三宝化成総合カタログ2013 樹脂耐薬表 P132-(134-135)

概要

  1. 樹脂耐薬表
  1. 樹脂耐薬表 P132

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ジフェニル ジブチルエーテル ジブチルフタレート(DBP) 脂肪酸 ジメチルアニリン ジメチルホルムアミド シュウ酸 シュウ酸エチル 酒石酸 スチレン ステアリン酸 ステアリン酸ブチル セロソルブ 炭酸ガス(液体炭素) タンニン酸 テトラクロロエタン テトラヒドロフラン テトラリン トリアセチン トリエタノールアミン トリクレジルホスフェート トリクロロエチレン トリブチルホスフェート トルエン(トリオール) ナフタリン ナフテン酸 二塩化エチレン 二塩化メチレン 二酸化エチレン ニトロエタン ニトロプロパン ニトロベンゼン ニトロメタン 乳酸 パークロルエチレン ハイドロキノン パルミチン酸 ピクリン酸 ピネン ピペリジン ピリジン フェニルヒドラジン フェノール(石炭酸) ブチルアルコール(ブタノール) ブチルセロソルブ フルフラン フルフラレール 113フレオン 114フレオン 11フレオン 12フレオン 21フレオン 22フレオン プロピルアルコール フロロベンゼン ヘキサアルデヒド ヘキサン ヘキシルアルコール ベンジルアルコール ベンジルエーテル ベンズアルデヒド ベンゼン(ベンゾール) ホウ酸アミル ホルムアルデヒト(ホルマリン)[ 40・RT ] マレイン酸 製品名[濃度重量%・温度℃] − × ○ △ − △ ◎ △ ◎△ △ ◎ − △ ◎ ◎ × × × − ○△ − △ − △ ◎ ◎ ○ × ○ × × × × ◎ × ◎ ◎ ○ △ − − − ○ ○ − − × − − − − − − ○ × × × ○ ○ △ △ △ ○ ○ ◎ − △× ○ △ − △ ◎ − ◎ − ◎ − − ◎ ◎ △× △× △× − ○ − △ − △ ◎ ◎ ○ △× ○ × × × × ◎ △ ◎ ◎ ○ − − − − − − − − × − − − − − − ○ △× − △× ○ − △ △ △ ○ ◎ ◎ − △ − ○ − × ○ − × − ○ − △ ◎ − ○ × − − × − × − × − × × × × × × − − × − ○ × ◎ ○ ◎ ○ − − − × ○ △ − − − − − − ○ × − △ ○ − △ − × − ◎ ◎ − − − − − × ◎ − ◎ − − − − ◎ − × × − − − − × − − − − × × × × × × × ○ × ○ − − − − − − − − − − − − − − − − − − × − − − − − − × − − − − × △ × × × ○ − ◎ × ○ × × ◎ − × × × △ − × × − △ − − × × × × × × × ○ × ○ − × − − × − × △ × × × − − − − − − × − − △ △ − × − △ − ○ ○ − ◎ ◎ − − − − − − − ◎ − − − ◎ − × − ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ − − − − − − − − − ◎ − ◎ − ◎ − − − − − − − − − − − − − − − ◎ − − ◎ ◎ − ◎ − ◎ − ー − − ◎ − △ × × − △ ◎ − ◎ − − − ◎ − − − − − − − − × − − − − − − − × × − − ◎ − − − − − − × ◎ − − − − − − − − − ◎ △ − ○ ◎ − − − × ◎ ◎ △ − △ × ◎ × × ◎ △ ◎ × ◎ ◎ × ◎ ◎ × × △ − ○ × × × × ◎ ◎ ○ × × × × × × ◎ △ ◎ ◎ △ × − × × − ◎ × × × − − − − − − ○△ × × ○ ○ ○ △ △ × − ○ ◎ ■各種素材別耐薬品性能一覧 PP=ポリプロピレン PE=ポリエチレン TPX®=メチルペンテン PC=ポリカーボネイト PS=ポリスチレン PMMA=アクリル PAN=アクリロニトリル PET=ポリエチレンテレフタレート PCV=塩化ビニル ◎=全くあるいはほとんど影響がない。 ○=若干の影響はあるが条件により十分使用に耐える。 △=なるべく使用しないほうがよい。 ×=大きく影響があるため、使用に適さない。 ※耐薬品性一覧表は、あくまでも目安としての参考値ですので、実際のご使用はサンプルによる実用試験で御確認の上、ご使用下さい。 ※RT:室温 ※特にことわりのない限り水溶液の濃度は飽和状態です。 − △ ○ △ − △ ◎ − ◎ ○ ◎ − △ ◎ ◎ △ △ △ − ○ − △ − △ ◎ ◎ ○ △ ○ × × △× × ◎ △ ◎ ◎ ○ − − − − − − − × − − − − − − − ○ △ − △ ○ − △ △ △ ○ ◎ ◎ PP PE PC PS PAN PET PVCPMMATPX® 有機溶剤 樹 脂 耐 薬 表 巻 末 資 料 樹 脂 耐 薬 表 132 ・
右ページから抽出された内容
無水酢酸 メタクリル酸メチル メチルアルコール メチルイソブチルケトン メチルエチルケトン(MEK) メルカプタン(チオアルコール) モノクロル酢酸 リノレン酸 りんご酸 亜硝酸アンモニウム アスファルト アニリン染料 亜麻仁油 亜硫酸ガス 亜硫酸ナトリウム 硫黄 液化石油ガス(LPG) 液体塩素 塩化(第二)水銀 塩化(第二)鉄 塩化亜鉛 塩化アルミニウム 塩化アンモニウム 塩化イオウ 塩化カリウム 塩化カルシウム 塩化第二錫 塩化第二銅 塩化チオニル 塩化ニッケル 塩化バリウム 塩化マグネシウム 塩素ガス(乾) 塩素ガス(湿) ASTMオイル〔No.1〕 ASTMオイル〔No.2〕 ASTMオイル〔No.3〕 オゾン オリーブ油 過酸化水素[ 5・RT ] 過酸化水素[ 5・50 ] 過酸化水素[ 30・RT ] 過酸化ナトリウム ガソリン 過ホウ酸ナトリウム 過マンガン酸カリウム[ 10・RT ] 過硫酸アンモニウム きり(桐)油 グリース クレオソート油 ケロシン(灯油) 現像液(ハイポ) 鉱油 酢酸亜鉛 酢酸アルミニウム 酢酸カルシウム 酢酸鉛 酢酸ニッケル 酸素 次亜塩素酸カルシウム(高度さらし粉) 次亜塩素酸ナトリウム[ 5・RT ] 次亜塩素酸ナトリウム[ 5・70 ] シアン化銅 シアン化ナトリウム 塩水 有機溶剤 その他 (油脂・その他) 製品名[濃度重量%・温度℃] ○ △ ○ △ △× × × ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ◎ ○ × ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ × ◎ ◎ ◎ △ △ ○ ○ ○ △ ○ ◎ ○ ○ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ △ ◎ × ◎ △ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○△ △ ◎ ◎ − △ ○ △ △ − △× ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ◎ − × ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ − ◎ ◎ ◎ ◎ × ◎ ◎ ◎ △ △ ○ ○ ○ − ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ △ − △ ◎ ○△ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○△ ◎ ◎ ◎ − × × △ × − − ○ ◎ − ◎ − ◎ ○ ◎ ◎ ◎ × ◎ ◎ ◎ − ◎ − ◎ ◎ ○ ◎ − ◎ ◎ ◎ × × ◎ ◎ ◎ − ◎ ○ ○ △ × ◎○ ○ − − ◎ ◎ − ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ○ △ ◎ ◎ ◎ − × − × × − − − − − ◎ − − − ◎ ◎ − − ◎ ◎ ◎ − ◎ − ◎ ◎ − ◎ − ◎ ◎ ◎ ◎ − − − − − − − − − − − ◎ − − − − − − ◎ − ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ − − − ◎ ◎ ◎ − × × × × − × ○ − − ◎ − ○ ○ ○ ◎ △ − ◎ ◎ ◎ − ◎ − ◎ ◎ ○ ◎ − ◎ ◎ ◎ ○ △ − − − △ ○ − − − × △ ◎ − − ○ △ − △ ○ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ − ○ △ ◎ ◎ ◎ − − ◎ ◎ △ − − − − − ◎ − ○ − − ◎ − − ◎ ◎ − ◎ ◎ − ◎ ◎ − ◎ − ◎ ◎ ◎ − − ◎ ◎ ◎ − − ◎ − − ◎ − ◎ ◎ ◎ ◎ − × − − ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ − − − ◎ ◎ ◎ △ − ○ − − − − − − − ◎ − △ − ◎ ◎ − − ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ − ◎ ◎ − ◎ − ◎ ◎ ◎ − − ◎ ◎ ◎ − − ◎ − ○ ◎ △ ◎ ◎ × ◎ − − − − ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ − △ △ ◎ ◎ ◎ △ × ○ × × − ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ○ △ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ × ◎ ◎ ◎ ○ ○ ◎ ◎ ◎ ○ ○ ◎ ◎ ◎ ○ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ○△ △ △ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ■各種素材別耐薬品性能一覧 PP=ポリプロピレン PE=ポリエチレン TPX®=メチルペンテン PC=ポリカーボネイト PS=ポリスチレン PMMA=アクリル PAN=アクリロニトリル PET=ポリエチレンテレフタレート PCV=塩化ビニル ◎=全くあるいはほとんど影響がない。 ○=若干の影響はあるが条件により十分使用に耐える。 △=なるべく使用しないほうがよい。 ×=大きく影響があるため、使用に適さない。 ※耐薬品性一覧表は、あくまでも目安としての参考値ですので、実際のご使用はサンプルによる実用試験で御確認の上、ご使用下さい。 ※RT:室温 ※特にことわりのない限り水溶液の濃度は飽和状態です。 ○ △ ○ △ △ − ○△ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ × ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ × ◎ ◎ ◎ △ △ ○ ○ ○ − ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ △ − △ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ △ ◎ ◎ PP PE PC PS PAN PET PVCPMMATPX® 巻 末 資 料 樹 脂 耐 薬 表 133 ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata