噴霧凍結乾燥造粒ユニット SFD-1000・1100型 1(1)

概要

  1. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
多孔質で溶解性が極めて高い試料の作製を実現噴霧凍結乾燥造粒ユニットSFD-1000・1100型本製品は名城大学薬学部岡本浩一教授、野田剛弘研究員との共同開発製品です噴霧乾燥法(スプレードライ)凍結乾燥法(フリーズドライ)時間はかかるが、熱をかけず、収率も良く、多孔質の微粒子の試料の作製が可能です。熱がかかり、収率が悪いですが、時間がかからず、微粒子の試料の作製が可能です。時間がかかり、微粒子にならないが、熱をかけずに収率の良い試料の作製が可能です。※購入前のご検討にあたり、依頼試験をお受けしています。 ご依頼の際は、営業所またはアイラ・カスタマーセンタへご連絡ください。凍結乾燥+微粒子○収 率◎熱の影響なし乾燥時間△微粒子○収 率△熱の影響あり乾燥時間◎微粒子✕収 率◎熱の影響なし乾燥時間△噴霧凍結乾燥造粒法(SFD法)噴霧乾燥乾燥方法の違い噴霧凍結乾燥造粒法は、詳細動画は、こちら試料(水溶液)を液体窒素中に噴霧し凍結させ、(凍結)乾燥することで多孔質な微粒子を得る手法です。一瞬で凍結させるので、造粒効果が得られます。熱をかけないため微粒子に収縮は起こりません。噴霧乾燥法に比べて多孔質で溶解性が高く、分散性に優れ凝集性が低い試料を得ることができます。

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata