冷却水循環装置 NCA-1000型 1(1)

概要

  1. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
引火点が低く危険物に指定され ているアルコール系熱媒体の使 用量を大幅に軽減でき、研究室の 環境改善、ランニングコストの削 減に貢献します。 ワンタッチ保冷ホース(オプショ ン)は、差込むだけで簡単に接続 できます。バンドによる配管の締 付けや取外しの手間がありませ ん。循環ノズルの向きは自由に変 えられるので、チューブに掛かる 負荷を軽減します。 コンパクトサイズなのでドラフ トチャンバー内や実験台下への 収納が可能です。狭いスペースで 装置の出入れがしやすいように ボールキャスターを背面側(2箇 所)に装備しています。 オプションの冷却用通信ケーブル分岐ボックスと通信ケーブルA(3 本)をロータリーエバポレーターとNCA型に繋ぐことで装置間の 連動が可能になります。ロータリーエバポレーター2台が停止する と、連動によりNCA型の循環ポンプも停止するので、ロータリーエ バポレーターなどの冷却器の冷やしすぎによる結露を軽減します。 ※エバポレーター1台の停止だけでは、循環ポンプは停止しません。 設定温度までの到達時間を大幅に短縮 熱媒体の使用量を大幅に軽減 簡単ワンタッチ接続 狭い場所にも設置可能 ロータリーエバポレーター2台の冷却器 の結露を軽減   ロータリーエバポレーター  ロータリーエバポレーター  ロータリーエバポレーター  2台対応が可能 2台対応が可能   ロータリーエバポレーター  2台対応が可能 NCA-1000型 CA-1115A型 約20分 約40分 液温20℃ ⇒ −20℃ 条件 ・室温20℃、温度設定−20℃、AC100V 50Hz ・ナイブライン®Z-1型(60wt%) ・ドラフトチャンバー下にNCA-1000型を設置 ・暖気運転なし 冷却水循環装置 NCA-1000型 ロータリーエバポレーター N-1200BV-W型×2台 DPE-1130型+NVP-2000型 溶媒回収ユニット+ ダイヤフラム型真空ポンプ 冷却用通信ケーブル   分岐ボックス 冷却用通信ケーブルA   CC-2M型×3本 CC-BOX型 液量 従来機種 16.5L NCA-1000型 2L +20℃+20℃ −20℃−20℃ スピード冷却、エバポレーター2台に 冷却水を循環 冷却水循環装置 NCA-1000型 クールエース ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata