近赤外分析計 ソリューション 総合カタログ 2(2)

概要

  1. 2

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
近赤外分析計の導入効果近赤外分析計のアプリケーション例●日常分析の作業時間短縮●日常分析の試薬・溶媒の削減●日常分析の効率化・コスト削減●測定者のスキルに依存しない分析結果●共通検量線による工場間での分析法の標準化●オンライン工程管理による品質の安定化近赤外分析計は、近赤外線の性質を利用した簡易分光分析法です。サンプルをそのままの状態で測定でき、5∼30秒の短時間で定量・定性分析が可能です。前処理や試薬が不要なため、分析に必要な消耗品や廃液処理などのコストを削減できます。近赤外分析計の導入により、以下のようなご要望にお応えできます。水・アルコールなどのOH結合を持つ化合物、たんぱく質・アミノ酸などのNH結合を持つ化合物、ガソリン・バイオ燃料などのCH結合を持つ化合物の分析が可能です。食品・飼料の成分分析、油脂・化成品の理化学分析、医薬品の確認試験、錠剤の含量均一性試験などさまざまな分野で活用されています。水分、脂肪、たんぱくなどを同時に測定飼料・穀物の分析(ISO12099)水分、灰分、たんぱくなどを同時に測定穀類製品の分析塩分、脂肪、たんぱくなどを同時に測定乳製品の分析(ISO21543)水分、脂肪、たんぱくなどを同時に測定肉・ソーセージの分析水分、ピペリン、精油分などを同時に測定香辛料の分析ヨウ素価、酸価、ケン化価などを同時に測定植物油の分析(AOCSCd1e-01)全窒素、全炭素、リンなどを同時に測定土壌・堆肥の分析水酸基価、アルコールなどを同時に測定化学薬品の分析(JISK1557-6)密度、重合度、MFRなどを同時に測定ポリマー製品の分析オクタン価、酸価、ベンゼンなどを同時に測定石油・潤滑油の分析PIC/S-GMP記載の全数検査に使用医薬品原料の確認試験含量均一性試験、種類の確認試験などに使用錠剤の分析

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

エリエールビジネスサポート

IKAジャパン

三宝化成

福島工業

-->

いつでもどこでもカタログを iCata