食品衛生管理・分析機器ダイジェスト 4-5(4-5)

概要

  1. 油脂試験・安全管理
  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
4油脂試験●POV試験紙(過酸化物価試験紙)常温で液体の食用植物油の過酸化物価(POV)を簡単に測定できます。全操作時間約4分の簡易測定です。品目コード測定値入数価格¥080570-8110、10、30〜(50)50枚7,500油脂の種類公定法POV試験紙サラダ油1.00サラダ油9.610紅花油11.210ショートニング8.70~10ごま油(白)42.110~30ラード31.830~50●過酸化物価測定キット POVテスター油で処理した食品や油脂分の多い種実類は長期にわたり保存すると、空気中の酸素や湿気、熱、光などの作用により、不快な臭いを発し、味が劣化して商品価値が低下します。本製品は、これらの原因となる過酸化物価(POV)を短時間で簡易的に測定します。測定したいPOV値に合わせて型式をお選びください。過酸化物価品目コード080570-85080570-86型式5型低濃度型測定項目油脂加工食品及び種実類の過酸化物価測定範囲5、10、20、30meq/㎏2、4、8meq/kg測定原理ヨウ素でんぷん反応付属品発色ろ紙100枚、試薬9mLアルミ箔250枚、カラーチャート1枚※価格¥11,000■本製品以外にご準備いただくもの・粉砕機や乳鉢(サンプルを細かくできるもの)・ホットプレート(70℃に加熱できるもの)・分注器(30μLが分注できるもの) ・分注器チップ・洗浄びんに入った純水 ・ピンセット ・薬さじ・天秤(0.1gから測定できるもの)■使用方法(低濃度型の場合)①試験部全面に油脂が付くように浸し、縁で余分な油を素早く除きます。②正確に3分間放置して、純水または水道水の流水で、試験部の油を静かに取り除きます。③試験部表面の油を取り除いたら、流水から出して水を払い、平坦な場所に20秒間置きます。④20秒間放置した後、標準色見本と比較し、POVを判定します。標準色見本過酸化物価値01030(50)■標準色見本■使用方法■公定法との相関例●TBA試験紙 50枚入TBA(ThiobarbituricAcid)は、油脂の過酸化生成物と反応して、赤色色素を生じます。本試験紙のTBA値は、大豆油などの食用植物油の過酸化脂質、あるいは油脂加工食品中の過酸化脂質が分解によって生じる2次生成物の量的目安となります。判定基準の基準物質は、TEP(テトラエトキシプロパン)です。品目コード080570-411品名TBA試験紙測定範囲 0(TBA値0)、1(TBA値20)、 2(TBA値40)、3(TBA値80)、 4(TBA値160)構成試験紙 50枚 標準色見本白色プレート 1枚価格¥4,000※測定の際は、試験紙に水蒸気を当てて2分間の加熱が必要です。試験紙白色プレート①サンプルを粉砕します。⑥3分間加熱します。⑦30秒後にカラーチャート確認。 過酸化物価測定値を判定します。⑤アルミ箔1枚とサンプルを取り除き、ろ紙に液体試薬を添加します。④10分間加熱します。③アルミ箔をさらに 一枚重ねます。②アルミ箔の上にろ紙を一枚置き、サンプルをろ紙に採取・計量します。POVテスター5型POVテスター低濃度型※低濃度型のカラーチャートはケースと一体化しています。
右ページから抽出された内容
5亜硝酸テスターひ素検査器●亜硝酸テスター(食品用)亜硝酸テスターはGriess反応により、食品中の亜硝酸塩(亜硝酸イオン)を検出します。食品に浸してから正確に1分後に比色表と比較し判定します。ハム、ソーセージ、漬物などの検査に適しています。品目コード080570-71測定範囲(mg/kg)0、5、10、30、50、100構成 試験紙 50枚  呈色判定表1枚価格¥4,000●ひ素検査器 食品添加物公定書 グートツァイト改良法品目コード品名価格¥080570-2ひ素検査器(グートツァイト改良法)6,600●AV試験紙(油脂酸価試験紙)AV試験紙は現場で簡単に酸価(AV)を測定できる試験紙です。品目コード測定範囲入数価格¥080570-551.5、2.5、3.550枚2,000●シンプルパック®(油脂劣化度測定用)AV揚げ油などの加熱による劣化度(酸価:AcidValue)を、簡単に測定できる検査キットです。検査する油をパックに吸い上げ、付属のカラーチャートと比較するだけで簡単に酸価(AV)が測定できます。品目コード識別番号測定値呈色反応時間入数価格¥080520-351AV10.5以下、1.0、1.5以上青→黄緑→黄(3段階)1分48コ入(12コ入/1袋×4)4,000-352AV21.5以下、2.0、2.5以上4,000-3525AV2.52.0以下、2.5、3.0以上4,000-353AV32.5以下、3.0、3.5以上4,000酸価油試験部1.52.53.5①測定する油を清浄ティースプーンに1/2程度採取します。②試験紙の試験部分を油に浸します。スプーンのふちで軽く余分な油を除きます。③平坦な場所に1分置きます。④その後、標準カラーチャートと比較します。■使用方法安全管理●1分で反応完了●褐色の油脂でも測定可能●カラーチャート以外は不要●専門知識は必要としません油を吸入目安線比色判定〈公定法との相関例〉油脂の種類酸価値シンプルパック公定法サラダ油①00.13サラダ油②00.17サラダ油③00.17サラダ油④10.87サラダ油⑤10.88サラダ油⑥11.18大豆油①10.89大豆油②32.98パーム油2.52.44廃油22.28●1分で反応完了●褐色の油脂でも測定可能●カラーチャート以外は不要●専門知識は必要としません油を吸入目安線比色判定〈公定法との相関例〉油脂の種類酸価値シンプルパック公定法サラダ油①0013サラダ油②00サラダ油③00.17サラダ油④1087サラダ油⑤10.8サラダ油⑥11.1大豆油①10.89大豆油②32.98パーム油2.52.44廃油22.28

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata