分取クロマトグラフィー Pureシリーズ 6-7(6-7)

概要

  1. 6
  2. 7

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
7安全な運転オペレーター・試料・作業環境の安全性重大なリスクはどのラボにも付き物であり、事故防止には細心の注意を払う必要があります。Pureシリーズは、考えられるさまざまなリスクに対しての安全対策がほどこされています。暴露リスクの軽減に役立つリモート制御科学を扱う作業環境には、健康被害のリスクや様々な危険が伴います。最も有効な対策は、そのような作業環境での滞在時間を可能な限り短くすることです。Pureにはリモート制御機能が備わっているので、その作業環境から離れた場所からでもPC、タブレット、スマートフォンを使って精製運転のモニタリングと制御を行うことができます。モニタリングおよび自動設定で安全ユーザー、試料、システムには最高の保護水準が必要です。Pureは、溶媒蒸気、送液ラインの圧力、溶媒容器の液量センサーを標準装備して、精製運転中に常時モニタリングをしています。これにより、使用者、試料、装置の全てが高水準で保護されます。また、カートリッジとラックには自動認識のためのRFID技術が採用され、例えば誤った運転設定によって最大圧力を超えてしまうような事故は起こりません。換気エンクロージャーで、ラボの空気をクリーンに大抵のラボにはヒュームフード(ドラフトチャンバー)が備わっていますが、主に化学反応のために使用するので、使用できるスペースも限られていることが多いです。Pureなら、フラクションコレクターに換気エンクロージャーが搭載されているので、ヒュームフードの外側に設置した場合でも安全な運転操作が可能です。

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata