天びん総合 14-15(14-15)

概要

  1. 14
  2. 15

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
13計量結果をパソコンに取り込むには天びんや台はかりで計量して得た結果を、パソコンに取り込んで分析やデータベース作成、パソコン側からの計量器コントロールなどを計画されている場合、エー・アンド・デイなら、以下の方法からお選びいただけます。LANEthernetHubBM-08HRA-08FXi-08AD-8526AD-8526AD-8526RS-232CAX-USB-9P(-25P,-Din)GH-02USB計量データロガーAD-1688★詳しくはP.11をご覧ください。送信のみクイックUSB★GH、HR-A/HR-AZ、MC-1000/MC-6100、FZ-i/FX-i/FZ-iWP/FX-iWP/FZ-CT/FX-CT、EJ-B、SC/SEであれば、別売のGH-02、GX-02、FXi-02-JA、EJ-02JA、SCE-02の使用により、計量値をUSB経由でパソコンに送信可能です。BM、GX-A/GF-AはクイックUSB標準装備のため、直接パソコンに送信可能です。通信の設定や、ドライバーのインストール、データ取り込み用のソフトウェアは不要で、簡単にデータをExcelやWordなどに入力できます。送信のみクイックUSBアダプタAD-8527★詳しくはP.12をご覧ください。送信のみRS-232Cインタフェース天びん・台はかりの多くの機種では、標準でRS-232Cを装備しています。※シリアルポート(RS-232C)を装備したパソコンをご用意いただければ、計量器とパソコンをむすぶケーブルのみお求めいただくことで、簡単に接続が可能です(P.88参照)。取り込み用ソフトは、WinCTをご利用ください。弊社ホームぺ−ジより無償でダウンロードできます。※一部製品は別売双方向通信USBコンバータ(ケーブルセット)天びん、台はかりの計量データ(RS-232C出力)を変換して、USBインタフェースを持つパソコンに取り込むための、コンバータとケーブルのセットをご用意しました(P.87参照)。双方向通信や統計演算出力、GLP・GMP出力の取り込みができます。取り込み用ソフトは、WinCTをご利用ください。弊社ホームぺ−ジより無償でダウンロードできます。双方向通信双方向通信イーサネット・インタフェースBM、GH、HR-A/HR-AZ/FZ-i/FX-i/FZ-iWP/FX-iWP/FZ-CT/FX-CT/GX-A/GF-A、AD4212A/Bであれば、BM-08、GH-08、FXi-08-JA、AD4212A-08を使用することにより、また他の天びん・はかり*1でも、イーサネット・コンバータAD-8526を使用することにより、LAN上のパソコンと双方向通信を行い、複数の天びんのデータを1台のパソコンに取り込むことが可能です(P.87参照)。付属の専用通信ソフト「WinCT-Plus」の使用で、1台のパソコンでLANやRS-232Cで接続した複数の計量器のデータを収集できます。また、コマンドで計量器のコントロールも可能です。*1RS-232Cインタフェースが必要となります。★WinCTは使用不可双方向通信★WinCTは使用不可★WinCTは使用不可通信通信電子天びん他9p∼36p詳しくは・・・www.aandd.co.jp  語句説明ページ:P.93∼P.94AD-8529PR-WBluetooth®コンバータAD-8529PC-W/PR-W詳しくはP.12をご覧ください。AD-8529PC-WWinCTWinCTWinCT-Plus
右ページから抽出された内容
14WinCTWindowsデータ取り込み用ソフトウェアWinCTは、エー・アンド・デイの天びんや台はかりの計量データをパソコンに取り込むために作成したプログラムソフトウェアです。テキスト形式でデータを取り込んだり、市販のアプリケーションソフトのワークシート上に直接データを取り込んだり、グラフ化することが可能です。エー・アンド・デイの天びん・はかりなどで、RS-232Cインタフェースがついている製品であれば、パソコンにWinCTをダウンロードすることにより、双方向通信が可能となります。(クイックUSBでは使用できません)※最新版のWinCTは、弊社ホームページより無償でダウンロード可能です。RsComWinT(RsCom/RsKey/RsWeight)対応OS:WindowsVista、7、8、10WinCT-Plus対応OS:WindowsXP、Vista、7、8、10「WinCT-Plus」を使用することにより、複数の天びんが測定したデータを収集し、パソコンへの取り込み、保存やデータ解析が簡単に可能となります。データは、RS-232Cインタフェースに直接接続するか、イーサネット・コンバータ(別売品)を介してLANに接続して収集が可能。「WinCT-Plus」は、次のソフトから構成されています。RsMulti:RS-232Cイーサネット・コンバータを介してデータをパソコンに送信。パソコンより、天びんを制御WinCTforWireless(ZigBee)「WinCTforWireless(ZigBee)」は、エー・アンド・デイ標準フォーマットで出力される天びん・はかりのRS-232Cインタフェースにワイヤレス通信端末を接続することにより、測定したデータのパソコンへの取り込み、保存やデータ解析が簡単に可能となります。コマンド送信やデータ受信を行い、テキスト形式で受信データを保持します。シンプルなデータ送受信や、通信確認に便利です。データ受信を行い、市販のアプリケーション上に直接受信データを書き込むことができます。受信データのデータ処理を行う場合に便利です。※コマンド送信はできませんので、天びん、はかりからデータを出力する必要があります。RsWeightコマンド送信やデータ受信を行い、受信データをグラフ化することができます。計量物の比較や、経時変化の確認を行う場合に便利です。※AD-8528PC-10MWに標準付属通信通信電子天びん他9p∼36p詳しくは・・・www.aandd.co.jp  語句説明ページ:P.93∼P.94RsKey対応OS:WindowsXP(32bit)、Vista、7、8、10(64bit版のみ)

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata