SIBATA総合カタログ 2800号 48-49(50-51)

概要

  1. マスク試験
  1. 48
  2. 49

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
研究・開発・品質管理用の測定装置※右上棚上の微差圧計はオプションです。排気弁作動気密試験装置ExhalationValveTester本装置は防じんマスク(JIS・T8151)に使用される排気弁の作動気密を調べるもので、1L/minの流量で吸気し、排気弁の閉鎖による弁内の減圧程度を調べ内部圧力が大気圧になるまでの時間を測定する装置です。基本構成は、水を用いたマノメーター内の水位が弁と弁座の気密性によって一定量変化する時間を求め評価するもので、減圧状態を作るためのポンプ、吸引流量を設定する流量計、圧力変化を表示するマノメーター(U字管)、マノメーター内の液面レベルを検知する光ファイバーセンサー3個、光ファイバーセンサー間を液面が移動する時間を求めるタイマーで構成されています。捕集効率測定装置 AP-632F型Respiratorfiltercollectionefficiencytester,ModelAP-632F本装置は、防じん用半面マスク、フィルターカートリッジ、吸収缶など、試験片の粉じん捕集効率と通気抵抗を測定し、その試験片の性能を迅速に求め評価することを目的とした装置です。捕集効率測定は光散乱光量積分方式を用いたデジタル粉じん計AP-632F型を用い、試験粉じんを設定流量で吸引口のモーターバルブより取り入れ、試験用ボックスに装着した試験片の上流側粉じん濃度と下流側粉じん濃度をデジタル粉じん計で、その時の通気抵抗を精密微差圧計で計測することができます。なお、データ処理装置を接続しますと捕集効率と通気抵抗の演算処理をし、測定結果の表示、保存、印刷をすることができ、更に測定条件を設定することにより測定値に対して良否判定も可能となります。仕様型式AP-632F測定対象半面マスク、フィルターカートリッジ、吸収缶など測定原理光散乱光量積分方式(捕集効率)、可変静電容量センサー式微差圧計(通気抵抗)測定感度D1:1CPM=0.001㎎/m3、D2:1CPM=0.001㎎/m3(捕集効率)、通気抵抗:1Pa測定範囲捕集効率:0〜100%、通気抵抗:0〜1999Pa設定流量30〜85L/minデータ記録捕集効率値、通気抵抗値電源AC100V 50/60Hz 20A寸法・質量約600(W)×460(D)×1680(H)㎜(測定部)、約50㎏価格¥SZご照会ください仕様測定方法光ファイバーセンサーによる液面検知とセンサー間の時間測定マノメーター材質及び範囲ガラス、0~2000Pa液面レベル検出方式光ファイバーセンサー光ファイバーセンサー検出距離最大50㎜ (標準検出物体 白紙)タイマー測定時間設定範囲0.01~99.99秒流量計0.2~2.0L/min(ニードルバルブ付)吸引ポンプ最大排出風量6.0L/min以上、吸引圧0.016MPa以上使用環境0~40℃ 0~90%RH (結露なきこと)電源AC100V 50/60Hz 1A寸法510(W)×320(D)×360(H)㎜価格¥SZご照会くださいAP-632F型(例)排気弁作動気密試験装置48環境測定機器概要粉じん測定環境測定セット大気降下物粉じん試験ミニポンプエアサンプラーアスベスト測定ろ紙ガス固体捕集ガス液体捕集ガス直接捕集風速測定温熱測定照度水質測定残留塩素濁度・色度・透視度細菌試験有効塩素油脂検査水分活性1参考資料No.2800/2019-2020マスク試験
右ページから抽出された内容
均一な粒子を大量に作り出せる装置粒子発生装置 AP-9000G型(NaCl)NaClParticlesGenerator,ModelAP-9000G(NaCl)粒子発生装置 ラテックス/PG-L2型ParticlesGenerator,ModelPG-L2本装置は、塩化ナトリウムの単分散粒子を、連続して安定した状態で発生・供給することができます。粒子の発生系は、NaCl溶液を加圧空気により破砕分散させ、発生したミストを分級後、常温の乾燥空気と混合して粒子を生成します。粒子を長時間安定して発生するようにミスト発生部の稼動条件を一定に保つ工夫がされています。ラテックス粒子発生装置(PG-L2型)は、一定量のラテックス懸濁液をアトマイザー(霧吹器)に循環させ、一定の加圧空気で噴霧し、生成した液滴をシリカゲルを通した乾燥空気によって乾燥させ、単分散の均一な粒子を発生させます。エアロゾルや粉じん測定の標準試料として、また、較正用に利用されます。特徴●労働安全衛生法に基づく防じんマスクの性能試験(平成12年改定)用粒子発生装置として使用できます。●粒子発生装置として各種の粉じん試験用に使用できます。●常温で粒子生成するので、当社の加熱乾燥法に比べ小型、軽量、省エネルギー化されています。●ミスト発生部を試料タンク内に設置しているため、試料交換時にミスト発生部のメンテナンスが同時にできます。仕様型式AP-9000G(NaCl)発生方法加圧空気による噴霧と常温乾燥による粒子発生発生量約30㎎/m3 試料タンク 5L粒子径中央値0.06μm~0.1μm 幾何標準偏差1.8以下必要空気量200L/min電源AC100V 50/60Hz 3A寸法590(W)×570(D)×770(H)㎜質量約76㎏価格¥SZご照会くださいAP-9000G型(NaCl)仕様型式PG-L2発生方法加圧空気とアトマイザーによる機械的分散発生量および粒子径ラテックスの特性による(濃度、平均粒子径、標準偏差など)必要空気量5~50L/min(希釈流量)電源AC100V 50/60Hz 100VA寸法445(W)×385(D)×841(H)㎜価格¥SZご照会くださいPG-L2型例49環境測定機器概要粉じん測定環境測定セット大気降下物粉じん試験ミニポンプエアサンプラーアスベスト測定ろ紙ガス固体捕集ガス液体捕集ガス直接捕集風速測定温熱測定照度水質測定残留塩素濁度・色度・透視度細菌試験有効塩素油脂検査水分活性1参考資料No.2800/2019-2020マスク試験

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata