SIBATA総合カタログ 2800号 246-247(248-249)

概要

  1. 抽出
  1. 246
  2. 247

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
温度範囲30~200℃±3℃圧力範囲50~150bar±5bar必要ユーティリティ窒素接続  6~10bar  純度99.99%~99.999%(ボンベも使用可)溶媒コントローラー4種類または2種類混合可能溶媒ポンプの流量1~50mL/min抽出セルのサイズE-916:10、20、40mLE-914:40、80、120mL捕集バイアル/ボトルのサイズ60mL(平底)220mL(丸底)240mL(平底)溶媒またはサンプルに接触する材質EP、FFPM、PEEK、PTFE、金属、セラミック、ガラスインターフェイスUSB2.0消費電力最大1500W(AC100V使用時)電源AC100~240V±10% 50/60Hz寸法・質量670(W)×500(D)×725(H)㎜・90㎏高速高圧抽出装置 E-916型、E-914型SpeedExtractors,ModelE-916,E-914高速高圧抽出装置は6サンプルを最短20分で抽出し、溶媒使用量は最小限に抑えることができます。経済的で環境にも優しい抽出装置です。特徴●短時間で抽出 最大6サンプルを最短20分で同時多検体抽出が可能●簡単で優れた自動シーリングシステム 最終のシーリングは自動で行うため、誰でも確実に行えます。●低ランニングコスト 溶媒使用量はサンプルあたりわずか5~200mLで、消耗品・可動パーツ数が少なく低ランニングコスト●高度な自動化 お客様自身で行うマニュアル操作の削減と安全性の向上●廃液は専用の廃液ボトルへ回収される洗浄プロセスが組み込まれているため、クリーニングが容易●柔軟な抽出条件設定 温度設定30~200℃、圧力設定50~150barまで可能サンプルの容量に応じて10~120mLの抽出セルおよび、60mL、240mLの平底捕集バイアル、220mLの丸底捕集ボトルの選択が可能高速・高圧による革新的な抽出方法■アプリケーション例●環境分析 高圧による抽出法は、すでに多くの国で環境分析の幅広い用途に使用されています。●食品分析 食品中の一般的な脂質の定量だけでなく、残留農薬、ダイオキシン、またはフランの残留物や香料の検出法として欧州およびアジア諸国で認知されています。●高分子、ポリマーの品質管理やその添加剤分析 高速高圧抽出装置では抽出時間が少なくてすみ、溶媒使用量も少なく抑えることが可能です。 可塑剤や添加剤の抽出、ポリマー構造の特性化検討などに適しています。●医薬品と天然物 医薬品中の活性物質の識別や天然物の抽出に適しています。E-916型仕様品目コード型式サンプル数溶媒コントローラー抽出セル価格¥SZF34511-516012E-91662種混合用10mLご照会ください-51602220mL-51604240mL-5160144種混合用10mL-51602420mL-51604440mL-514042E-91442種混合用40mL-51408280mL-514122120mL-5140444種混合用40mL-51408480mL-514124120mL246合成・反応多検体濃縮ロータリーエバポレーターガラスチューブオーブン真空制御真空ポンプウォーターバス・恒温水槽純水・蒸留水インキュベーター・フリーザー加熱器撹拌粉砕スプレードライヤーカプセル化分取クロマト窒素・たんぱく灰化融点真空計2科学機器No.2800/2019-2020低温循環水槽抽出
右ページから抽出された内容
多検体抽出のメリット「サンプルの準備」⇒「多検体抽出」⇒「多検体蒸留」までの6ステップ混合された溶媒はポンプによって高圧(最大150bar)でそれぞれの抽出セルに送られ加熱されます(最大200℃)。抽出後の溶媒はバイアルもしくはボトルに集められるので、サンプルを移し替えることなく、すぐに多検体パラレルエバポレーター“マルチベーパー”で蒸留できます。結果として、6サンプルをまったく同じ条件で一度に処理できます。※マルチベーパーは169ページをご参照ください。❶加熱ブロックは簡単に引出すことができ、抽出セルグリッパーで抽出セルを取り付けます。❷保護シールドを閉じてボタンを押すと、セルが自動的に密閉され、6検体(または4検体)が抽出されます。❸抽出された溶媒は捕集バイアル/ボトルに同時に集められます。捕集ユニット全体をワンタッチで取り外すことができます。❹サンプルを移し替えることなく、捕集バイアル/ボトルを直接、多検体パラレルエバポレーター“マルチベーパー”に移すことができます。❺多検体パラレルエバポレーター“マルチベーパー”のオリジナルシーリングシステムとバキュームカバーにより、3種類の捕集バイアル/ボトル(60、220、240mL)を個別に密閉でき、多検体を一度に処理できます。❻①②③溶媒ボトル溶媒ポンプ使用ポジションバルブ圧力計抽出セル捕集バイアル/ボトル廃液ボトル多検体パラレルエバポレーター“マルチベーパー”分析サンプルの移し替え作業はなくそのままのバイアル/ボトルで!加熱ブロック抽出セルのサイズに合ったサンプル注入用ロートを使用してサンプルを簡単に手早く準備します。START247合成・反応多検体濃縮ロータリーエバポレーターガラスチューブオーブン真空制御真空ポンプウォーターバス・恒温水槽純水・蒸留水インキュベーター・フリーザー加熱器撹拌粉砕スプレードライヤーカプセル化分取クロマト窒素・たんぱく灰化融点真空計2科学機器No.2800/2019-2020低温循環水槽抽出

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata