融点測定装置 M-560/M-565 6-7(6-7)

概要

  1. 6
  2. 7

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
6 ベーシックタイプ: 融点測定装置M-560 プロフェッショナルタイプ: 融点測定装置M-565 サンプルローダーM-569 051999 051997品 番 品 番 融点と沸点の目視測定モデル 融点と沸点の自動及び目視測定 が可能な最上位機種 すばやく均一に試料を毛細管 へ充填する装置 製品番号(本体及びアクセサリー) 本体 毛細管立て 融点モニターソフトウェア 融点測定用毛細管 ミニキーボード IQ/OQ / バリデーション/ トレーサビリティ 沸点用キャピラリーA 沸点用毛細管B シリアルプリンター M-560/M-565用校正キット メノウ乳鉢と乳棒 M-560/M-565用バリデーショ ンキット 11055014 11055332 029508 お問い合わせください。 11055438 11055018 041867 11055019 品 番 品 番 品 番 品 番 品番 A 品番 B 構成 構成 品 番 品 番 品 番 品 番 融点検体12個、沸点検体4個を 準備できます。 ソフトウェアCD、チュートリア ル及びPCライセンス。Windows Vista または Windows XP対応。 精密なガラス製毛細管は再現性 の高い融点測定を可能にします。 パラメーターを直接入力できま す(USAタイプ)。 精密なキャピラリーBがチュー ブA内で完全な気泡を生み、再現 性のある沸点測定を可能にします。 融点測定装置 M - 5 6 0 及 び M-565のバリデーション用融 点基準物質です(3種類)。 融点測定装置 M - 5 6 0 及 び M-565の温度校正用融点基準 物質です(4種類)。 融点と沸点の測定結果及び校正 結果を印刷します。 試料 の 前処理用。表面 が 滑 ら かで洗いやすく、クロスコン タミネーションを防ぎます。 M-560/M-565用共通アクセサリー M-565用アクセサリー A B 4-ニトロトルエン ジフェニル酢酸 カフェイン 硝酸カリウム 100 本 1000 本 100 本 1000 本 ベンジル p-アニス酸 フェノールフタレイン 52.5℃ 147.7℃ 236.8℃ 334.5℃ 95.1℃ 184.2℃ 261.6℃ 017808 001759 019697 019007 051850 051890 品 番 11058004 (サンプルローダー付)051998 ・
右ページから抽出された内容
7 第1世代 Tottoli(1957-1974) 第6世代 B-545(1996-2009) 第7世代 M-565(2009-) 進化する自動融点測定 強着色サンプル 熱収縮サンプル 気泡発生サンプル 目 視 法 光 透 過 法 画像解析法 物質の昇温時の状態変化を人間の目で確認します。 結晶は融解すると透明になるという前提で検出します。 光透過法では測定不能だった、融解しても透明にならない物質、クラックが生じる 物質、気泡が発生する物質など特殊物性サンプルに対しても測定可能になりました。 M-565では『Siwoloboff法』により沸点を測定しています。キャピ ラリー下部より発生する気泡が0.6Hz(0.6個/秒)に達した温度を 沸点と定義しています。もちろん、融点測定と同様、画像解析によ り自動的に融点測定されます。 校正試薬(4点)は文字通り標準試薬で装置の校正を実施します。 バリデーション試薬(3点)は校正直線の妥当性を確認・保証します。 左側 平均 中央 右側 115.2℃ 114.8℃ 115.1℃ 115.0℃ 標準偏差 0.18℃ 左側 平均 中央 右側 285.0℃ 285.3℃ 285.4℃ 285.2℃ 標準偏差 0.18℃ 左側 平均 中央 右側 165.4℃ 165.1℃ 165.3℃ 165.3℃ 標準偏差 0.14℃ 沸点測定 校正キットとバリデーションキット(P6)の使い方 20℃ 95℃ 100℃ 校正試薬による校正 バリデーション試薬による評価 ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata