天びん総合 62-63(62-63)

概要

  1. 62
  2. 63

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
61取引・証明用はかり《検定済品》計量法で規定される「取引」及び「証明」行為に際しては、「取引・証明用はかり」と呼ばれる検定付きのはかりの使用が定められています。取引・証明用はかり・・・はかりを「取引」、即ち商売などで使用する(はかり売りをする)場合や、計量した値を「証明」する場合は、取引・証明用はかりを使用する事が義務付けられています。▋取引・証明用はかりを使わなければいけない例例①:お肉屋さん「豚肉の重さをはかったら○○gだったので、○○○円です」「取引」行為にあたるため例②:健康診断病院や診療所などで、健康診断で、「あなたの体重は○○kgです」と記録する「証明」行為にあたるため▋一般のはかりを使ってもよい例※例③:家庭で料理の材料の重さをはかる「塩○○g、小麦粉○○kgなど」例④:工場で製品を加工する時に重さをはかる「材料Aを○○kg、材料Bを○○gなど」例⑤:工場の出荷検査で重さをはかる「段ボール1箱の中に消しゴム500個入っていて、1箱の重さが大よそ1kgになる。ちゃんと500個入っているかどうか出荷直前に段ボールの重さを計って、1kg前後かどうかチェックしている」いずれの例も「取引」「証明」の行為に該当しないので、一般のはかりを使用できます。※③∼⑤のような使いかたをする場合であれば、取引・証明用はかりを使用する義務はございませんが、取引・証明用はかりを使用してもかまいません。但し、取引・証明用はかりは法的な制限を受けるため、一部の機能が制限されます。(下記《取引・証明用はかりの注意点》をご参照ください。)《取引・証明用はかりの注意点》一般のはかりに対して、取引・証明用はかりは法的な制限を受ける為、以下のことができません。ご注意ください。①購入した時に設定した地域と違う場所で使用する(ただし定期検査に合格すればご使用できます)。②お手持ちの分銅でキャリブレーション(校正)を行う。(※内蔵分銅機能がある場合は除く)   例:●計量した値がずれてきたので、分銅を使って校正を行う  ●重力加速度を調整する③ポール取り外し、ケーブルの延長はできません。区分表1使用地域(都道府県)道北地方(宗谷、上川、留萌)、道東地方(網走、根室、釧路)道央地方(石狩、後志、空知)、道南地方(檜山、胆振、日高、渡島)、十勝地方青森県、岩手県秋田県宮城県、山形県福島県、茨城県、新潟県栃木県、富山県、石川県群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(八丈支庁管内、小笠原支庁管内を除く)、神奈川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県長野県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県東京都(八丈支庁管内、小笠原支庁管内に限る)、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県(薩摩・大隅地方に限る)鹿児島県(薩摩・大隅地方を除く)沖縄県地域番号123456789101112重力加速度の範囲:m/s29.804∼9.8079.803∼9.8069.801∼9.8049.800∼9.8039.799∼9.8029.798∼9.8019.797∼9.8009.796∼9.7999.795∼9.7989.794∼9.7979.791∼9.7949.789∼9.792該当機種EK-i-KEW-i-KSR/SQ区分表2使用地域(都道府県)北海道青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(八丈支庁管内、小笠原支庁管内を除く)、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県東京都(八丈支庁管内、小笠原支庁管内に限る)、長野県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県(薩摩・大隅地方に限る)鹿児島県(薩摩・大隅地方を除く)、沖縄県地域番号重力加速度の範囲:m/s2該当機種SW-K/SC-K/SE-KHV-C(CP)-KHV-WP-KFS-i-KFG-KHV-G-K大型FT-i-KSN-K/SN-WP-KST-KHV-KiEP-KHV-KiEP-K大型SJ-1000SJ-2000(WP)HL-1000iWP-KHL-2000iWP-KSK-1000i(WP)SK-2000i(WP)使用地域区分(複数の箇所に記載されている県は、どちらの地域番号でも使用できます。)取引・証明用はかりを使用するお客様へ①ご注文時に使用地区をお知らせください。 お客様が使用される地区に合わせた製品をご用意いたします。(分銅内蔵機能があるモデルについては、使用地区の制限は受けません。)②取引・証明用はかりを購入後、最寄の計量検定所に届出を行って下さい。計量検定所は各都道府県ごとにございます。③取引・証明用はかりは二年に一回、定期検査を受ける義務がございます。検査を行う時期については、計量検定所等の公的機関から公示されます。取引・証明用はかり《検定済品》※EK-iRは13区分です。P.64をご覧ください。取引・証明用はかり61p∼72p詳しくは・・・www.aandd.co.jp  語句説明ページ:P.93∼P.94123459.803∼9.8079.799∼9.8049.796∼9.8019.794∼9.7999.789∼9.794
右ページから抽出された内容
62カタログの見かた(取引・証明用はかりに使われる用語)最小測定量(使用範囲)「取引・証明」用として、そのはかりが使用できる、計量値の一番小さい値。それ以下の計量値について、表示はされてても、「取引・証明」用としては使用できません。この最小測定量は、そのはかりの等級(精度)によって規定されています。エー・アンド・デイのカタログでは分かりやすいように「使用範囲」という表現にしています。 例:GX-200R ひょう量210g/目量0.01g/使用範囲0.02g∼210g   ※GX-200Rの最小測定量は0.02gです。従って0.02g未満は「取引・証明」としては使用できません。単目量/多目量/複目量・単目量:ひょう量に対して0g∼ひょう量までの目量が1つだけのもの     例:EK-610i-K ひょう量600g/目量0.1g・多目量:はかる物の重さによって目量が切替わるもの     例:SQ-15K ひょう量0∼6kg:目量2g/ひょう量6∼15kg:目量5g・複目量:目量の違う複数のはかりを切替えて使えるもの     例:HV-15KVWP ひょう量:目量=0∼3kg:目量1g/0∼6kg:目量2g/0∼15kg:目量5g多目量のイメージ多目量のはかり小  大  / 大  小計量物の重さによって、レンジが自動で切替わる★ポイント 軽いものをはかるとき=細かい目量 重いものをはかるとき=粗い目量複目量のはかり小大 自動もしくは手動で切替わる大小 表示値がゼロになったら小レンジに    (自動もしくは手動で)切替わる★ポイント 1つのはかりの中に小∼大までの3つのはかりが 入っているイメージ ①ひょう量0∼3kg/目量1g(小さいはかり) ②ひょう量0∼6kg/目量2g(中くらいのはかり) ③ひょう量0∼15kg/目量5g(大きいはかり) ※大きいはかりから、小さいはかりに切替える場合  一旦、計量皿に何も載っていない状態にし、表示値   がゼロになったらできる(リセットできる)15kg6kg小2g大5gレンジ目量ひょう量複目量のイメージ(トリプルレンジの場合)15kg6kg3kg小1g中2g大5gレンジ目量ひょう量ggg「取引・証明」に使える桁補助表示(枠で囲われている。)「取引・証明」に使える桁▲g▲補助表示/拡張表示の違い補助表示:目量よりも下の桁の数値(実目量(d))が     別枠で表示される。※別枠で表示されている数値は「取引・証明」には 使用できません。〔搭載機種:GX-R/FZ-iWPR/FZ-iR/GX-KR/GP-R〕拡張表示:目量よりも下の桁の数値(実目量(d))が     一時的に表示される。〔搭載機種:EK-610i-K/EK-6100i-K〕g拡張表示、sampleキーを押すと(5秒間だけ一桁下の数値がでる。)※一時的に表示される数値は 「取引・証明」には使用できません。取引・証明用はかり《検定済品》取引・証明用はかり61p∼72p詳しくは・・・www.aandd.co.jp  語句説明ページ:P.93∼P.94プリンタ等への出力•補助表示:天びんの内部設定によりデータ出力可能•拡張表示:データ出力不可

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata