SIBATA総合カタログ 2800号 134-135(136-137)

概要

  1. 細菌試験
  1. 134
  2. 135

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
一般細菌試験紙(100枚入)各滅菌済パック入りで簡単操作■判定1. 培養後、細菌はスポット(斑点)として現われます。2. 各試験紙は、スポット数の平均で、推算判定します。3. 試験終了後の試験紙は、必ず焼却してから廃棄してください。・生活環境水のスクリーニング試験・プール水、浴場水などのスクリーニング試験・工場排水などのスクリーニング試験・乳製品以外の一般食品検査水のスクリーニング試験一般細菌試験紙(25枚入)■用途・牛乳、飲料水、生鮮食品、冷凍食品などの各種飲食品のスクリーニング試験・食品加工施設の検査水スクリーニング試験・プール水、浴場水などのスクリーニング試験・工場排水、畜舎排水などのスクリーニング試験■用途仕様品目コード構 成価格¥SE080510-302滅菌済パック入100枚10,500-3020滅菌済パック入25枚2,800※細菌試験紙用恒温器“カルボックスCB-101型”は222ページをご参照ください。仕様品目コード構 成価格¥SE080510-301滅菌済パック入100枚10,500-3010滅菌済パック入25枚2,800※細菌試験紙用恒温器“カルボックスCB-101型”は222ページをご参照ください。一般細菌試験紙 滅菌済パック入TestPapersforGeneralBacteria大腸菌群試験紙 滅菌済パック入TestPapersforColiformGroup,GeneralBacteriaこの一般細菌試験紙は発色剤としてTTCを成分とした試験紙による簡易試験法で、とくに専門知識を必要とせず、容易に一般細菌の検査ができます。検液1mLを試験紙に滴下、または検液に浸漬し恒温器(37℃)で培養後スポット数の平均を判定するだけの簡単な操作です。また、未開封状態で冷暗所なら2年間保存できます。特殊処理をした試験紙による細菌の簡易試験法で、検液1mLを試験紙に滴下、または検液に浸漬し恒温器(37℃)で培養後スポット数の平均を判定するだけの簡単な操作です。また、未開封状態で冷暗所なら2年間保存できます。特徴●操作が簡単です。●一般細菌は試験紙上に培養された赤いスポットとして計数できます。●湿気のない冷暗所では長期間保存が可能(未開封状態)です。●EOG滅菌済パック入りです。特徴●操作が簡単です。●大腸菌群は試験紙上に培養された赤いスポットとして計数できます。●湿気のない冷暗所では長期間保存が可能(未開封状態)です。●EOG滅菌済パック入りです。大腸菌群試験紙(100枚入)大腸菌群試験紙(25枚入)134環境測定機器1No.2800/2019-2020概要粉じん測定環境測定セット大気降下物マスク試験粉じん試験ミニポンプエアサンプラーアスベスト測定ろ紙ガス固体捕集ガス液体捕集ガス直接捕集風速測定温熱測定照度水質測定残留塩素濁度・色度・透視度細菌試験有効塩素油脂検査水分活性参考資料
右ページから抽出された内容
SCI-13型コンパクトインキュベーター SCI-13型CompactIncubator,ModelSCI-13微生物・細菌類の発育促進に適し、細菌一般試験法、汚染指標細菌試験法、食中毒菌の試験法など、各種試験法での培養過程に適したインキュベーターです。細菌試験用恒温器 カルボックス CB-101型ThermostatforTestofBacteria"CALBOX"ModelCB-101本器の設置寸法はB5サイズの用紙より小さく、槽内は37℃(固定)に保たれるように設計されています。各種細菌試験紙の培養ができるパーソナルタイプのミニインキュベーターです。特徴●試験紙は40枚まで入ります。●外から温度計にて培養温度の確認ができます。※詳しくは222ページをご参照ください。CB-101型■操作方法特徴●微生物・細菌類の発育促進に適し、細菌一般試験法、汚染指標細菌試験法、食中毒菌の試験法等、各種試験法での培養過程に使用することができます。●槽内は一度に12個のシャーレを培養することができます。●200×200㎜とワイドな観察窓を用意。扉を閉じたままでも、培養状況が奥まで見られます。※詳しくは222ページをご参照ください。品目コード品 名価格¥SE080510-32細菌試験用恒温器 カルボックス CB-101型23,000品目コード品 名価格¥SE051620-13コンパクトインキュベーター SCI-13型98,000①滅菌パックのチャックを開き、試験紙をパックの外側から押し上げ、ミシン目の上部をパックの外に出します。③試験紙の入ったパックを平らな場所に置き、指の腹でパックの上から軽く押さえるようにして、中の空気を抜き、パックと試験紙を密着させてチャックを閉じます。※この時、試験紙に吸着させた検液を押し出さないように注意してください。恒温器(37℃)試験紙④滅菌パックに密封した試験紙を、そのまま恒温器(37℃)に入れ、所定の時間培養します。大腸菌群試験紙……15時間一般細菌試験紙……24時間⑥検査が終了したら、試験紙を焼却処分してください。切り取る②パックの外に出した試験紙のミシン目から上部を切り取ります。ピペットの先をパックに入れ、検液1mLを試験紙に均一にしみこませます。試験紙のミシン目の上部を持って、滅菌パックから試験紙を取り出します。検液中に試験紙をミシン目のところまで一気に浸した後、ただちに取り出します。余分な検液をよく落とします。試験紙をミシン目の下部がチャックの下になるようにパックに入れ、ミシン目の上部を切り取ります。切り取る●ピペットを使用する場合●検液に浸す場合⑤コロニーを数える場合は、パックの上からペンで印をつけながら数えます。両面で同じコロニーを数えないよう、また、内部のコロニーを数えるために、光を当てて透かしながら数えてください。培養後、恒温器からパックに入れたまま試験紙を取り出します。培養した菌は、赤色コロニーとなって現れます。注)一般的に試験紙は、1検体につき5枚程度使用し、そのコロニー数の平均を求めるか、あるいは陽性枚数を見ます。検液135環境測定機器1No.2800/2019-2020概要粉じん測定環境測定セット大気降下物マスク試験粉じん試験ミニポンプエアサンプラーアスベスト測定ろ紙ガス固体捕集ガス液体捕集ガス直接捕集風速測定温熱測定照度水質測定残留塩素濁度・色度・透視度細菌試験有効塩素油脂検査水分活性参考資料

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata