高速高圧抽出装置(PSE) 4-5(4-5)

概要

  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
4多検体抽出のメリット「1検体」より「多検体」のメリット「バッチプロセスの品質管理」に理想的1.処理手順の流れ2.価値ある処理能力他社製抽出装置とのサンプル処理数の比較1シフト(8時間)の場合3シフト(24時間)の場合多検体の高速高圧溶媒抽出には大きな2つの長所があります。まず第一に、サンプルの準備から分析結果を出すまでの時間が大幅に短縮可能であること。さらに、単位時間あたりのサンプル処理能力を、オートサンプラーを利用した連続方式に比べ、数倍にも高めることができることです。混合された溶媒はポンプによって高圧(最大150bar)でそれぞれの抽出セルに送られ加熱されます(最大200℃)。抽出後の溶媒はバイアルもしくはボトルに集められるので、サンプルを移しかえることなく、すぐに多検体パラレルエバポレーターマルチベーパーで蒸留できます。結果として、6サンプルをまったく同じ条件で一度に処理できます。これらの利点を2つの具体例で示します。溶媒ポンプ圧力計抽出セル廃液ボトルサンプルの移し替え作業はなくそのままのバイアル/ボトルで!溶媒ボトル加熱ブロック捕集バイアル/ボトル多検体パラレルエバポレーターマルチベーパー分析使用ポジションバルブ他社製抽出装置オートサンプラー方式ビュッヒ高速高圧抽出装置多検体同時抽出方式※11シフト(8時間)の場合の抽出回数8時間(480分)30分(平均抽出時間)=16回※23シフト(24時間)の場合の抽出回数24時間(1440分)30分(平均抽出時間)=48回16回※11サンプル=16サンプル48回※21サンプル=48サンプル16回※16サンプル=96サンプル48回※26サンプル=288サンプル6倍1∼4または1∼6サンプルサンプルの準備:20分多検体抽出:30分多検体蒸留:20分必要に応じて、追加のクリーニングステップトータル70分で最大6サンプルの分析準備が完了!
右ページから抽出された内容
5柔軟な幅広い抽出条件設定とそのアプリケーション例豊富な抽出セルラインナップと幅広い抽出条件設定により、高速高圧抽出装置は、微量分析から品質管理まで、さらに単純なマトリクスからより高圧条件を要する複雑なマトリクスまで、幅広い用途に利用できます。環境分析土壌標準サンプルからのPAH[ng/g]生肉からの脂質抽出西洋オトギリ草(薬草)の抽出高速高圧抽出(EPA3545/8100)高速高圧抽出高速高圧抽出高速高圧抽出高速高圧抽出ソックスレー抽出DAC86ソックスレー抽出ソックスレー抽出サンプル結果1サンプルあたりの抽出パラメータサンプル2.0gのあたりの抽出パラメータソックスレー抽出(EPA8270)食品分析医薬品と天然物高分子・ポリマーの品質管理やその添加剤分析高圧による抽出法は、すでに多くの国で環境分析の幅広い用途に使用されています。アメリカのUSEPAメソッドSW-8463545およびSW-8466860による承認は、従来のソックスレー抽出との同等の抽出効率があることを示唆しています。特に、PAH、BNA、PCB、ダイオキシンおよびフラン、TPHなどのサンプルに適しています。化合物名アセナフテンフルオレンアントラセンフルオランテンベンゾ(a)アントラセンベンゾ(a)ピレンジベンゾ(a,h)アントラセンベンゾ(g,h,l)ペリレン時間乾燥時間抽出時間溶媒使用量溶媒1溶媒使用量抽出時間溶媒2溶媒使用量抽出時間フランクフルトローストターキー抽出時間溶媒使用量0.0350.00115分60mL0.0280.002540分200mL4分20分25mL20mL5分40mL10分CH2Cl2100mL240分アセトン100mL300分90–120分4–6時間175mL七面鳥の生胸肉(低脂肪)ジアンスロン%(ヒペリシン換算)30.920.09(RSD0.29%)1.40.22(RSD15.60%)0.70.04(RSD5.4%)CH2Cl2(100℃,100bar)メタノール(100℃,100bar)29.460.21(RSD0.71%)1.070.10(RSD9.34%)0.650.03(RSD4.6%)8106402758162916230324625分8056272657852866028823216時間食品からの一般的な脂質抽出は、煩雑で手間のかかる作業ですが、高速高圧抽出装置を使用すると脂質劣化がなく効率よく簡単に抽出できます。特に抽出工程中での脂質劣化に注意する必要のあるトランス脂肪酸や不飽和脂肪酸分析の脂質抽出に最適です。圧力および温度の範囲が広く、必要に応じて最大4種までの溶媒を混合させることができるので、安全かつ短時間での抽出が可能となり、医薬品中の活性物質の識別や天然物の抽出に適しています。具体的な用途としては、天然物や医薬品中の活性物質の品質管理などがあります。一般的なポリマー中の添加物分析において、従来の抽出法では、非常に長い抽出時間(12∼24時間)と大量の溶媒が必要となります。その点高速高圧抽出装置では抽出時間が少なくてすみ、溶媒使用量も少なく抑えることが可能です。さらに多検体抽出のメリットを活かし、バッチ式プロセスでの品質管理に理想的な抽出ソリューションになります。主なアプリケーションとして、可塑剤や添加剤の抽出などに適しています。ステップ1ステップ2

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

いつでもどこでもカタログを iCata