分取クロマトグラフィー Pureシリーズ 10-11(10-11)

概要

  1. 10
  2. 11

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
10C-810C-815C-830C-835C-850方式フラッシュクロマト••––•分取HPLC––•••送液ポンプフラッシュ用(3ピストン式)••–––HPLC用––•••流量[mL/分]250250100100100250最大圧力[bar]505030030030050エアパージ••––•溶媒ラインの数44444試料ローディング液体試料(ダイレクト)••––•液体試料(ループ併用)––•••固体オプションオプション––オプションフラッシュカートリッジホルダー(330g以下)••––•フラッシュカートリッジホルダー(750∼3000g)オプションオプション––オプション分取HPLCカラムホルダー(内径30mm以下)––•••分取HPLCカラムホルダー(内径50∼70mm)––オプションオプションオプション検出器UVスキャン機能•••••UV波長44444UVスペクトル[nm]200∼400200∼400200∼800200∼800200∼800ELSD–•–••寸法WxDxH[mm]365x570x680365x570x680365x570x680品番11C8100011C8150011C8300011C8350011C85000製品の概要多様なニーズに対応
右ページから抽出された内容
11システム選定のガイダンス発色団化合物の検出·UV波長または可視波長(200∼800nm)の光で検出可能·UV検出に適した化合物は、通常は不飽和結合、芳香族基、ヘテロ原子を含む官能基を有する非発色団化合物の検出·非発色団化合物は光を吸収しないため、UV検出器では可視化できない·一般的な化合物は炭水化物·非発色団化合物はELSD(蒸発光散乱検出器)で検出が可能に構造が複雑ではない試料の精製·対象物の検出ピークと不純物の検出ピークが簡単に分離する·中∼大径粒子(15∼60µm)の固定相が充填されたカートリッジによる精製が可能で経済的構造が複雑な試料の精製·対象物の検出ピークと不純物の検出ピークが部分的に重複する·小径粒子(5∼15µm)の固定相が求められる。この場合、優れた分離と精製の純度が得られる反面、送液ラインの背圧が高くなるロードする試料が少量∼大量の場合·最大300gまでロードする試料が少量のみの場合·最大1gまで

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata