燃焼式 窒素・タンパク質分析装置 デュマスター D-480 2-3(2-3)

概要

  1. 2
  2. 3

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
●コンパクトな一体型設計設置面積は48cmx55cm(新聞紙1ページ分相当)です。●迅速な測定・1検体あたり約4分の測定時間です。・オートサンプラーにより無人で測定が進みます。・オートサンプラーは標準60ポジション●危険薬品が不要測定では強酸・強アルカリ等を使用しません。●簡単測定特別な分析知識・経験がなくてもすぐに測定できます。●2種類の燃焼管により生成CH4ガスをカットCH4ガスは分析精度の低下をもたらします。●キャリアガスは経済的なCO2ガス・高価なヘリウムガスを使用していません。・CO2除去が不要なので構造がシンプルになります。●独自の酸素供給構造で95%酸素消費量カット酸素ボンベの交換頻度が少なくなります。●燃焼管に新技術Regainerを採用高寿命でランニングコストが従来比50%削減になります。●還元管は交換に便利なプレ充填式しかも高寿命・従来比10倍の寿命を実現しました(200→2000回)。・煩わしい充填剤の詰め替え作業はありません。窒素・たんぱく質分析装置・燃焼法DuMasterD-480大量のサンプルを効率よく分析するには、燃焼法(デュマ法)窒素・たんぱく質分析装置の、デュマスターD-480をお勧めします。オペレーターは専門知識を必要とせず、オートサンプラーに設置するだけで、自動的に分析を実行します。また、従来の燃焼法の欠点であったランニングコストも新しい技術により大幅に削減されました。DuMasterD-480の特長分析可能な公定法●食品表示法●JAS規格食肉製品/ハム類・熟成ハム類 穀類加工品/マカロニ類調味料/醸造酒、風味調味料、乾燥スープ、しょうゆ●飼料分析基準飼料●肥料等試験法汚泥肥料の窒素測定法●ISO16634-1油糧種子および飼料●ISO16634-2穀物及び糖類および穀物製粉食品●ISO14891:2002乳および乳製品●AOAC穀粒、油糧種子および肉・肉製品のたんぱく質測定●BCOJ(ビール酒造組合/国際技術委員会)ビール中のたん白質測定構成品●D-480本体●専用ソフトウエア(PCは含まれません)●燃焼管、第2燃焼管、還元管●マニュアルサンプルシーリング器具(固体サンプル・60穴オートサンプラー用)●その他消耗部品●必要充填剤一式(Regainer、白金、Cu、CuO、コランダムボール等)※一部は別梱包で納入ガスボンベ、ボンベ用レギュレーター、PC以外は分析に必要なものはすべて含まれています。
右ページから抽出された内容
 燃焼管・ 第2燃焼管で酸化(燃焼) TCD(熱伝導度検出器)でN2定量  脱水管・ 還元管で不要成分を除去  NOxをN2に還元燃焼法の仕組み分析の手順たんぱく質分析アプリケーション例1.サンプル秤量0.1mg読み取りの高性能天秤を使用写真:ザルトリウス社/MSA224S2.サンプル準備専用工具でスズ箔または紙で錠剤化4.分析分析は全自動化。結果は付属のPCソフトへ出力3.オートサンプラーへセット1223344556677サンプル投入たんぱく質CNH2RCO燃焼管で発生する妨害成分のCH4を第2燃焼管でCO2・H2Oに完全燃焼NOx CO2 SOx HCl H2ON2 CO2大豆米ひまわり種ドッグフードウサギ餌魚餌全乳パルメザンチーズ粉ミルク小麦ライ麦ハムボイルソーセージビーフバーガーサンプル質量約220mg約320mg約220mg約290mg約290mg約270mg約400mg約250mg約220mg約240mg約240mg約380mg約380mg約450mg平均34.50%7.01%21.30%10.80%15.10%25.50%3.28%33.70%33.10%11.70%8.10%20.30%13.70%17.90%標準偏差0.010.080.020.1420.0130.0450.050.270.10.080.090.030.170.07相対標準偏差0.15%1.14%0.57%1.31%0.09%0.18%1.37%0.80%0.32%0.65%1.17%0.12%1.20%0.40%詳細は当社HPまでhttp://www.buchi.com/jp-ja/applications/finder 

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata