、当社まで該非判定書の発行を要求してください。EYELA製品はお客様の要求品質と地球環境の保全を柱とし、ISOに適合したシステムで生み出されます。また、製品を安全にご使用いただくことと、環境に配慮した製品作りのために、設計指針を設けています。カタログの記載内容、表現などについては、誤解を生じないよう極力留意していますが、実際の製品使用にあたっては、あらかじめ取扱説明書をよくお読みいただき仕様内容、使用目的、使用方法などをご確認ください。15http://www.eyela.co.jp
右ページから抽出された内容
安全に関するご 注 意製品を安全にお使いいただくため、ご使用の前には「取扱説明書」をよくお読みください。使用中は振盪台に触れないこと使用中はヘッドカバーを外さないこと必ず高温用熱媒体を使用し、設定温度に注意すること引火性、可燃性溶液の使用には、十分注意すること可燃物の乾燥時には設定温度に十分注意すること有機溶剤などの引火性物質を入れないこと冷却フィンに素手で触れないこと液温が高いとき移動しないこと運転中は上面、観察窓、排気口が高温になる、触れないこと■製品への警告ラベルの貼付誤使用や危険な使用を回避するために、警告ラベルを製品に貼付しています。(例)■製品への注意事項シールの貼付より安全を期すために、個々の使用上の注意事項シールを製品に貼付しています。(例)警告けがの恐れあり警告巻き込みの恐れあり警告引火の恐れあり警告発火の恐れあり警告発火の恐れあり危険爆発危険注意けがの恐れあり注意やけどの恐れあり注意やけどの恐れあり循環ポンプの空運転及び長時間の締切り運転は行なわないでください。御 注 意吸気フィルターにホコリがたまりますと、冷却性能が低下しますので、定期的に点検して、フィルターの清掃を行なってください。御 注 意製品のご使用の前には「取扱説明書」を必ずお読みください。製品に関するお問合せはアイラ・カスタマーセンター安全に関するご 注 意製品を安全にお使いいただくため、ご使用の前には「取扱説明書」をよくお読みください。使用中は振盪台に触れないこと使用中はヘッドカバーを外さないこと必ず高温用熱媒体を使用し、設定温度に注意すること引火性、可燃性溶液の使用には、十分注意すること可燃物の乾燥時には設定温度に十分注意すること有機溶剤などの引火性物質を入れないこと冷却フィンに素手で触れないこと液温が高いとき移動しないこと運転中は上面、観察窓、排気口が高温になる、触れないこと■製品への警告ラベルの貼付誤使用や危険な使用を回避するために、警告ラベルを製品に貼付しています。(例)■製品への注意事項シールの貼付より安全を期すために、個々の使用上の注意事項シールを製品に貼付しています。(例)警告けがの恐れあり警告巻き込みの恐れあり警告引火の恐れあり警告発火の恐れあり警告発火の恐れあり危険爆発危険注意けがの恐れあり注意やけどの恐れあり注意やけどの恐れあり循環ポンプの空運転及び長時間の締切り運転は行わないでください。御 注 意吸気フィルターにホコリがたまりますと、冷却性能が低下しますので、定期的に点検して、フィルターの清掃を行なってください。御 注 意当社が回収して処分する製品 一般産業廃棄物として廃棄できない製品(生産中止製品)■廃棄について旧製品の一部に飛散性アスベストを含むものがあります。廃棄の際にはご確認のうえ、当社営業所、テクニカル・サービスセンターにお問合せください。製 品 名型  式備   考遠心エバポレーターCVE-100D飛散の危険性は少ないですが、固形化された部品ではありません。CVE-200D飛散の危険性は少ないですが、固形化された部品ではありません。(2001年3月生産以前の製品のみ)凍結乾燥機FD-800飛散の危険性は少ないですが、固形化された部品ではありません。薄膜式洗浄溶剤再生装置KFE-4031蒸気配管/断熱材として使用(リボン)定温恒温乾燥器NDO-300アスベストヤーン組紐製品(高温部耐熱パッキンとして使用しています)※修理・部品交換対応不可能製品マイコンオートロータリーエバポレーターNE-1S・1V・1T・1U・1R・5飛散の危険性は少ないですが、固形化された部品ではありません。小型恒温振盪水槽NTS-210・211・220・221飛散の危険性は少ないですが、固形化された部品ではありません。恒温振盪水槽NTS-2000・3000飛散の危険性は少ないですが、固形化された部品ではありません。液体クロマトグラフPLC-5・5D・7・10・20ランプの固定緩衝/断熱材として使用(リボン)マグネチックスターラー付恒温水槽PS-100飛散の危険性は少ないですが、固形化された部品ではありません。恒温振盪機SS-83ヒータのベースにアスベスト材を使用、廃棄は当社に依頼願います。※修理・部品交換対応不可能製品検出器UV-7000・9900ランプの固定緩衝/断熱材として使用(リボン)UV-9000ランプの固定緩衝/断熱材として使用(リボン)(2005年8月生産以前の製品のみ)※詳細につきましては当社ホームページに掲載しています。安全に関するご 注 意製品を安全にお使いいただくため、ご使用の前には「取扱説明書」をよくお読みください。使用中は振盪台に触れないこと使用中はヘッドカバーを外さないこと必ず高温用熱媒体を使用し、設定温度に注意すること引火性、可燃性溶液の使用には、十分注意すること可燃物の乾燥時には設定温度に十分注意すること有機溶剤などの引火性物質を入れないこと冷却フィンに素手で触れないこと液温が高いとき移動しないこと運転中は上面、観察窓、排気口が高温になる、触れないこと■製品への警告ラベルの貼付誤使用や危険な使用を回避するために、警告ラベルを製品に貼付しています。(例)■製品への注意事項シールの貼付より安全を期すために、個々の使用上の注意事項シールを製品に貼付しています。(例)警告けがの恐れあり警告巻き込みの恐れあり警告引火の恐れあり警告発火の恐れあり警告発火の恐れあり危険爆発危険注意けがの恐れあり注意やけどの恐れあり注意やけどの恐れあり循環ポンプの空運転及び長時間の締切り運転は行なわないでください。御 注 意吸気フィルターにホコリがたまりますと、冷却性能が低下しますので、定期的に点検して、フィルターの清掃を行なってください。御 注 意■アスベスト使用状況について2005年8月以降の出荷製品にはアスベストは使用しておりません。当社旧製品の一部にはアスベストを含有した部品・部材が使われたものがあります。これらの製品については代替部品に変更をいたしました。※従来の当社のアスベスト含有部品を使用していた製品すべてをホームページに掲載していますのでご参照ください。http://www.eyela.co.jp■アスベスト含有部品の交換についてアスベスト含有製品の部品交換のご要望にお応えしています。当社営業所、テクニカル・サービスセンターにお問合せください。■フロン回収について冷凍機搭載製品は、廃棄前にフロンを回収することが義務付けられています。当社ではフロン回収サービスを行なっています。当社営業所、テクニカル・サービスセンターにお問合せください。アイラテクニカル・サービスセンター(詳細P.17〜)※フロン回収サービスの詳細はP.21に掲載していますのでご参照ください。■廃止製品の修理パーツについて製品生産打切り後もできるだけ長くご使用いただけるように、修理パーツ(補修用機能部品)の保有期間は原則、製品製造終了後5〜7年間とさせていただいております。この期間以降は部品製造終了などにより、保守のご要望にお応えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。※補修用性能部品とは、その製品の性能を維持するために必要な部品です。16

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata