Testo+ vol.02 PMV/PPDによる快適度測定 1(1)

概要

  1. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
-2,5-3-2-1,5-1-0,500,511,522,532010030405060708090100Vol.2testo400Testo+Application国際標準の温熱指標PMV/PPDで室内の快適性を数値化現場の声省エネ性と快適性を両立した温熱環境づくりを実現したいオフィスや工場の空気環境を改善するために現状の評価が必要PMV(予測平均温冷感申告)とPPD(予測不満足者率)デンマーク工科大学のファンガー教授が1967年に発表した代表的な温熱指標。環境側要素(気温、湿度、気流、放射)と人体側要素(代謝量、着衣量)の温熱6要素から快適レベルを演算します。住居やオフィスなどの温熱環境を評価するのに適しており、1994年にISO7730で規定されて以来、オフィスづくりの温熱指標の国際標準として、多くの国で採用されています。測定場所の例:オフィス、住宅、各種工場、商業施設、公共施設、病院、校舎、駅構内、体育館、劇場、自動車など環境側要素人体側要素気温代謝量着衣量湿度気流放射PMV/PPDISOでは、PMVが±0.5以内、PPDが10%以下となるような環境を推奨しています。快適暖かい暑い涼しい寒いマルチ環境計測器testo400PMVセット測定で快適さの見える化ISO7730ASHRAE55測定要件に対応PMV/PPDTesto+(テストープラス)はテストー製品のアプリケーションリーフレットの総称です。安心の2年保証

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

株式会社テストー

いつでもどこでもカタログを iCata