ビュッヒ総合カタログ 2021年版 5(5)

概要

  1. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
環食化薬食化薬食化薬食化薬食化薬食化•粗精製から本格的な高圧分取まで対応•ELSDとUVスキャンの両方で同時検出•省スペース設計(幅365mm)•ドラフト外でも使用可能な換気デザイン•自動認識機能付き(カラム・捕集ラック)ポンプ流量:最大250mL/min(中圧)最大100mL/min(高圧)最大圧力:5.0MPa(中圧)30.0MPa(高圧)•滴下法によるマイクロカプセル作製装置•生産スケール前の少量試験研究に•粒度分布が極めてシャープで球状のマイクロカプセルの作製に最適•各効成分の放出制御に•使用目的と分野に応じた2モデルカプセル径:150μm∼2mm(目的に応じたオプションノズル各種あり)•粒子径が1μm以下や、回収量が1g以下のスプレードライが可能•機能性材料、医薬製剤の最先端の基礎研究に•シャープな粒度分布蒸発能力:0.2L/h(水の場合)対応粒子径:200nm∼5μm•ラボスケールのスプレードライヤー•機能性材料、医薬製剤、食品加工の研究分野に•さまざまな有機溶媒にも対応•設置占有面積が少ないコンパクト設計•ノズルクリーナー(手動/自動)を完備蒸発能力:1.0L/h(水の場合)対応粒子径:1∼25μm(オプション10∼60μm)•日本薬局方、EP(欧州薬局方)、USP(米国薬局方)に対応•装置設定のパスワード保護が可能•結果の出力:プリンター対応、PC対応、(LIMS対応)測定方法:目視測定(M-560)目視および自動測定(M-565)温度範囲:室温∼400℃•1台の装置で多検体を一斉に減圧濃縮•残留農薬や環境汚染物質の微量分析におけるGC/MSの前処理濃縮に最適•独自の冷却構造により、回収ロスが少ない•I-300Proで集中制御可能•濃縮は規定量(0.3、1.0、3.0mL)で自動停止温度範囲:最高100℃最大検体量:120mL12本、他•コンパクトな多検体エバポレーター•さまざまな試料管の利用が可能 •高速高圧抽出装置による抽出液の濃縮などに最適•シンプル設計温度範囲:最大95℃最大検体量:30mL12本、150mL6本 •カートリッジカラム-小サイズでも大きなロード量-IDタグ付き(Pureで使用履歴を自動認識)-接続口はルアーフィッティング-幅広いラインナップで多様なニーズに•HPLC分取用カラム•ガラス製のエンプティカラム•フラッシュ精製のエントリーモデル•オープンカラムからの移行に最適•1ポンプ構成と2ポンプ構成を選択可能最大流量:250mL/min最大圧力:1.0MPa、5.0MPa薬化環化研究開発研究開発研究開発¥1,470,000∼(税込¥1,617,000∼)多検体蒸留・濃縮装置シンコアプラスアナリスト分取用カラムPureシリーズ分取クロマトグラフィーシステムセパコアポンプセット分取クロマトグラフィーシステムPureシリーズ多検体パラレルエバポレーターマルチベーパーP-6/P-12融点測定装置(融点&沸点測定)M-560/M-565¥2,940,000∼(税込¥3,234,000∼)¥650,000∼(税込¥715,000∼)お問い合わせくださいお問い合わせください幅広いラインナップ!¥1,160,000∼(税込¥1,276,000∼)局方お問い合わせくださいスプレードライヤーB-290ナノスプレードライヤーB-90HPカプセル化装置B-390/B-395Pro¥5,030,000∼(税込¥5,533,000∼)¥4,120,000∼(税込¥4,532,000∼)薬化【動画】【動画】【動画】【動画】【動画】【動画】【動画】

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata