SIBATA総合カタログ 2800号 276-277(278-279)

概要

  1. 理化学用ガラス
  1. 276
  2. 277

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
■物理的特性熱線膨張係数転移点徐冷点軟化点作業点短期最高許容使用温度密度弾性率(ヤング率)ポアソン比熱伝導度3.3×10−6/K(20〜300℃)ISO7991525℃560℃825℃1260℃500℃2.23g/㎝3(25℃)64×103N/㎜20.21.2W/m・K(90℃)■化学的耐久性DURANⓇ(ほうけい酸ガラス-1)についてドイツのDURANⓇは、ほうけい酸ガラス(ISO3585による通称ほうけい酸ガラス3.3)を代表するものです。DURANⓇは2、3の例外を除けば、化学的に安定ですぐれた耐食性を示します。その平滑な小孔のない表面は沈着物やスケールの付着を防ぎ、またその透明性によってプロセスの連続的な観察もできます。線熱膨張係数は非常に小さいので、耐熱性にすぐれています。(α=3.3×10−6/K)このような特徴からDURANⓇは化学工業、製薬工業などの実験室から生産工場に至るまで使用され、世界的に評価されています。DURANⓇは、水、酸、塩の水溶液および有機物に対して強く、またほとんどの金属およびほかの材質よりすぐれています。フッ酸、濃リン酸および強アルカリ溶液はガラス表面を侵します。■温度変化耐久性温度変化耐久性とは、熱い試料と冷たい水(室温)との温度衝撃で、試料の半数にひびが入ったときの温度差です。ガラス管、キャピラリーおよびガラスロッドの温度変化耐久性はガラスの肉厚、形状、表面特性、弾性および両端処理によって影響されます。ガラスを不均等または急速に加熱したり冷却したりすると、付加される熱応力のために割れてしまいます。120℃以上の温度差を超えないように注意が必要です。さらにガラスが厚い場合、許容温度差は一段と小さくなります。■組成 SiO2 B2O3 Na2O+K2O Al2O3 81% 13% 4% 2%耐水性クラス(ISO719)耐酸性クラス(DIN12116)耐アルカリ性クラス(ISO695)HGB1クラスS1クラスA2normalityoftheacids0,0300,010,02018246810121416layerattack[μm]HClH2SO4HNO3CH3COOHtemperature[100℃]time:16hAcidattackonborosilicateglassasafunctionofacidconcentration.01020304050607080901000,51,01,50temperature[℃]layerattack[m]base:c(NaOH)=1mol/ltime:1hAlkaliattackonDURANasafunctionoftemperature.■光透過性0010020030040050060070080090010001100Transmission[%]102030405060708090100wavelength[nm]ultravioletrangevisiblerangeinfraredrange5000mlclear500mlclear5000mlprotect500mlprotect5000mlamber500mlamber0,030,020,0102468hmgNa2O/gglassgrainHydrolyticattackonDURANasafunctionoftime(100℃)approx.toISO719.276ガラス器具/体積計3接手管・栓ビーカー・フラスコセパラブル試験管・沈殿管連結管受器トラップ分留管・冷却器公定分析(JIS)公定分析(衛生試験)公定分析(局方他)公定分析(ガラス部品)カラム分液ロート・ガラスロートろ過器メンブレンフィルターびんデシケーター培養容器粘度計体積計についてピペットメスシリンダー・メスフラスコビュレット分注器一覧ハンディピペット卓上型分注器実験用補助器具No.2800/2019-2020理化学用ガラス
右ページから抽出された内容
■組成 SiO2 B2O3 Na2O Al2O3 BaO CaO 75% 10.5% 7% 5% <<1% 1.5%■化学的耐久性■ガラス体積計用素材としてみた場合DUROBAXⓇガラスについて体積計に用いるガラスは、分相性のないものでなければなりません。一般的なビュレットやメスピペット、ホールピペット類は、ToDeliver(出用)製品として用いられますが、一番大切なことは排出時の液切れです。この液切れは、ほうけい酸ガラスよりも、並質ガラスがよいといわれていますが、並質ガラスでは耐ヒートショックや耐薬品にとぼしくアルカリ溶出量も多いことから、ガラス体積計用としては不向きです。当社のガラス体積計はDUROBAXⓇ素材を用いて製造しています。DUROBAXⓇは化学的安定性にすぐれた、液切れのよいガラス体積計専用の素材です。 液切れ 耐薬品性 アルカリ溶出 耐熱性 加工性 DUROBAXⓇ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ほうけい酸ガラス-1 △ ◎ ◎ ◎ ○ 並質ガラス ◎ △ × × △◎きわめてよい ○よい △やや劣る ×劣る耐水性クラス(ISO719)耐酸性クラス(DIN12116)耐アルカリ性クラス(ISO695)HGB1クラスS1クラスA2■物理的特性熱線膨張係数転移点徐冷点軟化点作業点密度4.9×10−6/K(20〜300℃)ISO7991565℃565℃785℃1165℃2.34g/㎝3(25℃)277ガラス器具/体積計接手管・栓ビーカー・フラスコセパラブル試験管・沈殿管連結管受器トラップ分留管・冷却器公定分析(JIS)公定分析(衛生試験)公定分析(局方他)公定分析(ガラス部品)カラム分液ロート・ガラスロートろ過器メンブレンフィルターびんデシケーター培養容器粘度計体積計についてピペットメスシリンダー・メスフラスコビュレット分注器一覧ハンディピペット卓上型分注器実験用補助器具3No.2800/2019-2020理化学用ガラス

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata