SIBATA総合カタログ 2800号 508-509(510-511)

概要

  1. 特殊実験
  1. 508
  2. 509

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
鼻部ばく露感染実験装置仕様ばく露方式鼻部ばく露方式使用動物マウス(20g前後)使用匹数60匹チャンバーステンレス製 φ200×430(H)㎜ 気積 8.6Lマウスホルダーガラス製ドラフトチャンバーステンレス製 発生器室、チャンバー室、各気密扉付排気加熱ヒーターAC200V 3φ 50Aネブライザー耐熱ガラス製、ステンレス製ノズル、冷却槽付給気処理HEPAフィルター 0.3μ 99.97%以上排気処理加熱滅菌装置 HEPAフィルター価格¥SZ15,000,000~鼻部ばく露感染実験装置 SIS-□IT型NoseExposureandInfectionTestEquipment,ModelSIS-□IT本装置は、マウスを使用したウイルスなどによる感染実験装置です。ばく露チャンバー本体はステンレス鋼製で、これに耐熱ガラス製のマウスホルダーが60本取り付けられています。これによってマウスの鼻部のみに効率よくばく露することができ、菌の拡散を防いで均一な感染が可能となっています。また排気には加熱装置が組み込まれており、加熱滅菌した排気を外部に放出します。特徴●本装置は各種の小動物に対するウイルスなどの経気道感染実験に使用されます。●従来の強制投与法と比較して再現性のよいデータが得られます。●鼻部ばく露方式のため菌の拡散が少なく、また完全密閉構造であり安全な実験ができます。●マウスホルダーは耐熱ガラス製であり、内部観察や洗浄もでき、オートクレーブ滅菌も可能です。●本装置ではマウスが最大60匹まで同時感染ができ、均一な結果が得られます。●ネブライザーにホルマリン液を使用し、チャンバー内の消毒も可能です。508動物・環境試験装置動物実験概要吸入装置発生器・モニター特殊実験飼育装置魚類試験環境試験フィルター試験JIS粉体5No.2800/2019-2020
右ページから抽出された内容
細菌ばく露装置仕様チャンバー耐熱ガラス製培養棚ステンレスワイヤー製シャーレφ90×15枚発生器アルミブロックヒーター(温度調節計付常温~200℃)流量計0.6~6L/min排気処理粒状活性炭塔価格¥SZご照会ください細菌ばく露装置GasExposureTestEquipmentforBacteria本装置は、気体または蒸気状化学物質の細菌復帰変異試験を目的としたガスばく露装置です。試験方法はバクテリアを代謝活性化系の存在下および非存在下で試験物質にばく露させた後、最小寒天培地に播いて平板にし適切な期間培養します。復帰変異コロニーを数え対照の平板上に生育する自然誘発の復帰変異数と比較するもので、試験物質の発生器とガラスばく露チャンバーとセットします。特徴●本装置はいろいろな蒸気状化学物質の変異原生試験に使用できます。●装置はガス発生部、ばく露チャンバー部、排気処理部がコンパクトにセットしています。●寒天培地は最大12枚で、同時ばく露が可能です。●ガス発生部は最大200℃まで設定でき、安定した温度が保てます。●ばく露チャンバーはガラス製で、フィッティングは密閉構造です。●排気は活性炭塔で浄化し排出します。509動物・環境試験装置5動物実験概要吸入装置発生器・モニター特殊実験飼育装置魚類試験環境試験フィルター試験JIS粉体No.2800/2019-2020

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata