近赤外分析計 ProxiMate 4-5(4-5)

概要

  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ProxiMateでの成分分析・測定ProxiMateのアプリケーションパッケージ可視光を使った分析例ProxiMateは、測定方法に幅広いオプションを備えており、分析サンプルに最も適したものを選択できます。多くの食品製品では、品質管理の一環として色と外観を慎重に管理する必要があります。オプションで可視光検出モードを追加し、サンプル色の測定値(茶色の度合い、L*a*b*色差測定など)が得られます。また、小麦粉等に含まれる灰分の測定精度を高めたりすることが可能です。サンプルにはさまざまなタイプがあるため、実用的に制約に応じて最適な結果を得るための測定方法を選択する必要があります。固体・粉体サンプルの測定はランナップ全般的に対応できます。サンプルをマグネット式駆動装置を使用して回転させることで、測定ポイント数を増やして非均質サンプルの測定誤差を抑えます。用途やサンプルタイプ・量に合わせて照射モードや豊富な測定アクセサリーをお選びいただけます。反射板と組み合わせで使用することによって、液体サンプルも測定できます。異物混入防止のため、食品工場などの生産環境ではガラスの使用が禁止されています。上部光源モードならプラスチック製容器を使用して測定できます。測定ニーズにあわせて、照射モードを切り替えられるので、測定するサンプル・測定状況に応じて測定できます。多様な測定照射モード【A社】油脂など液体を測定したい【B社】粒・粉体を測定したい【C社】粉体もしくはペースト状等を測定したいが食品会社なので、測定にガラスが使えない【D社】油脂などの液体を測定したい時もあるし、ガラスを使わず安全に測定したいときもある精度向上のための「回転」測定(上記①∼③のすべての光源モードに対応)豊富な測定アクセサリー①下部光源モード搭載液体サンプル測定対応②上部光源モード搭載プラスチック容器使用可能③上部光源&下部光源モード両方搭載幅広く対応水分、脂肪、たんぱくなどを同時に測定飼料・穀物の分析(ISO12099)•生葉の色確認による蒸熱程度の把握•お茶の色沢確認による品質の確保•色変化による鮮度や品質を評価•赤肉の霜降り量が測定可能•小麦、大麦、トウモロコシ、小麦粉、セモリナ粉などの全穀物の灰分測定精度を向上•色測定による小麦粉の等級やそば粉の種類が評価可能生葉・お茶製品の分析食肉・魚・肉製品の分析穀物・小麦粉の分析水分、灰分、たんぱくなどを同時に測定穀類製品の分析塩分、脂肪、たんぱくなどを同時に測定乳製品の分析(ISO21543)水分、脂肪、たんぱくなどを同時に測定肉・ソーセージの分析【肉製品の測定】実際の測定動画をぜひご覧ください
右ページから抽出された内容
測定および管理用ソフトウェアNIRWise検量線解析&自動作成ソフトウエアSX-Plus<特許>検量線対象に含めたいサンプルを選択するだけで、AutoCalアルゴリズムがその他すべての操作を行います。新しいキャリブレーションの作成や既存のキャリブレーションの拡張が簡単に行えます。測定誤差が小さくなるようにキャリブレーションが最適化されます。測定画面検量線サンプル追加画面専門知識不要特許技術による検量線の自動作成と拡張どこでも誰でも簡単に操作できます製造現場用近赤外分析計の運用に最適化されています最小10点のサンプルと手分析値があれば検量線作成可能自動検量線作成機能AutoCalの特長①ワンクリックで測定開始④AutoCalにより検量線を自動で更新②従来法の測定値を入力③ボタンを押す②測定サンプルの成分定量測定結果を分かりやすく表示①キャリブレーション対象を選択ProxiMateでは、操作性を追求したデザインにより、直感的にアプリケーション設定、サンプル測定を簡単に実施できます。測定結果をPDF、Excel、CSVへの出力が可能です。すべての結果は自動的にデータベースに保存され、簡単にバックアップを取得できます。タッチスクリーンで簡単操作多様なレポート出力結果の自動保存機能必要なサンプルを選択従来法の測定値を入力AutoCalボタンを押して更新

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

株式会社 EBS

IKAジャパン

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata