SIBATA総合カタログ 2800号 52-53(54-55)

概要

  1. マスク試験
  1. 52
  2. 53

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
様々な条件下で粉じん用マスクの試験が可能な装置マスク性能検査装置 AP-9000-D型DustRespiratorTestingApparatus,ModelAP-9000-Dマスク装着例本装置は、労働安全衛生法に基づく防じんマスクの性能試験(平成12年改定)に沿った試験が行えるAP-9000型をベースにし、従来のテストBoxを人頭が入るサイズに変更したものです。また、新たに希釈ユニットを増設する事により試験粒子であるNaClの試験濃度を従来の30㎎/m3程度から約0.5㎎/m3程度の低濃度まで調整することができ、捕集可能な粉じん容量が少ない市販品のマスクの試験にも利用することができます。データ収集には粉じんデータ処理システムを利用し、エクセル形式でデータ保存できますのでデータの整理や加工が非常に便利です。試験流量は、手動で20~85L/minまで可変することができますので、試験濃度と試験流量の組み合わせを変えることにより様々な条件下で試験を行うことができます。仕様型式AP-9000-D測定項目粉じん捕集効率、吸気抵抗、捕集量測定原理粉じん捕集効率:光散乱積分方式、吸気抵抗:インダクタンス方式測定感度NaCl0.1μm粒子感度 D1:1CPM=1μg/m3、D2:1CPM=0.5μg/m3、吸気抵抗:1Pa測定範囲粉じん捕集効率:0~100%、吸気抵抗:0~2000Pa試験粒子NaCl(バルブ切替により大気じんも可能)希釈倍率NaCl発生濃度に対し約3倍~約100倍程度  ※但し、環境・条件による試験流量20、30、40、85L/min(手動で20~85L/minまで設定可能)電源AC100V 50/60Hz 15A寸法粒子発生/希釈部 570(W)×660(D)×1570(H)㎜測定部      570(W)×660(D)×1400(H)㎜記録演算部    650(W)×630(D)×1350(H)㎜(全て突起物を除く)価格¥SZご照会ください※粒子発生部については粒子発生装置AP-9000G(NaCl)を別途ご参照ください。ブロックダイヤグラム大気じんクリーンエア用フィルターNaCI粒子発生部圧縮空気発生部(ご支給品)希釈・回収部空気清掃・調圧部手動バルブ(3方)モーターバルブ上流側検出器テストBox(人頭)データ収集ユニットPC下流側検出器プリンター回収フィルター回収フィルター吸引ブロワー回収ブロワー微差圧計自動は20、30、40、85LPMのみその他は手動52環境測定機器概要粉じん測定環境測定セット大気降下物粉じん試験ミニポンプエアサンプラーアスベスト測定ろ紙ガス固体捕集ガス液体捕集ガス直接捕集風速測定温熱測定照度水質測定残留塩素濁度・色度・透視度細菌試験有効塩素油脂検査水分活性1参考資料No.2800/2019-2020マスク試験
右ページから抽出された内容
研究・開発・品質管理用の自動化したマスク性能検査装置AP-9000型仕様型式AP-9000 検出部測定対象防じんマスク、マスク用ろ材測定項目粉じん捕集効率、吸気抵抗、負荷試験測定原理粉じん捕集効率:光散乱光量積分方式 吸気抵抗:半導体センサー測定感度NaCl0.1μm粒子感度、D1:1CPM=1μg/m3、D2:1CPM=0.5μg/m3   吸気抵抗:1Pa測定精度±1%以内測定範囲粉じん捕集効率:0~100% 吸気抵抗:0~1500Pa試験粒子NaCl設定流量20、30、40、42.5、85L/min合否判定設定粉じん捕集効率、吸気抵抗電源AC100V 50/60Hz 30A(最大)寸法測定部:590(W)×570(D)×1154(H)㎜  粒子発生部:590(W)×570(D)×770(H)㎜質量測定部:115㎏  粒子発生部:76㎏価格¥SZご照会ください※粒子発生部AP-9000G(NaCI)の仕様につきましては、49ページをご参照ください。マスク性能検査装置 AP-9000型DustRespiratorTestingApparatus,ModelAP-9000本装置は、労働安全衛生法に基づく防じんマスクの性能試験(平成12年改定)に沿った試験が行えます。粒子発生装置AP-9000G型と組み合わせて使用することで、NaClやDOP粒子によるマスクとマスク用フィルターの粉じん捕集効率と吸気抵抗の測定が連続してできます。測定の条件設定とデータ処理はパーソナルコンピューターで行い、負荷試験では粉じん捕集効率と吸気抵抗の変化を表示、データの記録もできます。特徴●労働安全衛生法に基づく防じんマスクの性能試験(平成12年改定)に沿った試験が行えます。●85L/minで粉じん捕集効率と吸気抵抗の測定ができます。●連続測定の状態をグラフに表示して変化が一目で見られ、プリントができます。●防じんマスクおよびマスク用フィルターの粉じん捕集効率と吸気抵抗の合否判定値が設定できます。■構 成●粒子発生部AP-9000G(NaCl)を使用します。(詳細は、粒子発生装置AP-9000Gをご参照ください)●測定部光散乱光量積分方式を測定原理をする濃度検出器で、試験体の上流側と下流側の粒子濃度を同時に測定し捕集効率を評価します。また同時に微差圧計で試験体の吸気抵抗を測定します。●記録演算部パーソナルコンピューターを用い測定系の条件設定と測定データの表示、記録を行います。試験粒子の堆積による捕集効率と吸気抵抗の変化を測定毎に画面に表示、プリンターで印刷もできます。53環境測定機器概要粉じん測定環境測定セット大気降下物粉じん試験ミニポンプエアサンプラーアスベスト測定ろ紙ガス固体捕集ガス液体捕集ガス直接捕集風速測定温熱測定照度水質測定残留塩素濁度・色度・透視度細菌試験有効塩素油脂検査水分活性1参考資料No.2800/2019-2020マスク試験

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata