アスベスト測定関連機器 6-7(6-7)

概要

  1. 空気中アスベストサンプリング
  2. 関連法規資料
  1. 6
  2. 7

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
■仕 様■別売品・オプション■別売品・オプション■特 徴■用 途■用 途●ローボリウムポンプ用基準流量計FC-L1型●ミニポンプ用基準流量計FC-M1型・アスベストサンプリングポンプAIP-105型、-205型およびローボリウムポンプLVS-30型の5〜40L/min基準流量計として利用できます。・浮子式流量計の目盛精度チェック用として利用できます。・差圧センサーによる乾式流量計です。・小型・軽量で現場にも持ち運べます。・流量は「25℃、1気圧換算」「20℃、1気圧換算」「0℃、1気圧換算」「実体積流量」の値を任意に選択して表示できます。・0.05〜5L/minの基準流量計として利用でき、MP-ΣNⅡシリーズおよびMP-W5P型ポンプ本体の流量校正ができます。品目コード080120-157型式FC-L1流量表示範囲0〜50L/min測定範囲5〜40L/min(25℃、20℃、0℃1気圧換算値、実流量測定が可能)流量精度指示値に対して±3%積算流量表示範囲0.0〜99999L流量検出方式差圧検出方式使用温度・湿度範囲0〜40℃ 10〜90%rh寸法105(W)×170(D)×100(H)mm質量約0.9kg(乾電池含む)電源DC9V(単三アルカリ乾電池×4本)DC駆動時間8時間以上(25℃環境下で連続動作させた場合の目安)通信USB(LVS-30、LV-40Bシリーズと自動校正用)価格¥199,800品     名品目コード価 格 ¥ACアダプターSMI18-5-V-P5型080120-15716,000ソフトケースFC-L1型用080120-150125,000品     名品目コード価 格 ¥バッファータンク080880-100012,800中管 バッファータンク用080880-100019,000通信ケーブル2種セットMP-W5P/MP-ΣNⅡ用080860-5912,000ACアダプターSMI18-5-V-P5型080120-15716,000ソフトケースFC-M1型用080120-151128,000■仕 様品目コード080120-158型式FC-M1流量表示範囲0〜6L/min測定範囲0.05〜5L/min(25℃、20℃、0℃1気圧換算値、実流量測定が可能)流量精度指示値に対して±2%または±0.003L/minのどちらか大きい方積算流量表示範囲0.0〜9999.9L流量検出方式差圧検出方式使用温度・湿度範囲0〜40℃ 10〜90%rh寸法105(W)×170(D)×100(H)mm質量約0.9kg(乾電池含む)電源DC9V(単三アルカリ乾電池×4本)DC駆動時間8時間以上(25℃環境下で連続動作させた場合の目安)通信USB(MP-W5P、MP-ΣNⅡシリーズと自動校正用)価格¥199,800適応ホルダー形状標準吸引流量10L/min適応ホルダー形状標準吸引流量5L/min適応ホルダー形状標準吸引流量10L/min適応ホルダー形状標準吸引流量1L/min適応ホルダー形状標準吸引流量5L/min適応ホルダー形状標準吸引流量1L/min●流量校正セットAS-100型カウル付用●流量校正セット(旧AS-520型用)●流量校正セットAS-100型用●流量校正セット(旧APS-7型用)●流量校正セット(旧AS-510型用)●流量校正セット(旧APS-72型用)品目コード価格 ¥080140-100742,000品目コード価格 ¥080140-520625,000品目コード価格 ¥080140-100642,000品目コード価格 ¥080140-70635,000品目コード価格 ¥080140-510635,000品目コード価格 ¥080140-72625,000空気中アスベストサンプリングポンプ用 基準流量計ローボリウム領域の5〜40L/minを精度よく測定できるデジタル流量計ミニポンプの流量範囲である0.05〜5L/minを網羅した流量校正装置浮き子式流量計で手軽に流量校正が可能ですFC-L1型FC-M1型6
右ページから抽出された内容
■隔離空間全体からの漏えい確認のための石綿濃度の測定空気中の石綿濃度の測定は、施工事業者の自主的な取組として、石綿飛散防止対策の効果を自ら点検し、その改善を図っていくという意味で有意義である。測定を行う場合には、作業場の隔離状況、集じん・排気装置の性能等を点検するとともに、施工区画内の石綿飛散状況を把握するため、以下のような場所、及び時期において実施することが有効である。①セキュリティゾーンの入口及び施工区画の外周(除去作業中)②作業場内(特に隔離シート撤去前)また、周辺環境への配慮の観点から、隣地との境界付近における環境濃度を測定することが望ましい。なお、測定方法については、作業環境測定基準(昭和51年労働省告示第46号)、JISK3850-1「空気中の繊維状粒子測定方法」、環境省のアスベストモニタリングマニュアル(第4.1版)(平成29年7月環境省水・大気環境局大気環境課)等を参照されたい。漏えい監視のほか、漏えいが生じたときは、直ちに漏えい箇所周辺を立ち入り禁止にする等、関係作業者及び第三者が石綿にばく露することを回避するため必要な緊急措置を講じる必要がある。このため、作業計画には漏えい時の必要な措置として、上記漏えい監視の手順のほか、緊急措置の内容を明記し、あらかじめ作業者に周知しておくこと。種  類環境省厚生労働省(一財)日本建築センターJISK3850-1:2006アスベストモニタリングマニュアル(第4.1版)平成元年12月27日告示第93号作業環境測定法既存建築物の吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術指針・同解説2018空気中の繊維状粒子測定方法対  象環境大気中の測定・発生源の周辺地域・バックグラウンド地域大気汚染防止法に基づく測定・アスベスト取扱い事業場の敷地境界労働安全衛生法に基づく測定・アスベスト取扱い作業場室内環境等低濃度レベルにおける測定空気中に浮遊している繊維状粒子を測定測定高さ、位置地上1.5~2.0m風向を考慮し2~4点敷地境界線の東西南北及び最大発じん源と思われる場所の近傍単位作業場所内の高さ50~150cmの位置(A測定、B測定)建築物内の高さ50~150cmの位置目的に応じて設定するフィルター直径47mm47mm、25mm吸引速度・採取時間10L/分×240分連続3日間10L/分×240分1L/分×15分5L/分×120分1L/分×5分5L/分×120分10L/分×240分計数対象繊維長さ5μm以上、幅(直径)3μm未満で長さと幅の比(アスペクト比)が3:1以上顕 微 鏡位相差顕微鏡、電子顕微鏡位相差顕微鏡、生物顕微鏡(クリソタイルを対象)位相差顕微鏡位相差顕微鏡、走査電子顕微鏡基  準―10本/L(石綿(クリソタイル)繊維数濃度)管理濃度0.15本/cm3(150本/L)(総繊維数濃度)周辺一般環境大気との比較―環境省・厚生労働省・関連法規資料関係省庁や民間団体が示しているアスベスト濃度の測定方法7

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata