21年度予算申請用カタログ 1(1)

概要

  1. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
申用請予算21,INDEXP. 1〜4新製品情報・オプション情報P. 5〜9濃縮装置P.10低温槽・恒温槽P.11〜12冷却水循環装置(チラー)P.13低温・恒温水循環装置P.14冷却トラップ装置・冷却装置P.15〜16凍結乾燥機・噴霧乾燥機P.17乾燥器P.18減圧装置・定量送液ポンプP.19〜20恒温器・試験装置P.21振盪機・純水製造装置P.22撹拌機・マグネチックスターラーP.23〜27合成装置噴霧凍結乾燥造粒ユニットSFD-1000・1100型多孔質で溶解性が極めて高い乾燥試料の作製を実現詳細情報はカタログP.1参照噴霧凍結乾燥造粒法とは試料(水溶液)を液体窒素中に噴霧し凍結させ、(凍結)乾燥することで多孔質な微粒子を得る手法です。一瞬で凍結させるので、造粒効果が得られます。また、熱をかけないので微粒子に収縮が起こりません。噴霧乾燥法に比べ、多孔質で溶解性が高く、分散性に優れた凝集性の低い試料が得られます。■多孔質のメリット粒子の表面積が広くなるので、水で微粒子を溶かした際に水と接触する部分が多くなり、より溶けやすくなります。速く溶けることが必要とされる薬や食品の研究用途に期待されています。詳細動画は、こちら

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata