ガラスチューブオーブン(クーゲルロール) Sec:1(1)

概要

  1. Sec:1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
少量のサンプルを減圧下で、蒸留、分留、乾燥、昇華をするための真空加熱装置です。減圧下で回転、加熱ができますので、熱過敏物質や高沸点物質の処理を簡単に迅速に行うことができます。高沸点化合物や少試料の蒸留に用いられ、クーゲルロールとも呼ばれています。ガラスチューブオーブンとはGTO-3000/GTO-2000/GTO-1000/GTO-200型GLASSTUBEOVEN(KUGELROHR)GTO(=ガラスチューブオーブン。又の名をクーゲルロール)を、もっと皆様に知っていただこうと、試料球の国から現れたGTOの妖精、クー・ゲルオ。ホームページでは、クー・ゲルオがGTOをより詳しく解説しています。是非ご覧ください!小型真空加熱装置ガラスチューブオーブン(クーゲルロール)

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata