Testo 赤外線サーモグラフィ総合カタログ 4-5(4-5)

概要

  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
32°25°32°9°望遠建物診断・カビ調査に最適な表面湿度表示モード実用性を重視したレンズレンズを守るプロテクタ(オプション*)SuperResolutionで画質向上プロフェッショナルサーモグラフィフォーカス調整が可能な高機能サーモグラフィtesto882ガンタイプ最高画質●画素数:320×240(SR640×480)●温度分解能:0.05℃以下 ●測定範囲:-20∼+350℃●視野角32°●550℃までの高温測定(オプション) 標準価格¥670,000(税別)testo875i抜群のコストパフォーマンス●画素数:160×120(SR320×240)●温度分解能:0.05℃以下 ●測定範囲:-30∼+350℃●視野角32° 875-2i専用オプション:●望遠レンズ対応●550℃までの高温測定標準価格¥420,000∼(税別)testo875-2i/882160120320240550320240640480550Testothermography表面湿度機能では、画像を湿度換算した湿度画像で表示します。この機能では、周囲温度・湿度をマニュアル入力し、表面湿度として換算します。画像は、カビの発生危険度を赤・黄・緑の信号色で表します。住宅などの湿気・カビの診断に最適です。結露の危険度−低表面水分量(湿度):0∼64%rhカビ発生には不十分な環境結露の危険度−中表面水分量(湿度):65∼80%rh数種のカビが発生しうる環境結露の危険度−高表面水分量(湿度):80%rh以上ほぼすべてのカビが発生しうる環境緑赤黄橙●温湿度のチェックにポケットライン温湿度計testo610スティック型温湿度計testo605-H1広角レンズを標準採用testo875i、882は32°広角レンズを標準採用。狭い場所でも広い視野が確保でき、安全に撮影が行えます。(ブレーカー)32°の視野同じ距離から全体を測定できます。25°の視野距離をとらないと全体が入りません。9°望遠レンズ(testo875-2iオプション*)広角度だけでは対応できない距離にある対象には、望遠レンズをお使いいただけます。標準レンズの約3.3倍で撮影できるので、遠くの対象物や柱上の機器の撮影等にも対応できます。*望遠レンズ・レンズプロテクタ付のお得なセットもございます。P.6の価格表をご覧ください。9°望遠レンズ距離があってもしっかり撮影!32°標準レンズゲルマニウム製のプロテクタで、赤外レンズを傷や埃から保護します。取り付けも簡単です。超解像機能SuperResolutionを使い、通常の4倍画素の熱画像を得られます。超解像画像はPC上で閲覧できます。*望遠レンズ・レンズプロテクタ付のお得なセットもございます。P.6の価格表をご覧ください。875で撮影 160×120画素、空間分解能3.33mrad875でSuperResolution撮影320×240画素、空間分解能2.08mrad4
右ページから抽出された内容
1つのビデオファイルとしてトレンド解析も可能logging_3s.vmt3倍望遠・6倍超望遠レンズにも対応*温度データ付動画記録機能でトレンド解析(オプション)場所認識機能で自動データ整理でトレンド解析標準レンズでは対応できない距離にある対象には、望遠レンズをお使いいただけます。testo885は11°望遠と5°超望遠、890は15°望遠と6.6°超望遠レンズに対応しており、それぞれ望遠レンズは標準レンズの約3倍、超望遠レンズは約6倍で撮影できます。SuperResolutionと併用し、遠くの対象物も鮮明に捉えることができます。ハイエンドサーモグラフィ超解像で最高クラスの高精細画像。熱画像の温度変化を時系列で解析可能testo885多機能・高画質●画素数:320×240(SR640×480)●温度分解能:0.03℃以下 ●測定範囲:-30∼+650℃●視野角30°(選択可)●1200℃高温測定(オプション)●HDMI出力●色/音響アラーム標準価格¥950,000∼(税別)testo890SR1280×960の最高画質●画素数:640×480(SR1280×960)●温度分解能:0.04℃以下 ●測定範囲:-30∼+650℃●視野角42°(選択可)●1200℃高温測定(オプション)●HDMI出力●色/音響アラーム標準価格¥1,880,000∼(税別)testo885/890その他の特長・機能3×3パノラマ機能AFオートフォーカスマニュアル調整も可能表面湿度表示機能タッチパネル操作ボタン操作も可能320240640480120064048012809601200場所認識機能は、定期点検などでの多くのデータを効率的に自動で管理する機能です。付属のソフトウェアのデータベース画面に、点検設備を事前に登録します。登録した設備に対して2次元コードが発行されるので、このコードを設備に貼るか、点検シートに印刷します。そして、点検の時にこの機能を使うと、2次元コードリーダーが起動してコードを読み、熱画像モードになって熱画像を撮影します。画像にはコード情報が保存され、PCに取り込むと、各コードから事前に登録したデータベースに仕分けられます。この機能により、面倒なデータ整理が簡単になります。オプションの温度データ付動画記録機能を追加すると、熱画像のトレンド解析が可能になります。25Hz温度データ付動画記録PCと接続して記録します。短時間での温度の変化を捉えるのに適しています。ポイントのトレンドグラフやプロファイルの作成や、特定の時点を画像ファイルとして取り出すことができます。ファイル形式は汎用のMPEGなどに変換可能です。インターバル撮影(ロギング)カメラ本体*もしくはPCと接続して3秒以上の任意の間隔で自動撮影できます。長時間の変化を監視するのに便利です。撮影データはビデオファイルとして保存でき、ソフトウェアでトレンド解析が可能です。撮影時の温度校正用の内部シャッターは、撮影と重ならないように自動的に調整されます。場所認識マークソフトウェアで事前に登録最大15のマーカーをつけられ、各ポイントのトレンドグラフを表示LabVIEW対応 専用ドライバーはホームページよりダウンロード可能です。詳しくはお問い合わせください。※LabVIEWは、NationalInstrumentsCorporationの商標です。*本体にファームウェアV1.52以上がインストールされている必要があります。可視画像付きの画像形式で保存する場合は5秒以上の間隔を設定します。*標準/25℃/望遠レンズを選択できます。複数レンズ付のセットもございます。P.7の価格表をご覧ください。標準30°望遠11°超望遠5°体表温度検知機能(オプション)5

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

ジーエルサイエンス

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata