溶媒抽出装置 4-5(4-5)

概要

  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
4ソックスレー抽出装置B-811SOXタイプ溶媒抽出法に新しい標準を打ち立てる抽出システム、それがB-811です。このシステムは特に成分分析、環境分析、微量分析等のアプリケーションに最適です。驚くほどの使い勝手の良さ、処理時間の短縮がこの装置の大きな特長です。少し多めのサンプルの抽出や抽出成分が少ないサンプルの抽出に適したモデルです。溶媒容器容量:220mL(スタンダードタイプ:120mL)ガラスフリッツ容量:240mL(スタンダードタイプ:130mL)B-811一台で、ソックスレー抽出から高温抽出等の4種類の抽出方法が可能です。環境・化学・工業分野におけるソックスレー抽出にソックスレー抽出装置B-811の特長大容量タイプのB-811LSVソックスレー抽出(SoxhletStandard)熱間抽出(SoxhletWarm)高温抽出(HotExtraction)連続抽出(ContinuousExtraction)上部ヒーター温度レベル下部ヒーター温度レベル一台で4種類の異なった抽出法を選択●全自動抽出プロセス(抽出̶リンス̶乾燥)オペレーター不在でも安全に運転できる設計です。最大4検体まで同時に処理できます。●抽出プロセスの最適化抽出時間とサイクル数制御による自動運転が可能です。●柔軟性目的に応じてお望みの抽出法を選べます。1台のシステムで4種類の抽出法を利用でき、しかもその際にガラスアクセサリーの交換が不要です。●幅広い適用範囲高沸点溶媒(150Cまで)までの溶媒を使用できます。●各種公定法準拠『ソックスレー法』として各種公定法に準拠しています。一般的なソックスレー抽出法です。下部ヒーターのみで加熱します。抽出器をヒーターで加熱しながら抽出する方法です。理論上、ソックスレー法より高効率な抽出法です。熱間抽出法と同様に下部、上部ヒーターで加熱します。熱間抽出と異なり、抽出中は常に溶媒レベルが一定に保たれます。抽出器に備えられている電磁バルブは常に開放されていますので、抽出器には溶媒が貯まらず常に溶媒容器に注ぎ込まれます。ソックスレー公定法準拠品名ソックスレー抽出装置B-811、100V品番40550品名ソックスレー抽出装置B-811LSV、100V品番40549
右ページから抽出された内容
5※第2部:ロールの特性値の測定方法−第2節:引布の単位面積当たりの総質量並びにコーティング材及び基布の単位面積当たりの質量の測定ソックスレー抽出の流れソックスレー抽出が明記されているJIS規格サンプル抽出成分サンプル残留物溶媒溶媒蒸気不活性ガスStep1<抽出>Step2<リンス>Step3<乾燥>Step4<サンプル交換>規格番号JISA6005JISA6012JISA6022JISA6023JISB8224JISC2116JISK0102JISK0123JISK0211JISK0311JISK0312JISK2276JISK2537JISK3362JISK4809JISK5112JISK5909JISK6229JISK6237JISK6241JISK6383JISK6404-2-2JISK6550規格番号JISK6726JISL1013JISL1015JISL1017JISL1019JISL1030-2JISL1081JISL1087JISL1095JISL1903JISL2701JISL3201JISL3203JISL3204JISP8215JISP8224JISR2015JISR3503JISR3911JISR7604JIST9010JISZ2501JISZ3197規格名称アスファルトルーフィングフェルト網状アスファルトルーフィングストレッチアスファルトルーフィングフェルトあなあきアスファルトルーフィングフェルトボイラの給水及びボイラ水−試験方法電気絶縁用マイカ製品試験方法工場排水試験方法ガスクロマトグラフィー質量分析通則分析化学用語(基礎部門)排ガス中のダイオキシン類の測定方法工業用水・工場排水中のダイオキシン類の測定方法石油製品−航空燃料油試験方法石油製品−灯油及び航空タービン燃料油−煙点試験方法家庭用合成洗剤試験方法火薬類分析試験方法群青(顔料)セラックゴム−溶剤抽出物の求め方(定量)原料ゴム−SBRの石けん分及び有機酸分の求め方(定量)ゴム−ガスクロマトグラフィー質量分析法(GC/MS法)による老化防止剤の同定合成ゴム−SBR−試験方法ゴム引布・プラスチック引布試験方法※革試験方法規格名称ポリビニルアルコール試験方法化学繊維フィラメント糸試験方法化学繊維ステープル試験方法化学繊維タイヤコード試験方法綿繊維試験方法繊維製品の混用率試験方法−第2部:繊維混用率羊毛繊維試験方法羊毛フェルト試験方法一般紡績糸試験方法羽毛試験方法麻ロープ羊毛長尺フェルトジュートフェルト反毛フェルトセルロース希薄溶液−極限粘度数測定方法−銅エチレンジアミン法パルプ−アセトン可溶分試験方法耐火物用炭化ほう素原料の化学分析方法化学分析用ガラス器具補強用糸−線密度の試験方法炭素繊維−サイジング剤付着率の試験方法ゴム製品の生物学的安全性に関する試験方法焼結金属材料−密度,含油率及び開放気孔率試験方法はんだ付用フラックス試験方法溶媒容器上部ヒーター(抽出器部)円筒ろ紙光センサー電磁バルブ下部ヒーター(溶媒容器部)冷却器

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata