近赤外分析計 ProxiMate 2-3(2-3)

概要

  1. 2
  2. 3

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
近赤外分析計の導入利点近赤外分析ProxiMateの設置例近赤外分析ProxiMateの操作手順●日常分析の作業時間短縮●日常分析の試薬・溶媒の削減●日常分析の効率化・コスト削減●測定者のスキルに依存しない分析結果●工場間での共通検量線による分析法の標準化●オンライン工程管理による品質の安定化近赤外分析計は、近赤外線の性質を利用した簡易分光分析法です。サンプルをそのままの状態で測定でき、15∼30秒の短時間で分析が可能です。前処理や試薬が不要なため、分析に必要な消耗品や廃液処理などのコストを削減できます。近赤外分析計の導入により、以下のようなご要望にお応えできます。実験室サンプルを容器に入れて装置にセットスタートボタンを押して15秒後にサンプルの成分定量測定結果が画面に表示検査室生産ラインのすぐ隣前処理なく、試薬不要簡単操作複数成分の分析結果を同時に・迅速に
右ページから抽出された内容
上部、下部、そして上下とも光源を搭載するモード、合わせて三つの方式をご用意可視検出器を追加搭載可能(オプション機能)従来法の測定値を入力し学習アイコンを押すだけで、検量線を自動で更新振動に強い光学系とIP69準拠の防塵防水保護によりどのような製造現場でもすぐに分析が可能EHEDGは食品加工設備機器に対する衛生性・安全性確保を目的としており、その指導のもと、設計および製造をいたしました。農林水産省認定取得機種特長1特長2特長3特長4特長5近赤外分析計ProxiMate(プロキシメイト)ProxiMateの特長ガラス・プラスチックシャーレでも測定可能色(L*a*b*)の情報も同時に取得可能自動検量線作成機能AutoCalを搭載コンパクトで設置場所を選びません EHEDG(欧州衛生工学設計グループ)準拠による衛生的、高安全性、ユーザーフレンドリー設計近赤外光を用いてサンプルをそのままの状態で、わずか15秒で成分の分析が可能な近赤外分析計です。直感的な操作画面、頑丈なコンパクトなデザインは製造現場での使用に最適です。また、食品や飼料の成分分析のためのアプリケーションパッケージも豊富に取り揃えています。生産の効率化や品質管理の迅速化を実現します。製品動画はこちら

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata