SIBATA総合カタログ 2800号 546-547(548-549)

概要

  1. 接続方式
  1. 546
  2. 547

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
■ガラスプラント部品の特徴 当社の工業用ガラスプラント部品は、ほうけい酸ガラス-1(JISR3802・ISO3585)を用いて設計・製作しています。 また従来のガラスの製造時に安易に使われたヒ素、アンチモンなどはまったく添加されていません。精選された原料のみを使用しているため、鉛などの有害金属なども含まれていません。■ガラスプラント部品の連結及びフランジ ガラス部品の連結方式は図-1のようにフランジ傾斜角度〔α〕が65°になっており、ガラス部にかかる力〔R〕は締付力〔F1〕とほぼ同じ(約1.1倍)で、本体に過剰な力を加えることなくフランジを締付けることができます。 また締金具の脱着が容易で、インサートがガラスに張付いて外れなくなることはありません。■フランジ端部の形状 ガラスフランジ端部の形状には次の3種類が有り、用途により使い分けることが可能です。 ①球面形状1型(ボール・タイプ) ②球面形状2型(ソケット・タイプ) ③平面形状3型(フラット・タイプ) 図-1のように球面フランジを用いた場合、最大±3°まで傾けて接続することができます。KFフランジ締付図①球面形状1型(ボール・タイプ)②球面形状2型(ソケット・タイプ)③平面形状3型(フラット・タイプ)図-1ガラスフランジ締め金具インサートフランジ角フランジ締付け力半径方向の力6500-Z21α=65°RF13°6°No.2800/2019-2020化学プラント装置6精密分留装置充填式原油蒸留平衡蒸留連続式分子蒸留精密分留用部品プラント装置概要接続方式反応装置蒸発濃縮装置蒸留装置抽出装置金属製プラントグラスライニング大型装置546
右ページから抽出された内容
●KFフランジの接続方法JIS規格フランジインサートBEIL………FインサートBEIL………FPTFEスペーサーPTFEベローズ FAL………合フランジAVER………インサートBEIL………K連結具SCHE………KパッキンDICH………T6500-Z23・金属フランジとの接続方法PTFEスペーサーインサートBEIL………K連結具SCHE………KパッキンDICH………T・スペーサーを挿入した時の接続方法No.2800/2019-2020化学プラント装置6精密分留装置充填式原油蒸留平衡蒸留連続式分子蒸留精密分留用部品プラント装置概要接続方式反応装置蒸留装置抽出装置金属製プラントグラスライニング大型装置蒸発濃縮装置547

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata