カプセル化装置 B-390/B-3995Pro 4-5(4-5)

概要

  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
4カプセル化装置B-390原料液は付属の容器から圧送されます(使用圧0.15MPa以下)。本体には圧力調整バルブが備わっており、送液量は供給圧力とダイヤル型のチューブつまみで自在に調整できます。凝固反応液用の容器とマグネチックスターラーは汎用品が使えます。凝固反応液での静電気の蓄積を防ぐために放電用の専用クリップが付属しています。ノズル部分は内蔵ヒーターで任意の温度に加温できます(最高70℃)。ゼラチンや油脂などを膜材として用いる際に、放冷によるノズル目詰まりを防止します。シンプルな構成で幅広い用途に対応特長簡単操作で安定した送液タッチパネルスクリーンにより簡単操作ノズル部分にヒーター搭載汎用性の高いシンプルな構成•振動滴下による均一な液滴の形成に必要な機能がすべて備わっているベーシックモデルです。•滴下ノズル部分を加温するヒーターが搭載されています。•孔径8種類の単一ノズルが標準で付属します。•オプションの各種ノズルシステムも使用可能です。B-390・付属品一式凝固反応液用の容器とマグネチックスターラーは付属していません。 凝固反応液用のガラス容器は付属していません。振動周波数調整画面の例操作パネルはタッチパネルスクリーン式で、操作が分かりやすく簡単です。
右ページから抽出された内容
5カプセル化装置B-395Pro無菌条件下での作業が可能タッチパネルスクリーンにより簡単操作予備試験は簡単に電動シリンジポンプを装備フローバイブレーションノズル使用時の例凝固反応液用のガラス容器は付属していません滅菌可能な専用槽でのカプセル化が可能オートクレーブ滅菌が可能な専用の凝固反応液槽内でカプセル化が可能です。注入口と排出口が設けられているので、凝固の後処理から完成品の取り出しまでの一連の作業を無菌条件下で行うことができます。操作パネルはタッチパネルスクリーン式で、操作が分かりやすく簡単です。電動シリンジポンプにより、原料液を正確にノズルに供給することが可能です(圧力ビンによる原料液の送出も可能)。特長•バイオ関連のアプリケーションに対応したモデルです。•振動滴下による液滴形成に必要な基本機能に加え、以下の構成品が含まれています。■専用の凝固反応液槽(オートクレーブ滅菌対応)■電動シリンジポンプ■専用マグネチックスターラー■カプセル回収容器•孔径8種類の単一ノズルが標準で付属します。•オプションの各種ノズルシステムも使用可能です。B-395Pro・付属品一式凝固反応液槽を外した状態でも使用できるので、無菌条件を必要としない予備試験なども簡単に行うことができます。

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata