乾燥器・真空乾燥器シリーズカタログ 2-3(2-3)

概要

  1. EYELA乾燥器パンフ_P01
  2. EYELA乾燥器パンフ_P02
  1. 2
  2. 3

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
設定温度100℃に対して平均温度の最大値108℃、平均温度の最小値96℃ゆえに温度勾配は12℃となります。空間温度偏差は庫内中央の平均値と平均温度の最大値の差が+7℃、庫内中央の平均値と平均温度の最小値の差が­5℃となりますので、大きい方の数値をとり+7℃となります。※表記方法の比較のため、同じ測定データを使用して表記の比較をしています。庫内の幅・奥行き・高さそれぞれの隔壁より6分の1にあたる位置と中心の計9点の場所に温度センサを設置します。庫内の幅・奥行き・高さそれぞれの隔壁より10分の1にあたる位置と中心の計9点の場所に温度センサを設置します。設定温度100℃に対して最高温度110℃、最低温度92℃。設定温度と最高温度の差が+10℃、設定温度と最低温度の差が­8℃なので、温度分布精度は大きい方の数値をとり±10℃となります。2.庫内温度安定後、温度データを収集します。(1分/回、30分間)3.収集されたデータを従来の表記方法で記載します。設定温度から各センサ位置の最高温度と最低温度の幅の大きい方の数値をとり、温度分布精度として±で記載します。2.庫内温度安定後、温度データを収集します。(1分/回、30分間)3.収集されたデータを新しい表記方法(JTMK07温度分布・温度試験槽・性能試験方法および性能表示方法に準拠した評価結果)に従って記載します。NDO・WFO・NDS型の温度分布精度の表記に関して※JTMとは、日本試験機工業会(JapanTestingMachineryAssociation)の頭文字からとられています。この表記方法は、国際規格との整合を取りながら、実際の運用に即した内容で規格化されたものです。表記方法の違いについて測定方法の違いについて1.温度センサ庫内設置位置(9点)■新しい測定方法■従来の測定データの表記方法分布幅+10℃-8℃温度分布精度を正しく把握するために上記のように、同じ測定データを使用しても表記方法が異なると、表記するデータ値は異なってしまいます。製品の性能を確認する際には、その数値を導き出した測定・表記方法も合せて確認する事が必要です。※現在、JTM規格が新規格への移行期間中です。新・旧規格のいずれも有効となりますのでご注意ください。※上記、測定及び表記方法は一例であり、機種・設定等により異なります。1.温度センサ庫内設置位置(9点)■従来の測定方法空間温度偏差・・・・+7℃温度勾配・・・・12℃例)100℃設定■新しい測定データの表記方法設定温度庫内中央の平均値平均温度の最小値100℃108℃101℃96℃平均温度の最大値空間温度偏差温度勾配温度時間12℃+7℃-5℃例)100℃設定設定温度100℃110℃92℃最高温度温度時間18℃最低温度温度分布精度・・・・±10℃●温度センサ位置2012年以降に発売したNDO・WFO・NDS型とそれ以前に発売された機種では、温度分布値の測定・表記方法が異なります。従来の表記方法では、設定温度から各センサ位置の最高温度と最低温度の幅の大きい方の数値を『温度分布精度±℃』で表記されています。2012年以降の機種の温度分布値は、JTMK07(2007)温度分布・温度試験槽・性能試験方法および性能表示方法に準拠した表記で行なわれています。その結果、『空間温度偏差』『温度勾配』という2種類の新しい表記方法で記載されています。庫内幅庫内奥行庫内高さY6Y6X6X6Z6Z6YXZNDO-451SD・601SD型、NDO-402W・502W型、WFO-451SD・601SD・1001SD型、WFO-402W・502W・型、LWO-600・1000型AWO-1001型■従来表記の機種NDO-420(W)・520(W)型、WFO-420(W)・520(W)・1020(W)型、NDS-420・520型■新しい表記の機種庫内幅庫内奥行庫内高さY10Y10X10X10Z10Z10YXZ●温度センサ位置11202W
右ページから抽出された内容
NDO-420・420W、NDO-520・520W機種一覧定温恒温乾燥器ナチュラルオーブン送風定温乾燥器ウィンディオーブン消費電力量15%カット(WFO-420・520・1020型シリーズ)庫内容量81∼163LAC100VAC200V単相WFO-1020WFO-1020WWFO-1001SDWFO-420・420W、WFO-520・520W、WFO-1020・1020W庫内容量81∼303LAC100V消費電力量15%カット(NDO-420・520型シリーズ)最高使用温度300℃。スタンダードから高機能まで。乾燥器(自然対流方式):粉体や顆粒状のような飛散を嫌う試料の乾燥に適しています。乾燥器(強制対流方式):ファンによって庫内の雰囲気を強制的に循環します。自然対流式に比べて温度分布がよく、乾燥時間も早くなります。真空定温乾燥器バキュームドライオーブン温風式棚加温真空定温乾燥器真空検体乾燥器プログラム機能搭載、真空、ガス雰囲気下での乾燥に(VOS型)温風式棚加温で棚温度分布精度±1℃を実現(PVO型)微量試料の乾燥、溶媒除去に(VOM型)AC200V単相庫内容量3∼216LAC100VVOS-451SDVOS-601SD低温器具乾燥器セーフティドライオーブン器具乾燥器庫内容量150∼458LAC100V大量の器具を一度に乾燥、458Lの自然対流方式の器具乾燥器(AWO型)ヒータを使わない低消費電力の除湿乾燥方式(LWO型)真空乾燥器:プログラム機能搭載機種、高精度の温風を利用した独自の棚加温方式、微量試料の乾燥など、使い勝手に応じた製品を取揃えています。器具乾燥器:低消費電力の除湿乾燥方式や大型の乾燥器を取揃えています。乾燥器はガラス器具の乾燥をはじめ、試料の乾燥や水分測定、恒温・耐熱試験、脱気、焼付けなど、ラボだけでなく、半導体・産業分野などのさまざまな用途で使用されています。庫内容量、送風の有無、真空下での乾燥など、諸条件に対応できる多様な製品を取揃えています。Max.約15%省エネ効果(年間)パンチングメタル使いやすい棚板Max.約15%省エネ効果(年間)パンチングメタル使いやすい棚板明るく見やすい液 晶ディスプレイ明るく見やすい液 晶ディスプレイ2NDO-520WNDO-420WNDO-601SDWFO-520WFO-601SDLWO-600LWO-1000PVO-450AWO-1001VOS-210CVOM-1000AWFO-1020W型 式温度調節範囲独立過昇防止器タイマプログラム記録計・通信仕様庫内容量NDO-420室温+10∼300℃●●●91LNDO-420W室温+10∼270℃●●●91LNDO-520室温+10∼300℃●●●163LNDO-520W室温+10∼270℃●●●163LNDO-451SD40∼250℃●●●●81LNDO-601SD40∼250℃●●●●150LNDO-402W室温+10∼270℃●●●98LNDO-502W室温+10∼270℃●●●160L●工場オプション:発注時にご指定ください。型 式温度調節範囲タイマプログラムデジタル真空計記録計・通信仕様庫内容量VOS-210C40∼240℃●●●10LVOS-301SD40∼240℃●●●27LVOS-451SD40∼240℃●●●91LVOS-601SD40∼200℃●●●216LPVO-450室温+5∼200℃●●●●91LVOM-1000A室温+10∼200℃3LVOM-1000B室温+10∼200℃3L●工場オプション:発注時にご指定ください。型 式温度調節範囲タイマ観察窓独立過昇防止器対流方式庫内容量LWO-60025∼35℃●●強制対流150LLWO-100025∼35℃●●強制対流300LAWO-1001室温+10∼80℃●●●自然対流458L型 式温度調節範囲独立過昇防止器タイマプログラム記録計・通信仕様庫内容量WFO-420室温+10∼270℃●●●97LWFO-420W室温+10∼270℃●●●97LWFO-520室温+10∼270℃●●●151LWFO-520W室温+10∼270℃●●●151LWFO-1020室温+10∼270℃●●●300LWFO-1020W室温+10∼270℃●●●300LWFO-451SD40∼200℃●●●●81LWFO-601SD40∼200℃●●●●150LWFO-1001SD40∼200℃●●●●300LWFO-402W室温+10∼270℃●●●93LWFO-502W室温+10∼270℃●●●150LWFO-1202W室温+10∼270℃●●●303L●工場オプション:発注時にご指定ください。真空定温乾燥器低温器具乾燥器低温器具乾燥器器具乾燥器温風式棚加温真空定温乾燥器真空検体乾燥器

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata