EYELA 環境への取組み低GWP冷媒への転換 1(1)

概要

  1. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
環境への影響が少ない冷媒への転換EYELAでは、フロン冷媒を充填した冷凍機搭載製品を温室効果の小さい低GWP冷媒(GWP値2500未満)やノンフロン冷媒を使用した製品へ転換する取組みを進めています。地球温暖化係数(GWP)とは二酸化炭素を基準にして、ほかの温室効果ガスがどれだけ温暖化を進めてしまう力があるか表した数字のことです。単位質量(例えば1kg)の温室効果ガスが大気中に放出されたときに、一定時間内(例えば100年)に地球に与える放射エネルギーの積算値(すなわち温暖化への影響)をCO2に対する比率として見積ったものです。※出典:JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター「地球温暖化係数(GWP:GlobalWarmingPotential)について知りたい」より引用■製品に対する低GWP冷媒への転換フロンガスを充填した冷凍機搭載製品で使用する冷媒を温室効果の小さい低GWP冷媒(GWP値2500未満)に転換する取組みを進めています。対象装置群:冷却水循環装置、低温恒温水槽、低温恒温器、照明付インキュベーター、光安定性試験器、温度勾配恒温器、投込みクーラー、冷却トラップ装置、凍結乾燥機など■低GWP冷媒を採用した製品■具体的な取組みGWP値2500以上の高GWP冷媒充填機種は、順次低GWP冷媒化への転換を進めています。現在は、冷却トラップ装置UT-1000型と低温恒温水槽NCB-1210A・B型の低GWP化を進めています。※2020年9月末発売予定EUの新Fガス規制(Regulation(EU)No517/2014)では、高GWPガスをGWP値2500以上と定義し、高GWPのFガスを使用している製品・機器の市場販売禁止、サービス・メンテナンスにおける高GWPガスの使用禁止としています。EUの新Fガス規制とはフッ素化している温室効果ガス(Fガス)の放出削減によって、環境を保護することを目的とした規制。(2006年にEUで定めたFガス規制を2015年1月1日付でさらに厳格化したもの)EYELA低GWP冷媒採用製品冷媒ヘリウムGWP値0マグネチックスターラー付アルミブロック低温槽PSL-2500A・B・P型小型凍結乾燥機 FDS-1000・2000型冷媒R134aGWP値1430開放系低温恒温水循環装置 CTP-1000型リフラックス用冷水循環装置 ACE-2000型低温恒温器 LTE-510・1010型、LTI-400E・700E型恒温恒湿器 KCL-2000A・2000W型振盪機用低温恒温チャンバー FMC-100・1000型投込みクーラー ECS-0型小型冷却トラップ装置 UT-500A・500B型冷媒R407CGWP値1770冷却水循環装置CA-1116A・1113・1330型CA-1115型シリーズCA-2610・2610S型CA-2600C・F型NCA-1000型大型冷却水循環装置CA-3110・4110型シリーズCA-3310・4310型シリーズCA-H・WH型シリーズ晶析システム用プログラム恒温循環装置 PCC-7000・7000S型冷媒R410AGWP値2090低温恒温水循環装置NCC-3000A・B・C・D型、NCC-3100A・B・C・D型2016年2月以降に生産された冷凍機搭載製品には製造番号プレートにGWP値を記載しています。また、2020年8月の生産分より、充填したフロンガスのGWP値が2500未満の製品には専用のシールが貼られています。今後、低GWP冷媒採用製品の識別として、ご活用ください。低GWP冷媒に転換中冷媒R507AGWP値3990↓冷媒R452AGWP値2140地球温暖化のリスクがおよそ半分まで抑えられたフロン冷媒を充填低GWP冷媒への転換GWP:GLOBALWARMINGPOTENTIAL

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata