SIBATA総合カタログ 2800号 534-535(536-537)

概要

  1. 平衡蒸留
  2. 連続式
  1. 534
  2. 535

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
オスマー平衡蒸留装置は、サンプル液と平衡関係にある蒸気の組成を知るための気液平衡蒸留装置です。与えられたカラムの理論段数を求めるため、また特別な目的に適したカラムを設計するための基礎データを作成するために欠かせない装置です。また、混合液体(二相に分離する試料は対象外)から揮発性物質を除くための、蒸留装置の設計資料作りに必要な装置でもあります。Ⅰ型本体図B型本体図C型本体図オスマー平衡蒸留装置 I型セットVapor-LiquidEquilibriumDistillingApparatus,OthmarTypeModel-I標準型で、常圧平衡蒸留を行うために必要な最低限度の部品を用意しております。蒸留部本体、ポット加熱用ヒーターおよび分縮防止用サイド・ヒーター、同スライダック、塔頂およびポット用温度計、冷却用配管などを金属製架台に、操作に便利なようにセットしてあります。金属架台付。オスマー平衡蒸留装置 B型セットVapor-LiquidEquilibriumDistillingApparatus,OthmarTypeModel-BI型のポケット底部を平滑にし、かつ内面にバッフルをつけています。またマグネチック・スターラーによる撹拌機能によりポット内液の突沸防止を図っており、安定した運転ができます。金属架台付。オスマー平衡蒸留装置 C型セットVapor-LiquidEquilibriumDistillingApparatus,OthmarTypeModel-Cポット側と別の留出液側にもマグネチック・スターラーを設けました。さらにポットの液組成を容易に変えられるよう、試料槽(300mL)を3コセットしました。この装置は常圧平衡蒸留に加えて減圧平衡蒸留も行えます。金属架台付。仕様装置名オスマー平衡蒸留装置型式Ⅰ型セットB型セットC型セット使用温度常温〜200℃常温〜200℃常温〜200℃使用圧力常圧常圧常圧接液部材質ほうけい酸ガラス、PTFEほうけい酸ガラス、PTFEほうけい酸ガラス、PTFEガラス本体容量150mL〜200mL150mL〜200mL150mL〜200mL加熱装置マントルヒーターマントルヒーターマントルヒーター攪拌装置ーマグネチック・スターラーマグネチック・スターラー温度計2式2式2式試料容器ーー300mL3個受器ー20mL、50mL各一式20mL2個使用周囲温度範囲5〜35℃5〜35℃5〜35℃外寸法(W×D×H㎜)615×500×1040(突起部含まず)770×500×1040(突起部含まず)915×500×1040(突起部含まず)質量約55㎏約60㎏約65㎏電源AC100V単相50/60Hz10AAC100V単相50/60Hz5AAC100V単相50/60Hz10A価格¥ご照会くださいご照会くださいご照会くださいNo.2800/2019-2020化学プラント装置6精密分留装置充填式原油蒸留平衡蒸留連続式分子蒸留精密分留用部品プラント装置概要接続方式反応装置蒸発濃縮装置蒸留装置抽出装置金属製プラントグラスライニング大型装置534
右ページから抽出された内容
■性能HO-C-500型(参考例)仕様型式HO-C-500蒸留塔オルダーショウ型、φ32㎜、真空外套付、10段4本、5段2本フィードロ塔接続部に移動可能(フィード予熱器付)リボイラーマントルヒーター加熱式、液面調節器付、容量1Lマントルヒーターリボイラー用650W、蒸留塔用500W還流比タイマー試料採取0~999秒、還流0~999秒フィード液仕様打ち合わせにより決定します温度記録計180㎜幅、6打点、0~300℃電源AC100V 約6kVA寸法本 体 1300(W)×800(D)×4000(H)㎜操作盤  750(W)×440(D)×1850(H)㎜価格¥SZご照会ください理論段数段数50段、段効率70~80%ホールドアップ約70mLスループットmax.約3.1L/hn-ヘプタン仕込量300~700mL使用圧力範囲FullVacuum〜常圧使用温度範囲常温~300℃圧力降下5.32kPa、60%操作ベンゼン用途連続処理、プラント設計資料※上記使用温度範囲は、蒸留フラスコ内温度です。注)従来、蒸留装置の圧力制御ならびに圧力測定用に使用していた「水銀マノメーター」類は、一切使用しておりません。水銀未使用の『工業用計器』を採用しています。連続式オルダーショウ型蒸留装置 HO-C-500型ContinuousFractionalDistillationApparatus,OldershawColumn,ModelHO-C-500連続式蒸留装置は蒸留塔の中間に設けたフィードロへ原料を注入しながら、塔頂と塔底からそれぞれ異なる組成の留出物を連続的に採取するのに用います。また、現場プラントの建設に際し、プラント設計資料の作成に欠くことのできない装置でもあります。塔の型式は段効率の計算を行いやすいようにオルダーショウ型蒸留塔を使用し、その組み合わせにより任意の段にフィードロを設けられるようになっています。なお、この装置は有機系試料の蒸留を想定して設計されています。水系試料をご使用になる場合はお問い合せください。特徴●パイロットプラント用として適していますプラント建設に先だって、サンプルを実装し、処理量および段数を決めることができます。●段効率の変化が少ない蒸留塔はオルダーショウ型のため段効率の計算が行いやすく、また処理量を変えても段効率はさほど変化しません。●ホールドアップが少ない充填式にくらべ安定時間が短いため、処理時間が短くてすみます。●フラスコ内の試料の液面を任意に調整できます液面制御により、フラスコ内の試料を一定に保つようになっています。また、運転中でも液面を任意に可変できます。●装置の組み替えができます互換性がありますので蒸留塔の組み替えやフィードロの移動が行えます。●ガラス製内部を見ることができますので分留のプロセスが確認できます。また、耐食性、保温性にすぐれています。●ヒーター制御すべてのヒーターが制御可能です。フラスコヒーター △PIC制御(ON-OFF制御) TIC制御(連続出力・PID制御) いずれか切り替えることができます。カラムヒーター TIC制御(ON-OFF制御)予熱器ヒーター TIC制御(連続出力・PID制御)No.2800/2019-2020化学プラント装置6精密分留装置充填式原油蒸留平衡蒸留連続式分子蒸留精密分留用部品プラント装置概要接続方式反応装置蒸留装置抽出装置金属製プラントグラスライニング大型装置蒸発濃縮装置535

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata