近赤外分析計 NIR-Online 2-3(2-3)

概要

  1. 2
  2. 3

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
●最大毎秒100回の超高速スキャン●予備ランプ搭載で測定の中断を回避●検出器の温調機能により安定した測定を実現●防塵防水(IP65)、防爆(ATEX規格)に対応●ワイヤレス測定(Bluetooth)に対応●色と画像の同時モニタリングに対応●工程取り付け用の豊富なオプションプロセス近赤外分析計NIR-Online 原料輸送用の配管、乾燥工程後の配管、発酵槽などの反応容器、混合機などさまざまな工程に取り付け可能で、サンプルをリアルタイムかつ連続的に監視できます。サンプルの抜き取りが不要になるため、コスト面、労力面、安全面のすべてにおいて、より効率的な工程管理が可能となります。NIR-Onlineの特長オンライン分析による効率的な工程管理の実現にNIR-Onlineの代表的なセンサーNIR-Onlineの取り付け例センサーの型式NIRVIS(350-900nm)CCD(分解能80μm)測定距離ワイヤレス測定装置内の窒素循環X-One○0∼20mm○○X-Two○○0∼20mmX-Three○○0∼20mm○○X-Four○○○0∼20mmX-Beam(NIR)○100∼400mm○プローブ型(Φ25mm)○光路長2mm小麦粉配管(バイパス)粉体混合機屋外の製造設備液体配管※近赤外(NIR)の検出器は、測定波長が900-1700nmまたは1100-2200nmの2タイプから選択できます。
右ページから抽出された内容
●特許技術による検量線の自動作成と更新●サンプルの自動認識により測定を自動化●プロセス制御システムへの出力に対応(アナログ、TCP/IP、Profibus、RS485)●混合工程の終点を自動で判定●工程の状況がひと目で分かる測定画面●工程の状況を簡潔にまとめたレポートの生成●遠隔PC経由の結果確認に対応SX-Suiteは、プロセス近赤外分析計の運用に最適化されています。測定サンプルの自動認識、混合工程の終点判定、検量線の自動作成および更新、プロセス制御システムへの出力などさまざまな機能を備えています。見やすさを追求した測定画面では、分析値の時間経過と管理幅、測定サンプルのスペクトルおよび画像がひと目で確認できます。SX-Suiteの特長NIR-Online用ソフトウェアSX-SuiteNIR-Onlineの導入事例●原料の成分確認による品質の確保●たんぱく規格を保証する配合の最適化●適切な水分管理による収益の改善●たんぱく含量による自動サイロ選択●灰分規格を保証する配合の最適化●胚芽、フィード、ミールなど副産物の成分確認●混合均一性のリアルタイム管理●流動層乾燥工程の水分管理●適切な残油分管理による収益の改善●ヨウ素価のモニタリングによる混合管理飼料・ペットフードの製造スターチ・小麦粉の製造医薬品の製造(PAT)植物油脂・バイオ燃料の製造分析値の管理幅と時間経過測定サンプルの画像測定サンプルのスペクトル

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata