中型ロータリーエバポレーター R-220SE 2-3(2-3)

概要

  1. 2
  2. 3

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ビュッヒのロータリーエバポレーターは、過去50年以上に渡り、使いやすさ・耐久性・品質を追求してきました。20年前のロータリーエバポレーターが、薬学・化学実験室では今なお稼働しているものが世界各地に少なくありません。弊社の工業用ロータリーエバポレーターも、そのような高品質への期待を裏切りません。このような実績に基づいて、ビュッヒは今後も高品質の製品を提供し続けることをお約束します。お客様の価値ある製品の製造において、ビュッヒロータリーエバポレーターが比類ない成果をもたらすことをお約束します。R-220SE(SecondEdition)は、業界で定評のあるロータリーエバポレーターR-220を更に改善したタイプです。ベースとなったR-220で実証された多くの特長を引き継いでいます。そして安全性と使いやすさを進化させた新たな機能を追加しました。R-250の50L蒸留フラスコでは30Lまでの溶媒を迅速・安全に蒸留することができ、しかもその蒸留効率は最大30L/hに達します(アセトンの場合)。R-220SE中型ロータリーエバポレーターR-250大型ロータリーエバポレーターkgスケール、または生産規模での濃縮晶析乾燥溶媒の精製植物成分の抽出工業用ロータリーエバポレーターの主な用途50年以上に渡り定評ある品質ビュッヒ大型ロータリーエバポレーター(溶媒20リットル、50リットル用)250L
右ページから抽出された内容
ご要望例1:蒸留フラスコ密閉用のシーリングリング付きポリプロピレン蓋蒸留フラスコ用の、EPDM製O-リング付きポリプロピレン特注蓋。サンプルのコンタミネーションを防ぐために使われます。ご要望例2:吊り下げ式冷却コイル付きヒーティングバスヒーティングバスに吊り下げ式の冷却コイルを取り付けることで、バス内の熱媒液を交換することなく迅速に冷却できるようにしました。再循環冷却器との接続口が2ヶ所に付いた効率的な設計です。再結晶化などに使われます。ご要望例3:高さを抑えたR-250ラボの天井高に合わせ、還流式ガラスアセンブリーを付けて高さ190cmという条件をクリアした特注のR-250。(下降式冷却器を取り付けた標準タイプのR-250は高さ226cmです。)7.多様な用途に適し、お客さまの幅広いご要望にもお応えします3中型・大型ロータリーエバポレーターの主な特長1.多様な安全機能を装備し、最大限の安全性を確保します2.バキュームコントローラーを標準装備(R-220SE)3.簡単な取扱いと操作4.省スペース設計で高い処理能力6.お客さまのニーズに応じたアクセサリー5.様々なガラスタイプから選択可能-プラスチックコーティングガラス(P+G)の採用-ヒーティングバスの空焚き防止機能-最大加熱温度設定機能-飛沫保護シールド、ラメラ安全カーテンなど-R-220SEスタンダードシリーズにはバキュームコントローラーV-850またはV-855を標準装備-V-710真空ポンプと接続してスピードコントロール機能に対応-イージークランプの採用により、ガラス部品の着脱がネジ1か所で行えます。(工具不要)-クイック・フランジジョイントやフラスコハンドラーで、蒸留フラスコの脱着や移動が容易です。-見やすい制御パネルにより、簡単で効率的な作業を保証します。-プロセス環境での使用に耐える頑丈さを備えています。(本体部:SUS316ステンレス製)-優れた蒸留能力があります。-自動連続蒸留システムへのアップグレードでは、蒸留フラスコへの自動注入と受フラスコの自動排液を行い、大量の溶媒の自動処理が可能です。P+G

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata