SIBATA総合カタログ 2800号 274-275(276-277)

概要

  1. 理化学用ガラス
  1. 274
  2. 275

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
■すぐれた化学特性■ハリオガラスの特性および比較表■国際水準の「ハリオ-32」ガラス■組成 表-1■耐熱性■均質性■細工(加工)の容易性 ハリオガラスについて「ハリオ-32」ガラスは永年にわたって、株式会社ハリオ研究所が研究を重ねて完成した低膨張係数のほうけい酸耐熱ガラスです。JISR3503で規定されたほうけい酸ガラス-1の規格で、化学的耐久性および物理的特性にすぐれ、理化学素材として卓越したガラスで、ドイツDURAN,WHEATONandKIMBLE(DWKLifeSciencesInc.:旧DURANGroup)のDURAN®や、米国CORNING社のPYREX7740®GLASSと完全溶着が可能です。ハリオとは、ガラスの王様“玻璃王”という意味です。※玻璃=ガラスの古称「ハリオ-32」ガラスには、鉛、亜鉛、カドミウムなどの重金属はもちろん、ふつう一般に泡切り剤として常用されている亜砒酸やアンチモンなどはいっさい含まれず、重要な化学分析に安心してご使用いただけるガラスです。「ハリオ-32」のガラス成分組成は表-1をご参照ください。「ハリオ-32」ガラスは120℃の温度差ショックに耐えられることでわかるように、熱の急変に高い抵抗を示します。「ハリオ-32」クラスのガラスは、けい酸が多く溶融が非常に困難であるとの定説がありますが、「ハリオ-32」ガラスは独自の技術で開発したタンク炉で溶融しています。そのため、ルツボ窯で溶かされたふつうのガラスに比べ、均質です。SiO2B2O3Na2O+K2OAl2O381%13%4%2%ハリオガラス一般硬質ガラス急熱、急冷によく耐えますので、加工時の破損による不良率が低く、加工速度を急速に増大でき、非常に経済的です。比重d1542.232.30歪点℃520500徐冷点℃560520軟化点℃820780転移点℃530—膨張係数×10-7/℃3246274ガラス器具/体積計3接手管・栓ビーカー・フラスコセパラブル試験管・沈殿管連結管受器トラップ分留管・冷却器公定分析(JIS)公定分析(衛生試験)公定分析(局方他)公定分析(ガラス部品)カラム分液ロート・ガラスロートろ過器メンブレンフィルターびんデシケーター培養容器粘度計体積計についてピペットメスシリンダー・メスフラスコビュレット分注器一覧ハンディピペット卓上型分注器実験用補助器具No.2800/2019-2020理化学用ガラス
右ページから抽出された内容
■転移点:530℃■徐冷点:560℃■軟化点:820℃■直接通電式ガラス熔融炉素材は直接通電式ガラス溶融炉で溶融され、ガラスの均質性が優れていますので、その製品は安心してご利用いただけます。また、直接通電式ガラス溶融炉は、無公害高能率電気炉として高く評価されています。直径0.55〜0.75㎜、長さ23.5㎝の均一なグラスファイバーの上部10㎝を5℃/minの割合で加熱したとき、ガラスが自重により1㎜‌/‌minの割合で伸びるときの温度です。徐冷温度域の最高点の温度です。この温度ではガラス内部の歪みは実質的に15分間でなくなります。ガラスを4℃/minの割合で加熱したとき、膨張係数が急激に大きくなり始めるときの温度です。■歪点:520℃ガラス内部の歪みが4時間以内に消える温度で、いわゆる徐冷温度域の最低点です。■工学的特性軟化点徐冷点転移点歪 点作業点820℃560℃530℃520℃1240℃■作業点:1240℃ガスバーナーで、高温加工を行うのに適した軟性を示す温度です。このときの粘度は104Poiseです。ガラスの耐熱性とは耐熱温度差によって示されます。実験室、研究室などではガラス器具で急激に低温から高温に加熱したり、薬品の反応により急激な温度上昇をすることがあります。さらに高温から急激に低温まで冷却する場合もありますが、このときガラス器具が破損しますと、研究が無駄になるばかりでなく、人身に危険をおよぼすことさえあります。したがって温度の急変に十分耐えることが必要になります。「ハリオ-32」は膨張係数の小さいガラスですから急熱、急冷による伸び縮みも少なく、したがって耐熱性も改善されています。比   熱:0.20cal/g・℃(20〜100℃)熱伝導度:0.0026cal/㎝・sec・℃(常温で)比   重:2.23g/㎝3アルカリ溶出量:0.075mL/g(JISR3503準拠)※アルカリ溶出量は、空試験結果を差し引いた試料1g当たりの0.005mol/L硫酸の消費mL数■物理的特性 化学的特性トランスガラス(1700℃)電極原料カンタル発熱体電極275ガラス器具/体積計接手管・栓ビーカー・フラスコセパラブル試験管・沈殿管連結管受器トラップ分留管・冷却器公定分析(JIS)公定分析(衛生試験)公定分析(局方他)公定分析(ガラス部品)カラム分液ロート・ガラスロートろ過器メンブレンフィルターびんデシケーター培養容器粘度計体積計についてピペットメスシリンダー・メスフラスコビュレット分注器一覧ハンディピペット卓上型分注器実験用補助器具3No.2800/2019-2020理化学用ガラス

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata