デジタル粉じん計 LD-5R型 2-3(2-3)

概要

  1. 2
  2. 3

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
デジタル粉じん計LD‐5R型当社のデジタル粉じん計は、作業環境・アスベスト除去作業、ずい道工事などに係る浮遊粒子状物質の測定等に多く利用されております。光散乱方式による相対濃度計として、ろ過捕集法に比べて短時間でデータが得られます。また得られた相対濃度は、特性上、ろ過捕集法を基準として求めた質量濃度変換係数(K値)を入力することにより、質量濃度換算することができます。①液晶ディスプレイ②採気口③パネルシート④散乱板ノブ⑤排気口⑥電池ケース蓋⑦ショルダーベルト掛け⑧電源スイッチ⑨DCジャック⑩出力コネクタ⑪USBコネクタ⑫LEDインジケーター⑬パージフィルター蓋⑭ポンプフィルター蓋⑮三脚取付ネジ⑯エスケープスイッチ⑰エンタースイッチ⑱アップスイッチ⑲ダウンスイッチ⑳スタート・ストップスイッチ主な特徴高性能バックアップフィルターは、吸引した粉じん等から吸引ポンプ部を保護しており、本体底面から簡単に交換できます。また、吸引ポンプ吐出側にはPTFEバインダーフィルター(TF98R)を組み込んでいます。PTFEバインダーフィルターについても本体底面から簡単に交換できます。フィルター交換吸引機構には吸引ポンプを用いています。測定現場での安定した吸引が可能で、アスベストの漏洩監視マニュアル(厚生労働省)や、トンネル建設工事の切羽付近における測定にも適合しています。また、パージエアー方式を採用することで、吸引した空気中の粉じんが光学系へ付着することを防ぐ機構を備えています。測定終了後は検出器内の空気を置換する役割も果たし、測定精度を維持します。採気口のキャップにはロック機構がついています。これにより、採気口の開閉の誤操作防止となります。採気口測定現場での運搬性が向上しています。小型・軽量ポンプ吸引方式とパージエアー方式カラー液晶ディスプレイを採用しています。文字の判別がしやすく、暗い測定現場でも測定結果の確認が容易です。さらに、動作状態を表すLEDを本体上部に組み込んであるため、設置場所から離れた場所からでも動作状態を把握することができます。表示各部名称ブロックダイヤグラムフォトダイオードパージエアー経路レンズ採気口試料空気経路標準散乱板散乱板ノブレーザーダイオードフィルター吸引ポンプ排気
右ページから抽出された内容
LED表示器LD-5R型5m3mAC100V電源CPM現在の粉じん量アクセスポイントハブNo.1No.9パソコンWi-Fi変換器Wi-Fi変換器LD-5R型LD-5R型システム構成図粉じん測定用通信ソフト外付SDカード保存ユニット建築物等の解体等の作業及び労働者が石綿等にばく露するおそれがある建築物等における業務での労働者の石綿ばく露防止に関する技術上の指針(平成26年3月31日技術上の指針公示第21号)アスベストモニタリングマニュアル[4.1版]、石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル[2.20版]ずい道等建設工事における粉じん対策に関するガイドライン第六十五条 事業者は、有害な業務を行う屋内作業場その他の作業場で、政令で定めるものについて、厚生労働省令で定めるところにより、必要な作業環境測定を行い、及びその結果を記録しておかなければならない。第一条 事業者は、粉じんにさらされる労働者の健康障害を防止するため、設備、作業工程又は作業方法の改善、作業環境の整備等必要な措置を講ずるよう努めなければならない。作業環境測定ずい道等建設工事アスベスト除去工事における漏洩監視受動喫煙の防止使用例粉じん濃度モニタリングシステム(回転灯)特注例労働安全衛生法石綿障害予防規則集じん・排気装置(第6条関係)吹き付けられた石綿の除去などについての措置健康増進法の一部を改正する法律 (平成30年法律第78号)粉じん障害防止規則2020年4月1日より全面施行閾値を設定し、連動機器の電源制御をすることで回転灯の点灯または、ブザーによる警告をリアルタイムに行えます。ロギング測定にて記録した測定値を専用の通信ケーブルとソフトウェア(オプション)にてPCへ取り込むことが可能です。また、コマンド公開しているため、当社Webサイトよりドライバをダウンロードし、無償で通信を行うことができます。測定値はCSV形式で保存できますので、市販の表計算ソフトで加工ができます。通信機能ロギング測定条件測定時間:0000時間01分∼9999時間59分記録周期:00分01秒∼99分59秒データ数:60000点記録周期1秒の場合:約16.7時間の記録が可能    1分の場合:約41日の記録が可能動作OS:Windows8.1/10データ編集参照例例1粉じん濃度モニタリングシステム(Wi-Fi通信・SDカード保存)Wi-Fi経由で粉じん濃度をリアルタイムでPCへ表示、情報の共有ができます。また、複数設置した場合、一か所で粉じん濃度データを保存し、管理することができます。通信機器の設置が困難な場合はSDカードを使用することで大容量の保存ができ、保存されたデータを直接PCに取り込むことができます。望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の者が利用する施設等の区分に応じ、当該施設等の一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、当該施設等の管理について権原を有する者が講ずべき措置等について定める。例2粉じん濃度モニタリングシステム(表示器)表示器と接続することで、現場の粉じん濃度をリアルタイムに表示する事ができます。例3

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata