研究実験用総合カタログ2019号 1728-1729(1730-1731)

概要

  1. 補足資料
  1. 1728
  2. 1729

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
サンエース手袋 耐薬品性表材質薬品名天然ゴムラテックスNRニトリルゴムNBRポリエチレンPE塩化ビニルPVCクロロプレンCRアセトンBDADCアセチレンCAAAAベンジルアルコールCABDCシクロヘキサンDDDDCシクロヘキサノン(アノン)BDCDC現像液(ハイポ)AAAB-ジベンジルエーテルDDCDDジブチルエーテルDCDDDジクロロベンゼンDDDDDジエチルエーテルDBDDCジエチルホルムアミドCC-C-酢酸エチルCDCDCエチルアルコール(エタノール)AABDAジオキサンDD-DDヘキサンDADDA塩酸(10%)AAAAA塩酸(20%)AAABB塩酸(35%)BBABC硝酸(20%)BCBBB硝酸(40%)CDCCC硝酸(50%)DDCDC酢酸(20%)AAAAC酢酸(40%)BBBBD酢酸(98%)CCCCDふっ化水素酸(10%)BDABA過酸化水素(5%)CAAAB過酸化水素(10%)DABAC過酸化水素(35%)DBBBC水酸化ナトリウム(10%)AAAAA炭酸ナトリウム(20%)AABAAアンモニア水(28%)AAAABホルマリン(20%)DAAA-ハイドロサルファイト(2%)DCAB-イソブチルアルコールBBADBイソオクタンDACDAイソプロピルアルコールAAADBトリクロロエチレンDD-DDイソプロピルエーテルDBBDB酢酸メチルCDDD-メチルアルコール(メタノール)AABDBメチルエチルケトンCDDDC硫酸(10%)AAABA硫酸(20%)AABBA硫酸(97%)DDCCD亜塩素酸ナトリウム(2%)AABA-亜硫酸(10%)BBABBガソリンDBBDB灯油DAAC-トルエンDCCDDキシレンDCBDD[耐薬品性] A:適する B:やや適する C:あまり適さない D:使用不可・サンエース手袋は、耐薬品として設計・製造されている手袋ではありません。・常温下において、手袋試験片に薬品を含浸させた布を接触させた時の手袋状態を観察したもので、変色・膨潤等の変化度合いにより判断致しました。・上記のデータは、弊社の実験に基いたものですので、絶対的なものではありません。・実際のご使用にあたっては、用途に適するか否かを必ず確認を頂くようにお願い致します。1728補足資料SupplementaryData
右ページから抽出された内容
ダイローブ手袋 耐溶剤面積膨潤倍率表(メーカー研究室調べ)シリコンポリウレタン耐溶剤用静電気対策用No.溶剤名<Solventname>H201H202H20322340044055050005500H32032030033030003300H4H401テレビン油 <Turpentineoil>2.32.31.31.31.31.01.11.01.31.31.01.12石油ベンジン <Petroleumbenzine>2.52.51.21.11.11.01.01.11.11.11.01.03ガソリン <Gasoline>2.42.41.31.41.41.11.11.11.41.31.11.14n-ヘキサン <n-Hexane>2.52.51.11.11.11.01.01.01.11.11.01.0★5トルエン <Toluene>2.32.31.71.81.71.31.31.21.81.61.31.3★6キシレン <Xylene>2.12.11.61.71.61.21.11.21.71.61.21.2★7ベンゼン <Benzene>2.02.01.91.91.81.51.31.51.81.71.41.4★8四塩化炭素 <Carbontetrachloride>2.52.51.61.81.71.21.21.21.81.61.21.2★91.1.1-トリクロロエタン <1.1.1-Trichloroethane>2.42.41.71.91.81.31.31.42.01.71.31.3★101.2-ジクロロエチレン <1.2-Dichloroethylene>2.42.42.02.01.91.61.51.61.71.91.71.611トリクロロエチレン(トリクレン) <Trichloroethylene>2.42.42.02.22.01.71.51.62.22.01.61.512テトラクロロエチレン(パークレン) <Tetrachloroethylene>2.22.21.51.61.51.11.11.21.61.51.11.113ジクロロメタン(塩化メチレン) <Dichloromethane>2.02.02.22.62.42.32.12.42.32.42.42.214クロロホルム <Chloroform>2.42.43.03.83.32.62.42.63.13.42.52.615メタノール <Methanol>1.01.01.11.21.21.11.31.11.11.21.11.116イソプロピルアルコール(IPA) <lsopropylAlcohol(IPA)>1.21.21.11.21.31.11.11.11.21.21.11.117エチルエーテル <Ethylether>2.62.61.41.41.41.11.21.11.41.31.11.118アセトン <Acetone>1.21.21.31.41.41.71.41.71.31.31.61.619メチルエチルケトン(MEK) <Methylethylketone(MEK)>1.61.61.61.71.71.71.41.71.71.61.61.6★20メチルイソブチルケトン(MIBK) <Methylisobuthylketone(MIBK)>1.91.91.61.61.51.31.21.31.61.41.31.3★21シクロヘキサノン(アノン) <Cyclohexanone>1.21.22.42.62.62.62.13.22.72.62.33.122酢酸メチル <Methylacetate>1.41.41.41.51.51.71.41.71.51.41.71.623酢酸エチル <Ethylacetate>1.81.81.51.51.51.61.31.51.61.51.51.524酢酸ブチル <n-Butylacetate>2.02.01.61.61.51.31.21.31.41.51.31.5★25メチルセロソルブ <Ethyleneglycolmonomethylether>1.11.11.31.41.41.61.61.51.31.31.61.3★26エチルセロソルブ <Ethyleneglycolmonoethylether>1.01.01.51.61.61.41.41.31.61.51.41.3★27二硫化炭素 <Carbondisulfide>1.51.51.61.61.61.11.21.11.51.41.11.128アセトニトリル <Acetonitrile>1.01.01.21.21.21.51.41.41.21.21.51.429ジエチルアミン <Diethylamine>2.92.91.71.71.81.31.41.51.81.81.21.530ニトロベンゼン <Nitrobenzene>1.01.01.71.61.51.71.61.61.71.71.81.731テトラヒドロフラン(THF) <Tetrahydrofuran(THF)>2.32.33.13.33.3溶解溶解溶解3.43.3溶解溶解★32ジメチルホルムアミド(DMF) <N,N-Dimethylformamide(DMF)>1.01.0溶解溶解溶解溶解溶解溶解溶解溶解溶解溶解33N-メチルピロリドン(NMP) <N-Methyl-2-pyrrolidone(NMP)>1.01.0溶解溶解溶解溶解溶解溶解溶解溶解溶解溶解手袋が溶剤を吸って膨らんだ場合は使用を中止して、元の大きさに戻ってから再使用して下さい。膨れたまま作業を継続すると切れやすくなります。★印の付いている溶剤は皮膚から侵入しやすく危険なのでご注意下さい。ポリウレタン手袋は、テトラヒドロフラン(THF)、ジメチルホルムアミド(DMF)、N-メチルピロリドン(NMP)には使用できません。表以外にも使用できない溶剤があります。十分安全を確認してからご使用下さい。また、クロロホルムとシクロヘキサノン(アノン)には溶解しませんが膨潤倍率が大きい為、使用時には手袋の大きさに注意して下さい。単位:倍 浸漬前「1.0」膨潤倍率とは手袋の表面を形成している樹脂の「被膜」を溶剤の中に30分間漬け込んだ時、その表面積が元の大きさに対して何倍になったかを示す数値です。「1.0」に近い程、溶剤性能に優れている傾向があります。しかし「被膜」だけでの比較の為「裏地付」の手袋の方が裏地で膨潤を抑制する分、数値が高くても使用可と表示しています。下表色の手袋をおすすめします。手袋の選定基準の目安可少し注意十分注意不可耐溶剤用手袋 レギュラー 溶剤膨潤試験表溶剤名膨潤倍率溶剤名膨潤倍率リグロイン1.0メチルイソブチルケトン1.3テレピン油1.0シクロヘキサノン2.6石油ベンジン1.0酢酸メチル1.6ガソリン1.1酢酸エチル1.6軽油1.1酢酸ブチル1.3N-ヘキサン1.0メチルセロソルブ1.6トルエン1.3エチルセロソルブ1.5キシレン1.2トリクロロエチレン1.7※面積膨潤倍率=表面を形成している樹脂の皮膜を溶剤の中に30分間浸漬した時の表面積の比率を表しています。※上記データはあくまで参考資料としてご活用下さい。溶剤名膨潤倍率溶剤名膨潤倍率ベンゼン1.5テトラクロロエチレン1.1メタノール1.1ジクロロメタン2.4イソプロピルアルコール1.1クロロホルム2.6エタノール1.1二硫化炭素1.1エチルエテール1.1テトラヒドロフラン溶解アセトン1.7ジメチルホルムアミド溶解メチルエチルケトン1.6N-メチルピロリドン溶解耐油手袋 SD-1000 面積膨潤倍率表薬品名結果薬品名結果メタノール1.2DMF溶解キシレン1.6アセトン1.4MEK1.7IPA1.3酢酸エチル1.5ジクロロメタン2.3トルエン1.7ラッカーシンナー2.1単位:倍(浸漬前1.0倍) 使用可能範囲の目安 膨潤倍率:1.8以下※面積膨潤倍率:表面を形成している樹脂の皮膜を溶剤の中に30分間浸漬した時の表面積の比率を表しています。※すべての溶剤に対応できるものではありません。ご使用前には必ず使用可能範囲であるかどうかをお確かめ下さい。※データは測定データであり、品質保証データではありません。1729補足資料SupplementaryData

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata