空中浮遊菌サンプラー IDC-500B型 1(1)

概要

  1. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
ちょっとした条件の変化で、結果が変わりやすい「落下菌測定」と比べ、確実に環境モニタリングができます。◎低価格!  高価で導入できなかった「浮遊菌測定」を安価に行えます◎小型軽量!本体はわずか650g   簡単に持ち運べます◎操作が簡単   培地をセット後、捕集空気量と捕集開始   までの待機時間を選択するだけ!測定原理サンプラーに取り込まれた空気中の浮遊菌を培地に衝突させて、採集します。吸引する空気量は、測定環境に応じて、4段階(50、100、200、500L)から選べます。サンプリング終了後、培養を行い、コロニー数を計測します。空中浮遊菌サンプラーPortableAirborneBacteriaSamplerIDC-500B型充電池モーターファン培地捕集ノズル空気の流れ特徴

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata