天びん総合 90-91(90-91)

概要

  1. 90
  2. 91

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
89AX-SW128フットスイッチ¥5,500(税抜)/JANコード:4981046603041AX-SW137天びん用フットスイッチAD-8951コンパレータライト¥85,000(税抜)/JANコード:4981046603034周辺機器周辺機器83p∼89p■対象機種MC/GX-K/GF-K/GP/FT-i*/SN*/SN-WP*/AD-8127(次の機種も使用可能HA/HM/HF/HX/FP/HP/ET-W/GX/GF/FW/FT*/FC*/SU*)フットスイッチ取付に際しては、お客様にてプラグやコネクタとの接続作業が、必要となります。*印の機種で使用する際には、別売の出力が必要です。別売品 AX-KO1557-W200AX-KO507-W200AX-KO507-S200※機種と出力オプションにより異なりますので、お問い合わせください。接続ケーブル(DIN7P-DIN8P2m)適応機種(リレー出力がDIN8ピンのはかり) 例:FG-KA/KB、HC-i、HV/HW-G、HV/HW-WP、SN、FT-i等接続ケーブル(DIN7P-DIN7P2m)適応機種(リレー出力がDIN7ピンのはかり)例:GX、GX-K、GP、MC、HD等接続ケーブル(DIN7P-バラ線2m)適合機種(リレー出力が端子台のはかり)例:EK-i、EW-i、FS-i、SC、SE、SN-WP等 ¥4,000(税抜)¥4,000(税抜)¥3,500(税抜)外部キイ入力プラグや外部入力コネクタ等との接続が必要※詳しくは、計量器の取扱説明書をご参照ください。計量器のパネルの「RE-ZERO」キーや「PRINT」キーの代わりとして使用外部入力端子用のプラグ付きオーディオ端子天びん本体に触れずに「PRINT」、「REZERO」が可能ケーブル長:約1.8m対象機種:BMシリーズ/GHシリーズ/HR-iシリーズ/GRシリーズ/FC-iシリーズ接続ケーブルは別売コンパレータより信号を受け、結果を赤、緑、黄のランプが点灯し表示AX-SW137-PRINT(プリント用)¥10,000(税抜)JANコード:4981046130707AX-SW137-REZERO(リゼロ用)¥10,000(税抜)JANコード:4981046130790AX-SW137-PRINT計量器のパネルの「PRINT」キーの代わりとして使用AX-SW137-REZERO計量器のパネルの「RE-ZERO」キーの代わりとして使用New※GX-A/GF-Aは、別売品GXA-23-PRINT、GXA-23-REZEROの使用によりフットスイッチの使用が可能です。別売品 AX-T-314A-SAX-KO2248-400AX-HDB-25P/CTF 外部キー入力プラグ25p計量器用RS-232Cケーブルプリントリゼロ付き(25p計量器にフットスイッチとPC等を接続)外部入力コネクタ(25p計量器にフットスイッチのみ接続) ¥3,000(税抜)¥15,000(税抜)¥3,000(税抜)AX-SW137-PRINTAX-SW137-REZERO
右ページから抽出された内容
90詳しくは・・・www.aandd.co.jp  語句説明ページ:P.93∼P.94ACSS分銅90p∼92pACSSACSS校正サービス(A&DCalibrationServiceSystem)エー・アンド・デイでは、天びんはかりの校正サービス体制(ACSS校正サービス)を広く展開しております。このACSS校正サービスでは、JCSS校正証明書及び、ISO校正証明書の2種類の発行を承っております。中でもJCSS校正証明書に関しては、様々な業界のグローバル化に対応し、国際的に通用する証明書として推奨をさせていただきます。天びん・はかり/分銅その他、力計(ロードセル・指示計)・一軸試験機・トルクメータも承ります。校正品目JCSS校正とは(JCSS校正の必要性)JCSSとは、計量法による計量トレーサビリティ制度の一つで、「計量法校正事業者登録制度」(JapanCalibrationServiceSystem)の事を表し、JCSS登録事業者は「JCSSロゴ」の付いたJCSS校正証明書の発行が可能です。近年、国際的な傾向として、校正に関しても第三者機関による認証が求められるようになってきています。これはISO/IEC17025の認証を受けた校正機関が発行する校正証明書でなければトレーサビリティが確保されないという考え方で、JCSSはこのISO/IEC17025に対応した認証の一つです。JCSS校正証明書の特徴として、ISO校正証明書に対して新たに「不確かさ」という要素が盛り込まれています。エー・アンド・デイが発行するJCSS校正証明書は、国家標準へのトレーサビリティの証明となるもので、欧米を始めとするアジア、オセアニア諸国など「MRA=相互承認取決」間で通用させる事ができます。不確かさとは従来、計測・計量器の精度を表すために「誤差」がよく用いられてきました。これは「測定値と真値との差」という考えです。しかし、その数値そのもの(真の値=真値)を求めることは不可能である、という考え方が主流となってきました。そこで真の値が存在する範囲を推定することとして、「不確かさ」としたものです。国際MRA対応JCSS認定事業者エー・アンド・デイグループはJCSS校正事業者の中で、さらに国際MRA対応認定事業者として認定を受けており、当社が発行するJCSS認定シンボルマーク付き校正証明書は、米国・ヨーロッパ諸国、韓国、中国などのILAC/MRA署名認定機関の国々で受入れが可能です。受入れ国についての詳細はIAJapanのホームページをご参照ください。エー・アンド・デイのカタログこのJCSS校正の証明書発行料金について今回から製品購入時の発行料金を各製品の仕様欄に記載しております。※JCSS校正については、ひょう量300kgまで、ISO校正については3000kgまで承ります。ISO校正とは検査成績書・校正証明書・トレーサビリティ体系図の3点セットで構成されます。天びん・はかりの新品購入時は、校正料金は「一律¥10,000(税抜)」で承ります。(クレーンスケールFJ-Ki/FJ-TiSシリーズ、FT-iシリーズなど、例外があります。)JCSS校正・ISO校正ともに製品購入後の校正も承ります。・出張校正:お客様の現地で校正・預かり校正:弊社サービス拠点に送って頂いた製品を校正※出張校正では、他社製品も承ります。ご使用中の天びんはかりを「一括お任せ」ですべて校正させていただきます。★詳細については別途お問い合わせください。・・・・・・・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata