遠心エバポレーター CVE型シリーズ 1(1)

概要

  1. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
●エタノール沈殿後の濃縮・乾燥   ●DNA・RNAの合成・濃縮 ●薬物・代謝物の濃縮 ●ペプチド合成における濃縮 ●生薬・天然物試料の分析前処理 ●コンビケム合成試料の濃縮 ●微量試料の有機溶媒抽出後の濃縮 ●電気泳動後の抽出タンパクの濃縮 主な用途 遠心力により減圧時の突沸や発泡を抑え、マイクロチューブ、バイアル瓶、試験管、遠沈管、ディープウェル プレートのままで多本数の試料を同時に濃縮できます。 遠心力で多本数の試料を一挙に濃縮 用途・目的・容量に合せて 遠心エバポレーター CVE-1010・1100・2100・2200・3000・3110型 CVE-1010 CVE-1100 CVE-3000 CVE-3110 CVE-2100 CVE-2200 ・

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata